orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

おすすめのマウスとキーボード

f:id:orangeitems:20201123145122j:plain


 

 

さっき買い物に出かけて、キーボードとマウスを買って帰りました。両方とも無線です。

 

f:id:orangeitems:20201123142748p:plain

 エレコム キーボード ワイヤレス (レシーバー付属) メンブレン フルキーボード 【本格静音設計】 マルチファンクション専用キー付 ブラック TK-FDM092STBK

 

f:id:orangeitems:20201123143021p:plain

BSMBW320BK(ブラック) ワイヤレスBlueLEDマウス 2.4GHz接続 5ボタン

 

今、早速接続して使っていますが、かなり快適です。

マウスとキーボードは、パソコンのいろいろな部品と比べて軽視されがちなのですが、一日中触れていることを考えると相当大事なパーツと言えます。

有線と無線があるのですが、実際両方使ってみると、もう無線だけにしたほうが良さそうです。マウスにしろキーボードにしろ何かに引っ張られている感は微妙なストレスになっていました。無線を使うとよくわかります。どこにでも置ける感じは無線の大きなアドバンテージです。少し昔は無線のキーボードやマウスは高級品で、有線の倍くらいの価格はしたものですが、今はかなりお安くなりました。上記でも1,000円~2,000円くらいなので、気軽に買い換えられます。

少し前の無線だとちょっと離れただけでマウスやキーボードの効きが悪くなったものですが、もう最近はそんなことないですね。むしろ線に引っ張られない分自由にコントロールできます。

キーボードで大事なのは打感なのですが、前は10,000円弱するお高めのキーボードを使っていました。結構カチャカチャ音がするタイプで材質も重くて高級感重視だったのですが今回は打鍵が静かなタイプを選びました。やはり自分で言うのもなんですが、このブログ然りキーボードを打つ回数が多くてしかも早いので、うるさいんです。自分で鳴らす音がうるさいものだからたちが悪い。静かなキーボードでたくさん入力するとどれだけ自分が我慢していたかを認識します。値段や材質が問題ではなく、結果として打鍵感を保持しつつ音を出さないこと。あまりお金をかけなくても最近は実現できるのに感心しています。

マウスで大事なのは、その大きさです。大きすぎるマウスは相当ストレスの素になっていました。今回購入したのはいたって標準的なものですが「静音」と書かれているものを選びました。キーボードと同様に、マウスもカチカチやるものですから、クリック音が静かなものが良い。しかも、マウス自体が軽いものでないといけません。マウスが重いと素早く動かす作業において重さがボトルネックになり作業しづらいです。安いマウスは素材が軽いので、これでクリック音に気を付けているモデルさえ買えばこれも高いお金を出す必要はありません。ちなみに、マウスには「3ボタンタイプ」と「5ボタンタイプ」がありますが、絶対5ボタンタイプがいいです。左側に戻る、進むボタンが割り当てられていて、WEBブラウザを操作することが多い現代人はこのボタンは必須に思います。あと、マウスホイールですが、昔あったヌルヌルまわるタイプは嫌いで、まわすとカタカタしてくれる方が操作がしやすいです。

 

今回のこのキーボードとマウス、二けたの回数にも上るキーボードとマウスの買い替えを経てたどり着いた結論です。かなりお安い選択になりましたが、あまりお金をはりこまなくても、心地よい操作ができる選択がある、ということです。

一見、高い物が優れているように見える、キーボードとマウスの世界ですが、全然そんなことないよな、と。

・キーボードもマウスも、無線の方を選ぶこと
・キーボードもマウスも、「静音」と呼ばれているタイプを選ぶこと
・キーボードは打鍵している感覚があること
・マウスは軽くて、かつ手に馴染むこと
・マウスは5ボタンタイプを購入すること
・マウスホイールはカタカタまわってほしい(かつ静かに)
・高い値段である必要はない、高いものはこだわりのポイントが明確に違う

といったところです。

もし、デスクトップパソコンを使っていて、今使っているキーボードやマウスに不満があるなら冒頭のキーボードやマウスを検討してみてください。静かで操作がしやすくて、かつ静かで安くてお勧めです。