緊急速報で考える監視アラート設計

いやあひどかったですね。緊急速報が何度も鳴って寝れやしなかった。 さあ寝ようと思って寝る準備をしていたら、「パラリラリラン♪」という音が鳴り響き、何事かと思ったら緊急速報。で、数分後にも。その後も・・。寝れない。 緊急速報ってeメールでもショ…

これはもうコロナ禍じゃない

コロナ禍の「禍」ってわざわい。災難とか災害みたいな表現だよね。でもさ、これだけ長く続くとさ、これは一定期間どうこうじゃないよね。ずっとこんな感じなんだったら、これは一定期間イベントじゃない。ずっと続くんだ、ってね。 ずっと続くのならやっぱり…

職務記述書から始めるジョブ型雇用の概要を知る

日立のジョブ型雇用の話、随分話題になっているみたいですね。 www.nikkei.com 日立製作所は7月にも、事前に職務の内容を明確にし、それに沿う人材を起用する「ジョブ型雇用」を本体の全社員に広げる。管理職だけでなく一般社員も加え、新たに国内2万人が対…

日本のプロダクトのダメなところ 不安定とデザインと品質と

Twitterなりブログなりをやっていると気づくことがあって、人間はキレイすぎるものを見ると興味を持たないということです。 二つの物体があって、きれいな三角形と、いびつな三角形があるなら、ロジカルには、きれいな三角形を手に入れるだろうと思われるの…

生産性の名のもとに品質を犠牲にするよろしくない話

きっつい話だなーと。 うわー、現場の人はどう思うのだろう。これって生産性という言葉を使う場面なの?。1人で4人介護可能に 政府、生産性向上へ規制緩和検討: 日本経済新聞 https://t.co/AICQah5k4u — orangeitems (@orangeitems_) December 20, 2021 そり…

年金なんて一度も信じていない

公的年金は限界に来るというのは、私が小学校の社会の授業に「このままでは日本は高齢化社会に突入する」という事柄を習って以来知っていました。 www.nikkei.com 戦後の1950年、世界の平均寿命は男性45.4歳、女性48.4歳だった。2060年予測は男性76.2歳、女…

SNSの意外な効果 都会は甘くないことが地方に伝わり地方の魅力が再認識される

地方経済が活気づいているようです。良いことです。 www.nikkei.com 地域から都市部への人口流出が続く中、UターンやIターンなどといった積極的な就労支援で地域内の若年層を増やそうとする動きが活発になっている。沖縄県や群馬県では29歳以下の新規就労者…

物価が高くなっていくことを前提に資産計画を再考すべきとき

今、円安が進行し115円を突破しています。 一方で、国家の備蓄している石油を、アメリカの要請に基づき、中国・インド・韓国・イギリスと同時に日本も排出するというニュースも流れています。 これは何が起こるかというと、将来の物価高です。 石油は今あら…

遺跡化するふるさと

私はかなりの田舎で幼少期、過ごした。とは言え活気はあった。小学校も全校生徒400人弱いたし、中学校も同じくらいた。3つの小学校から1つの中学校に集まってきていた。車で30分行くと街があり、賑やかな商店街があった。私はその商店街に行くのと、電気屋さ…

今の仕事がきれいさっぱり無くなるという漠然たる不安

NHKスペシャルの「EVシフトの衝撃〜岐路に立つ自動車大国・日本〜」をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか。 www.nhk.jp 世界の自動車業界に急速に広がる“EVシフト”。震源地・EUでは官民一体となって主導権を握ろうと始動。ルノーの生産現場では大変…

社会や組織とわちゃわちゃしなくても生きていける方法

私は、誰かと知り合うことがあっても一対一の関係に留め、知り合った人の関係者と懇意にしたり社会を形成することが本当にないのですが、なんとなくこの記事を読んで納得してしまいました。 note.com やっほー!“女を殴ってそう“で有名なGigandectだよ。 み…

新庄ビッグボス就任はロスジェネの逆襲である

ロスジェネとはロストジェネレーション、つまり失われた世代という意味です。諸説ありますが、1970年~1982年頃に生まれた世代のことを言い、バブル崩壊から10年間の間に就職活動を行い、就職氷河期を経験した世代のことを言います。 ちなみに私もばっちりこ…

専業主婦、会社員、アルバイト 職業バイアスを乗り越えよ

この指摘に答えるならば。 anond.hatelabo.jp 昔は家事に時間かかりまくっていたから家事専属要員が必要だったけど 今は子供が一番手のかかる時期だけ休めば十分じゃないか? かまどで米を炊くわけでなし 洗濯板で洗濯するわけでなし 乾燥機で干す手間もない…

お金を貯めこんでばかりでは成長は頭打ちになる

不要な仕事を見つけ出しやらなくするって日常茶飯事ですよね。RPAなどデジタルを駆使して、繰り返し仕事の自動化を進めて業務にかかる時間を削減するなんて話もよくニュースになりました。仕入れルートを工夫しできるだけ安くて、そして品質の高いところから…

努力すれば成功する、という囚われからの脱却を

努力すれば夢はかなう。がんばったことは裏切らない。このモチーフが日本人は大好きなんですよね。とにかくストイックに打ち込むことを好みます。あらゆる分野で優れた人を取材すればいろいろ努力された跡があり、やっぱり努力は大切だよね、とたくさんの人…

