orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

LinuxとWindowsをめぐる微妙な関係

過去のCentOSの仕組みが実質崩壊したことで、うーん今CentOS7を載せているサーバーは今後どうするかなというのはインフラエンジニアの課題となっていると思います。 CentOS8は今年までしかアップデートされないので、今から選択するなんてありえません。一方…

デジタルな時代到来に浮かぶ不安

コロナ禍の世が、初めに誰かが騒ぎ出したときよりも長くなり、緊急避難的な施策がいつのまにか半永久的な雰囲気を醸し出しつつあります。 例えば、家で仕事するのがメインになるなんて、そんなの出来るのはわかってるけど遠い未来の話でしょと言っていたら見…

いつのまにかGoogle Colab Proが日本で使えるようになっていたので早速申し込んだ

GoogleのColab Proと言うサービスがあって、ずーっとアメリカでしか使えなかったのでもうあきらめて忘却のかなただったのですが、知らない間に日本でもオーダーできるようになっていました。 詳しい記事が出てました。 news.mynavi.jp Googleアカウントさえ…

設計書はなぜ必要か

何度か、設計書を書かない現場に行ったことがありまして、その度に炎上し、仕方ないのでさかのぼって設計書を書く経験を何度もしたことがあります。 設計書を書かない理由は、設計書を書く意味をわかっていないからだと思います。一方で、設計書を書く言語能…

マイクロソフトのCloud PCはぼくたちの働き方をスマートにするか

ここ最近で最も身近な技術革新になるかもしれないと思っているのが、マイクロソフトのCloud PC。どんなものかについては以下の記事が詳しい。 itigic.com Cloud PCのモットーは「どのデバイスからでもオンラインで仕事用アプリとプログラムにアクセスする」…

IT業界に迫られる営業方法の転換

Japan IT Weekという大型の展示会がありまして。 www.japan-it-spring.jp 今年は今日から三日間実施される予定が、どうやら一か月後の5月26日~28日に延期されることになったとのことです。 3回目の緊急事態宣言が突然降ってきて東京ビッグサイトが閉鎖され…

スキルはコモディティー化するか

スキルのコモディティ化、つまり、自分の売りだったものが、誰しも持っているものになったために市場価値が下落するという現象の話です。 マーケティング専門の人ならこういう表現になるのか、という記事をご紹介します。 toyokeizai.net 「社会人になってか…

夜明け前が一番暗い

すごくお世話になっているお客さんがいて、しかし昨今ビジネス的に厳しい状況があって、システムに支払う費用を安くしたいと言う。 それは大変、ということで私からいろいろ知恵を出した結果、それらの提案を全て実施するということになったが、それらのため…

システムエンジニアの勉強に対する姿勢

会社という組織に長い時間いると、どこかで必ず経営に近い層が、「システムエンジニアは業務時間外に勉強しないとダメになる」と言ってきます。で、そのままの言葉で言うと、経営者が業務を業務時間外に指示しているような響きになるので、次は資格の取得を…

炎上したプロジェクトで見たあるプライムベンダーの思い出

私は過去一度だけ、超大型のインフラ構築プロジェクトで、盛大に炎上している案件に参画したことがある。ユーザーも大企業だし、プライムベンダーも超有名なSIerだった。私は多分SESで呼ばれていて、しかも自社で一人だけ。SESで一人だと、結局指揮命令系統…

COCOA不具合調査・再発防止策検討チームが、報告書を提出した件

報告書が公開 業界内で話題になった、COCOAの不具合放置ですが、報告書が出たそうです。 www.asahi.com 新型コロナウイルス感染者との接触を知らせるスマートフォンのアプリ「COCOA(ココア)」で起きた不具合について、厚生労働省による検証結果の報告書が1…

本番作業を行うための資質

昨日の夜・・いや、もう今日の早朝か。昨日の夜から夜中の3時くらいまで仕事をしていまして、また、今日の朝もいろいろありましてくたくたです。 本番作業って、精神を消耗します。 自分の所作で、他人が大事に扱っているシステムや情報資産にリスクがあるの…

NVIDIA RTX A4000とA5000、気になる価格は?

自作PCの世界は楽しいんですが、最近のプロダクトって、データセンター向けとモバイル向けが盛んで、なんとなくデスクトップのハイエンド向けって置き去りになっているような気がしてなりません。 pc.watch.impress.co.jp 米NVIDIAは12日(現地時間)、Armアー…

「リスクの移転」にまつわる誤解

リスクの高い業務、例えば個人情報などを扱う話があって、それを自社で処理をして利用するときに、会社の中で安全に扱うというのは難度の高い話です。個人情報をきちんと管理して・・といいながら、会社のファイルサーバーでしかも誰も見えるところにExcelフ…

コンテナってやつを信用できるのか

2000年初頭ぐらいに、VMwareが現れて、自分のWindowsパソコンの上で、違うパソコンがウィンドウの中で動き始めて興奮したのが懐かしい。 そこから十数年経ち、今はコンテナがその座に付くかどうか、という状況らしい。ほとんどの会社がコンテナ化を検討して…

