orangeitems’s diary

クラウド専任の40代インフラエンジニアが書くブログ。新規事業マネージャー。20世紀末の就職氷河期スタート時にIT業界に文系未経験で入りこみそのまま生き残った人。

スマートスピーカーは、パソコンのWeb会議用スピーカーとして相性良すぎ

 

私の部屋にデスクトップパソコンが二台あります。

一台は、メイン。

もう一台は、Web会議用。

 

このWeb会議用のためのパソコンにスピーカーを付けようと思ったのですが、いい方法がありました。持て余してたGoogle Nest Mini(スマートスピーカー)。

昔、Googleからもらったやつです。

 

これ、Bluetoothスピーカーになるんですね!。

デスクトップパソコンはBluetooth接続ができなかったので、下記を買いました。

バッファロー USB Bluetooth 5.0対応 アダプター 小型 ブラック BSBT5D205BK

 

これを指すだけでBluetooth接続が可能に。Windows11使いですがドライバも不要でした。

あとは、下記を見ながら、セットアップを完了しました。

dime.jp

 

実際に使ってみた感想ですが、スマートスピーカーってそもそも、いつも電源が入ってるんですね。パソコンはスリープしますよね。スリープ解除するたびに、Google Nest Miniは、「ちゃらりん♪」って音を鳴らして自動でつながってくれます。そしてパソコンをスリープ解除すると「たらりら♪」という音を鳴らして、自動で切断されます。

これが便利!。

PCスピーカーは、基本、電源のオンオフが手動なので、Web会議するたびにスピーカーもオンにしたりオフにしたりが大変面倒でした。

Bluetoothイヤホンも持ってますが、普段はスマホとつなげてるのでつなぎ変えるのが非常に面倒。そもそもWeb会議するたびに装着が面倒。したがって、「何もせずに」「必ずつながる」「使ってないときは切断」を満たしてくれるのが素敵。

しかも、Google Nest Miniはめちゃ小さいんです。机の面積を取らない。

 

ちなみに、Amazon Echo DotもBluetooth接続できるみたいなので、持て余している方はお試しいただくと便利に使えるかもです。

スマートスピーカーは、何だかあんまり私も使いこなさないまま惰性で部屋に置いていた面もあるのですが、これで格が上がりました。

なお、Web会議をさっきやってみたのですが、音質ばっちりでした。音楽を再生するにはそこそこの音質ですが、人の声ははっきり聞こえやすいです。

けっこう感動したので、記事に書いておきます。