orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

何事も無かったかのように元に戻る日

f:id:orangeitems:20210610165952j:plain

 

テレワークの日々は仕事が忙しい時はそれなりに充実するんですよね。タスクに追われるから、正直どこにいったってやることは同じ。むしろパソコンの環境は自宅のほうが良かったりするし、コミュニケーションルートも、チャットやメールなので管理しやすい。むしろ会社にいると話しかけられたり電話があったり、人の話し声だったりで集中力を阻害することもありました。だから、この半年ぐらい忙しい日々が続いたので、テレワークの日々は充実していました。

さて、少し業務的に時間に余裕ができ、さて時間が余った。この余りについてオフィスにいたらそれなりにどうしようかメンバーと考えて、これ研究しようかこう活動しようかと相談できたものですが、テレワークで各自家々にいると、まあある程度の仕事を配ったらなんとなくぼんやりしちゃうんですよね。やる気が上がらないというか。

まあ、自宅って、それなりに娯楽があるし、そもそもくつろぐものだから、気が抜けたらモチベーション上げるの大変かもしれないです。

単に自宅に軟禁されているような・・、そんな感じ。

ここ一年、テレワークがんばったけど、そろそろ世の中がワクチン接種が進んで元に戻ろうかと言うタイミングを見計らって、オフィスに戻りたいなあなんて思っています。まだ早いですけどね、もうちょっと。ワクチン接種が自分のところに来るのがちょうどいいかなと思います。オリンピック期間中はどちらにしろ出歩きたくはないし。

オリンピックはワクチン接種状況を考えるとすごく間の悪いタイミングで開催となり、安全で安心、とはいかなそうです。でももう、こんだけ話題を占領しているので、さっさとやっちまえと思います。話題の半分ぐらいはオリンピックじゃないですかね。やるとかやらないとかどうでもいいので、決まったら報道するくらいでちょうどいいですが。

十一月ごろですかね、ワクチンの効果もあって、元の世界に戻るのは。世の中の人々はもう緊急事態的な何かに飽き飽きしていると思うんですよね。理性的な話じゃなくて、感覚的に飽きてる。もう普通に戻りたい。普通ってなんだっけ。そして昔は普通のことだったのが、これだけ我慢したのでいちいち楽しく感じるでしょう。オフィス通勤だってオフィスの仕事だって特別なものに感じると思います。食事したり忘年会したり、そして出張だってやっちゃうんだろうな。何でも楽しいだろう。

社会は一種のお祭り状態、興奮状態になって、なんかめちゃくちゃ騒がしくなりそうです。テレワーク、そんなのあったね、となるかはわかりませんが、テレワークが先細ってもリモートでデジタルツールでコミュニケーションすることは止まらないです。便利な道具を手に入れたら、そりゃあオフィスでも使うでしょう。

本社と支社で会話する時もWeb会議みんな使いこなすし、外出してもスマホでチャットしたり課題管理ツールを確認したりするでしょう。

結構、すごく元に戻るんじゃないかと予想しています。戻し過ぎるぐらい戻すけれど、みんな知恵がついたのでもっとスマートにはしていくだろうと予想。

終わってみたら、DX進んだかもね、あとは元に戻ったね、という感想もアリです。

まあテレワーク生活、巣ごもり生活、すごく自分には向いている感じだったんですが、一生続けるもんじゃないかなーと。いろんな人も同じ気持ちになっていることが予想され、数か月後には、何事も無かったかのように元に戻り、満員電車に揺られ、オフィスで平日を過ごす。客先に出かけたり出張したり、外で食事をしたり飲み会に出たり、すこしセピア色の日常に色彩が戻っていくんだろうな。

それまでもう少しの辛抱です。お祭り騒ぎが待っています。楽しみにして一日一日を大事に過ごしましょう。