orangeitems’s diary

クラウド専任の40代インフラエンジニアが書くブログ。新規事業マネージャー。20世紀末の就職氷河期スタート時にIT業界に文系未経験で入りこみそのまま生き残った人。

私が立ち上げたコミュニティーのご紹介(2022/7版)

 

以前、5月くらいにコミュニティーを作ったというお話をしましたが、そこからもう一か月半くらい経ちました。

 

どんなことをやっているかというと、月・水・金の22:00~23:00に、Slackに集まって会話をしています。20代~50代、男女問わずで一日、1名のときもあれば、5~6名でわいわいするときもあります。

このブログの性質上、IT業界の方が半分くらいですがそうでない方も半分いらっしゃいます。異業種交流は楽しいです。自分の知らない世界がパラレルで動いていることを実感するのって、意外と難しいものです。

年代も違うのですが、案外話してみるとフラットに会話できるのも発見です。

様子見の方もいらっしゃると思いますが、週3の枠だと、参加者が少ない日もあるので、まだまだ余裕があります。あんまり混みすぎると支障があるかなと思いましたが、現在の様子だと全然まだ大丈夫です。

6月末(25日以降)に入会しても7月末まで有効ですから、月末に入るのがお得だったりします。ぜひ、覗いてみてください。一か月で退会ももちろんOKです。

7月以降は、参加したい日(毎週月水金)に、参加希望の返信をいただいた時点で成立します。一人でも参加希望があればorangeitemsは必ず現れるシステムとしました。

日によっては0人ということもあったりして、Slackで待つ身はつらかったので、予約制を取り入れました。

 

あと、7月以降ですが、コミュニティーのメンバーで有料マガジンを作ってみようかと思っています。私が全体構成を考えて、そこに参加者に記事を書いていただく。記事作成についてはorangeitemsがご相談に載るというフレームワークです。

有料マガジンは、共同運営できて、収益を著者で分配できます。

普通に、何の前提もなく、いきなりnoteに有料記事を出しても、全然売れないはずです。コミュニティーと私の経験があることが前提で、何かコラボレーションできるような予感はあります。これをぜひやってみたい。

noteを使っていると、結構、経済がきちんとまわっていて、ちゃんと価値を放り込んでやれば正当な対価が生まれるのを実際に見ています。

これを一緒に経験できる方がいらっしゃったら面白いかな‥と。

もちろん、この有料マガジンには参加せず、コミュニティーでの会話を楽しんでいただくのも十分です。コミュニティーにはいろいろな機能があって、参加者によって付き合い方が異なるほうがよいと思っています。

 

そんなこんなで、立ち上げたコミュニティー、順調に進んでいます。7月に進み、また新しい方と出会えることも楽しみにしています。参加は下記からできます。

 

note.com