運用強化をルールの追加と読み間違えるほとんどの現場

去年の東証障害から、今年はみずほの件と、金融システム障害が立て続けに起こっています。そこに日経新聞が「運用不備」「運用のゆるみ」と書きなぐり、運用に問題があるんじゃないかと言う話で盛り上がっているようですのでコメントをば。 そもそも「なぜな…

ウソをつけないデジタル世界

サーバー側のシステムを多く扱っているので痛感するのが、もうこの世の中はウソが付けないと言うこと。あらゆるコミュニケーション手段はデジタル化されていっている。何を言ったかだけではなく何をしたかまで、デジタルの証跡が残るようになってきている。…

セキュリティー事故を減らすために、保守担当者を厚遇せよ

立て続けに、セキュリティー事故が起きている。 www.yomiuri.co.jp 東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)で侵入者を検知するテロ対策設備に重大な不備が見つかった問題で、原子力規制委員会は24日、定例会を開き、原子炉等規制法に基づき、東電に核燃料…

半導体は、21世紀のゴールドである

アメリカでは二度目の全国民給付金をやるそうですが、日本でも一回はありました。とにかく現金は世界で増えていて、かつ全国民、とやったのでどんなに普通に考えても消費者の購買力は一瞬相当に増えたと思われます。 いくらコロナ禍だからと言って、お金のま…

データの場所を気にするようになるインターネットはIaaSに回帰する(かも)

LINEが中国企業に業務を委託し、そこから個人情報が見られる状態になっていた件は大いに世間をにぎわせることになりました。 japan.cnet.com LINEは3月17日、一部で報道された日本国外での個人情報の取り扱いについて声明を発表した。報道では、LINEがシステ…

最近よくきく「クラウド型営業管理システムのセキュリティー設定の不備」

はじめに ここ数か月で「クラウド型営業管理システムのセキュリティー設定の不備」というフレーズで情報漏洩が相次いでいるのを知っていまして、まとめてみます。 Salesforce設定の不備、というのも併せて耳にしますが、企業によってはそう言い切っていない…

ていねいに物事に接することが今後の命運を分ける

世の中を見ていると、終わりそうで終わらないコロナ禍に対して、対応が雑になってきていると思う。政府の細やかな福祉はだんだんと、雑な福祉に変わってきている。全員に10万円配るという政策が、本当に所得がない人にだけ5万円配る、みたいな話になってきて…

Web会議の音質を決めるのは高品質マイクに非ず

Web会議に引きこもって最早半年で、全てがWeb会議で回っている私ですが、参加して役に立ちたいなら画質や音質に気を付けると言うのは同意です。 でも、これだけ長い間関わってきてわかるのは、マイクの差でそこまで大きなインパクトはないということです。と…

世界は確実に止まっている

ブログを毎日書き続けるとわかるが、あきらかにIT系は企業だけが動いている。企業は生産し続けないと生きられないのでテレワークだろうが何だろうが、何かの製品開発はするしリリースはする。毎日何かのサービスが発表されたことについてITニュースが報道す…

Power Automated DesktopがWindowsに標準装備されることの意味

昔、マイクロソフトにRPAを早く作ってよって記事を書いたことがあるんです。 www.orangeitems.com 早くマイクロソフトは表計算といえばExcel、RPAと言えばこれ、というツールを手に入れてほしい。どう考えてもエントリー向けにはそれが一番効率が良いと思う…

トラブルになりやすい データ移行という沼を考える

みずほ銀行が、データ移行という沼にハマってしまったと聞いて。 piyolog.hatenadiary.jp みずほ銀行は障害の発生原因を定期預金取引のデータ移行作業によるものと発表。データ移行作業は障害が発生した28日朝までに行われており、作業中に不具合が発生した…

最近のIT関連に思うこと

最近の若い人達って、AWSの資格やらCCNAやらLPICやら、いろいろなベンダー資格に囲まれて勉強しているのはわかるのですが、実際の現場でいざ技術を使うとなったときに手が止まる人が多い気がしています。 確かに今のクラウドやらハードウェアやらソフトウェ…

広がるノーコード開発の世界

ノーコード開発が華開く 最近、知らない間にノーコードという言葉自体が一般化しているように思います。DXと言ってもさっぱり具体的ではないですが、ノーコードと言えば、ああコーディングしなくてもアプリケーションが作れるんだなと言うことがわかります。…

クラウドサービスに関する基本的な考え方

「AWS使えば、サービスは落ちないんでしょ?。」 この発想は非常に危険です。昨日もAWSの単一データセンター障害で、多数のサービスが停止しました。 www.itmedia.co.jp 米Amazon Web Services(米AWS)が提供するクラウドサービス「AWS」の東京リージョンで…

忙しいときは問答無用で成長する

ところどころに最近の記事の端々に現れているような気がしますが、とても忙しい時期に入りました。忙しいとは、時間が仕事に侵食され、いかんともしがたい課題を片付けないと前に進めない、その様子です。 私自身はいつも3割くらいの力で、大体の仕事を片付…