orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

DXを阻む「21の習慣病」へのコメント(パート3)

下記記事の続きです。 www.orangeitems.com IT・新技術の誤解 15 IT戦略なきIT投資 こちらは大昔から問題になっていますね。 IT投資すれば、確実に業績にポジティブインパクトがあるだろうと思いきや、対して効果がない。2000年ごろにITバブルが来て、その…

DXを阻む「21の習慣病」へのコメント(パート1)

アビームコンサルティングが面白いことを提案しているので振り返ってみたいと思います。 japan.zdnet.com アビームコンサルティングは10月14日、日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を阻む要因とその解決策について説明会を開催した。 (中略…

AIについて考える

AIはビジネス領域で何をしてくれるんだろう、って様子を見ていましたがとりあえずは私の観測範囲内になかなか入ってきません。 単純労働があるとして、その領域にAIが入ってくることはもはや不可避なんだろうと思います。昔、今もいるのかな、路上に座ってど…

情報処理技術者試験が「新たな日常」へ取り組み始める

本日、情報処理技術者試験を主管するIPAから、新しい発表がありました。 www.jitec.ipa.go.jp 要点を言います。 ① 2020/10/18に実施予定だった、情報セキュリティマネジメント試験(SG)、基本情報技術者試験(FE)は、やらない。お金は返す。 2020/10/18に…

さいたま市が募集する教育DX人材のナゾ

さいたま市が、教育DX人材募集!、と聴いて記事を読んだらナゾが深まったのでご報告します。 www.itmedia.co.jp さいたま市は7月8日、市内の教育環境のIT化を進めるため、プロジェクト管理やインフラ整備などの経験がある“教育DX人材”の募集を始めた。8月4日…

DXブームをすっ飛ばして、いろいろデジタル化しつつある日本

2019年はDXブームが起きて随分IT投資が盛り上がったようで、かつ2020年はコロナ禍でそれはそれでデジタルニーズが生まれて業界は盛り上がっているように思います。 2020年上半期で思いましたが、これまでデジタルに見向きもしなかった人たちが、オフィスに行…

メールは既にコミュニケーションツールではない

メールの返信はいつ? 違和感大あり。メールの返信についてのトピックです。 togetter.com メールはすぐに返信する方が良い、これは本当でしょうか。 私の考え方を書いてみます。 考察 そもそも、メールを返信するという言葉には、非生産的なアクションが隠…

情報処理技術者試験は終わった

ある意味、終わっていると思う情報処理技術者試験 情報処理技術者試験は今年春の開催が中止となりました。振り込んだお金は7月に返還されるようです。こちらにその詳細が記載されています。 さて、情報処理技術者試験なんて何の役にも立たないなんて言う記事…

IBMとRed Hatが組んで何をやりたいかがわかったIBM Thinkの話

Think Digital Event Experience - 日本 | IBM オンライン開催となったIBM Think IBM Thinkと言えば毎年サンフランシスコで四日間に渡って開催されるお祭りなのですが、今年は例によってオンライン開催となりました。2019年は2月開催でしたが2020年はこれが…

現金を扱うコストが急激に上がっている件

現金で生活するとお金がかかる問題 現金をですね。財布に入れてお店などで使うっていうのは、ずーっとやってきたわけですが今後、これを続けると今後大損をしそうな気がしてきました。 このニュースを読んでそう思ったのです。 www.bcnretail.com 三菱UFJ銀…

富士通は富士通を否定して、違う富士通になる感じ

富士通全社のライブストリーミングにて放送 こちらのツイートで気が付いたのですが、これが富士通内でこだましたのかと思うと背筋が寒くなりました。 ぜひこのスライドを読んでみてください。 日本のIT業界がなぜ今のような開発プロセスや評価制度になったの…

「働きがい改革」なんて来ない。今日明日を生き抜くことを考えよ。

働きがい、が重視されようとした矢先 エンゲージメント、日本語で言えば働きがい、ですが確かに去年まで重視しようとする動きがあるのを知っていました。 www.nikkei.com 働きがいを意味する「エンゲージメント」を重視する日本企業が増えている。組織の「健…

「2025年の崖」とは何かをわかりやすく説明してみる試み

呪文 こんな感じの呪文を唱えている人を最近見かけませんか? 「企業のITガバナンスが今ほど重要な時期は過去にありません。 企業のレガシーシステムは老朽化しています。 2025年にはもはや今の形を保つことはできないと言われています。 今こそモダナイゼー…

世界に遅れていく日本を考える

はじめに このところ、日本は世界から遅れていっている!という論調をよく見かけるので、何が遅れているのかなと思って情報収集してみました。 遅れている(らしい)こと デジタル化 www.atmarkit.co.jp ガートナー ジャパンは2020年1月14日、デジタル化の取…

メルカリのマイクロサービス/Kubernetes運用事例はバイブルだ

多くの人に見てほしいスライド メルカリのマイクロサービス/Kubernetes運用事例を拝見しました。 speakerdeck.com こちら、中身はメルカリにおけるマイクロサービス・Kubernetesの実際の運用状況をまとめた内容になっています。 この内容が欲しかった。 この…