円安、資源高 資産の安全を確保するために個人が今から取り組むべきこと

最近、お給料の話がすごく多いですね。アメリカが二十年で平均給与が倍に増えたのに日本はほとんど同じ。低所得者層に分配を行い、底上げを行いたい。どうやったら給料が増えるのか。個人も国家も、給料のことに対する関心がとてつもなく上がっているように…

変電所トラブルの過去事例を集めてみた

日曜午後の変電所火災、随分交通網が混乱しました。私は電車を利用していなかったので幸運にも巻き込まれませんでしたが、多くの方が大変な目に遭われたと思います。 nordot.app 10日午後、埼玉県蕨市にあるJR東日本の変電所で火災が発生した。JR東によると…

身の周りのもの古くなっていませんか?オフィスに戻る前に再チェックを

ファストフード店が新しくできたので行ってみたら驚きました。店舗の中にも食べられるスペースはあるのですが店内の半分の面積しか使っておらず、あと半分はテイクアウトのための待合スペースになっていました。そして料理が出来たら番号を呼ばれるので受取…

日本人の給料が上がらない理由

この前、ドラクエ10(オンライン)のバージョン5.0を進めたくて、久しぶりに課金してログインしたんですね。もうこのゲーム、初めてのログインから7年くらい経っていて、始めたときはWiiでした。WiiU版、Switch版と順調にバージョンアップしていますが、止め…

「2020年のビジョン」を描いた過去記事が面白い

インターネットのニュース記事はだんだん昔の情報は無くなっていくもので、記事がちゃんと残りだしたのは2005年くらいじゃないかと思います。2010年からは大量にあるという具合です。ストレージの性能アップもあって今後は大量に残るとは思いますが、それで…

2021秋 これからのビッグイベントを並べてみた

オリンピックという大イベントが終わって、何か日本全体がぼんやりしている感があるので、ちょっと今日からしばらく何があるかをまとめてみたいと思います。 自民党総裁選 〇告示 2021/9/17(火) 〇投開票 2021/9/29(水) だから、来週の金曜日には誰が立…

相手がわかっていないということを強烈にわかることができる、ということ

日本に電話がやってきたのはいつだかご存知ですか?。 time-space.kddi.com 10月23日は、「電信電話記念日」。1869年(明治2年)の10月23日に、東京~横浜間の電信線架設工事に着手したことにちなむ記念日だ。 日本の電話の発端から数えて150年。ケータイや…

レスポンスバトル テレビでもネットでも議論が全くかみあっていない理由

最近のネットなり、テレビの討論番組なりを見たり聞いたりして思うのは、お互いに日本語でしゃべっているにも関わらず、相手の言っていることの意味を理解しないで話していることです。お互いに言いたいことがある場合で、両方を採用することができない場合…

国民全体がリスクオンした結果

少し前に、リスクオンすると書いたのですが。 www.orangeitems.com 「今日は新型コロナの患者数が記録を更新しました・・」の後に、「〇〇選手、金メダルです!」みたいな世界で、人々はどう動くのか。 リスクオフと建前で言いながら、リスクオンするように…

メイドインジャパンを選んで日本を浮上させたい

自分が子供時代の頃、30年前くらいはメイドインジャパンは、一つのブランドでした。日本製というだけで品質に安心感があり、そして海外製は格段に品質が落ちる。だから何か買うときは「made in Japan」の刻印を探していたぐらいです。 今はどうでしょう。メ…

社会の同調圧力とどのようにつきあっていけばよいかを、協調性のない私が考えてみた

集団の中にいるとどうしても多数に対して自分を合わせなければいけない。広く言えば法律があって皆それを守っていて、法に逸れたことをやろうものなら寄ってたかって非難する。これは安定した社会づくりに寄与している部分でもあるので肯定できる部分もある…

紙の新聞が無くなるときはいつか

紙の新聞はいらないや、と思ったのは2000年の初頭のころでした。私はインターネットの始まりからインターネットにいるし、まだオフィスに通う日々だったので家に紙媒体が届いたところで読む時間もない。また、家に帰ってから朝の新聞を読んでも何も面白くも…

借金するとはどういうことか

四十代まで来るとなんとなく人生とは?ということについて、俯瞰的なイメージができてくる。十代二十代にはやっぱりこれがない。未来に向けては暗闇で十年後、二十年後はどうなっているかというのは考えないようにもしていた。この辺りは残念ながら学校は一…

超高齢化社会のその後を考える

先日のChatwork Business Dayの際にも思ったですが、世の中の常識は疑ってかかったほうがよいということ。だからあんまりテレビも見ない方が良いんじゃないかと思うこともあります。何らかの特定の意見が前提にあって、論調があるようにしか考えられない。誰…

市場の真ん中を狙うということはどういうことか

学校を運営しようと仮に思う時、偏差値によって高校のレベルは分けられる。かたや75くらいの超名門校から30くらいの学校まで。自分のレベルに見合った学校を学生が判断して試験を受け振り分けられていく。 一方で、学校業界はおそらくこれから、少子化の波を…