よく考えてみたら仮想マシンがコンテナになるだけの話

VMwareとRed Hatのイベント 今週の東京は、VMwareのvFORUM 2019(2019/11/12~11/13、ザ・プリンスタワー東京)と、Red Hat Forum Tokyo 2019(2019/11/15、ANAインターコンチネンタル東京)が開催された週で賑やいました。次世代のコンテナプラットフォーム…

中小企業の利点

中小企業が日本の生産性を下げている論 数日前に話題となった下記の記事、おぼえていらっしゃいますでしょうか。日本には中小企業が多すぎるので、生産性が向上しないというお話です。 toyokeizai.net 中には、企業規模を拡大できるにもかかわらず、優遇措置…

もし日本国民の全アカウントが停止されたら

アカウント停止、それも国民全て もし日本がアメリカと揉めたとします。 大揉めして、相当嫌われたとします。 そうしたら、 ある日、日本全国民の--- Googleアカウントが無効になるMicrosoftアカウントが無効になるAmazonアカウントが無効になるFacebook…

ITエンジニアにとっての技術力とは何か?

クックパッド 考えさせられた記事です。 www.moneypost.jp 料理レシピサービス大手のクックパッドの2019年12月期第2四半期(1~6月)業績は、売上高に当たる売上収益が57億8000万円と、前年同期比で2.6%のマイナスとなった。営業利益は4億5600万円となり、…

D2C(Direct to Consumer)がブームの兆し

お客様へ直接売る 最近、D2Cという言葉が流行しているそうです。 Direct to Customer、お客様に直接販売するという形態です。通常の商習慣だと、卸に売った後に小売へ販売するのが普通でした。そうではなく、例えばAppleがiPhoneをApple Storeで直接売るよう…

日本の基幹システムがこんなことになってしまった理由を知るために全員が読むべき小冊子(無料)

全員が読むべき資料 SI企業、ユーザー企業どちらにとっても読むべき小冊子が公開されています。 無料公開です。134ページもあります。 www.jsug.org ジャパンSAPユーザーグループ(事務局:東京都新宿区、会長:数見 篤、以下 JSUG)とSAPジャパン株式会社(…

なぜ長期に渡り会社貢献してきた45歳以上が早期退職を迫られる羽目になっているのか

45歳以上が会社から追い出される理由 大企業がこれまで成功してきたのは、明らかに45歳以上の方々が頑張ってきたからです。しかし、その方々をお金を支払ってでも会社から出て行って頂こうという流れが活発化しています。早期退職です。 www.nikkei.com 人手…

企業がデジタル化するということはどういうことか

デジタル化とは何か 最近、DX(デジタルトランスフォーメーション)についてよく考えるんですけれども、今日ツイートした件でたくさんの反応を頂きました。 デジタルを知らない経営者だと、なぜデジタル投資するべきか、部下が説得しなきゃいけなくて詰む。…

どのRPAソフトウェアを選択するべき? 各メディア記事RPA導入事例まとめ(2019年上半期版)

はじめに RPAがどんどん大企業や官公庁、公共機関に入り始めています。 ネットメディアにも毎日のようにRPA導入事例が掲載されています。 2019年上半期を中心にまとめてみました。 WinActor ヤマトグループ it.impressbm.co.jp 複数のRPAツールを検討した結…

システム更改をDXと思っていたら2025年の崖から落ちる

経済産業省がDXに危機感 ツイッター等々で情報収集していても、まあDX(デジタルトラスフォーメーション)は全くうまくいっていません。 tech.nikkeibp.co.jp 「複雑化、ブラックボックス化したシステムを抱え続ける企業は2025年以降、崖から真っ逆さまに落…

クラウドに突き進む世界は正常か

クラウドに突き進む世界 クラウドとはもう5年くらいのお付き合いになりますが、昔はコスト削減のツールだと思われていました。日経新聞のバズワードから始まりましたので、一旦は各企業でもクラウド化の検討はやってみたわけです。今のAIと状況は似通ってい…

M&Aしたけどシステムがバラバラでデジタル化遅れ、のお約束感がはなはだしい

M&Aの結果、システムがばらばらに・・ 一日に同じようなニュースを二本見ると、お約束か、と思います。 こちらはファミマの例。 www.itmedia.co.jp ファミマはAWSに移行する前、システムの管理・運用の効率性に課題を抱えていた。店舗数の拡大に向けてM&Aを…

アジャイル・バブルがやってきた!

アジャイルの由来 アジャイルなんてすごーく昔から耳にした言葉です。 調べてみたところ2002年あたりに登場したようです。 it.impressbm.co.jp しかしアジャイル開発の一つのエポックは2001年にアジャイル開発関係者が集まって「アジャイルソフトウェア開発…

RPAを導入成功した後に考えるべき本当のこと

横浜市報告書にたくさんの反響 横浜市が公開した「RPAの有効性検証の成果について」報告書の記事について、たくさんの方に共有頂きありがとうございます。 ツイッターやはてなブックマークへたくさんのコメントが寄せられておりまして、私なりに読み解き、代…

5年後に基幹システムが刷新できなくなる本当の理由

5年後に基幹システムが刷新できなくなる本当の理由 日経xTechにて、5年後に基幹システムが刷新できなくなるという記事を読みました。内容に関して私の解釈とズレがあるのでコメントしておきます。 tech.nikkeibp.co.jp ただ、ITベンダーが案件を受け切れない…