orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

2019年10月からの「キャッシュレス・消費者還元制度」で損をしないために知っておくべきこと

f:id:orangeitems:20190917175948p:plain

 

知らないと損をする

「キャッシュレス・消費者還元制度」ってご存知でしょうか。

消費税が10%に10月から上がるに当たって、消費の冷え込みがないように政府ががんばって考えた制度です。

軽減税率やら何やらで訳が分からなくて、理解を放棄している人も多いと思いますし私もその一人でした。

でも、多分知らないと絶対損をします。

ここに書いてあることだけはおぼえてください。

 

知っておくべき情報

キャッシュレス決済ってありますよね。何とかペイとか難しくてわからないとは言いますが、ここではクレジットカードまで含みます。クレジットカード決済ならば理解できますよね。私もクレジットカードなら使います。

で、10月からクレジットカードでモノを買ったとします。消費税が10%付きます。そのうえで、実は5%がクレジットカード会社のポイントで戻ってくるんです。

※ただし2%しか戻らないものもある(コンビニなど)。

※ポイントがつくのは対象店舗のみ。

 

え?何とかペイだけじゃないの?と思ったあなた、それは間違いです。クレジットカードでも5%戻ってきます。ただし毎月のポイント上限があって、15,000ポイントまでです。どのクレジットカード会社のホームページをのぞいてもわかると思うんですが、横並びで15,000ポイントまで。

5%還元で15,000ポイント還元受けようと思ったら、どれだけモノを買わなきゃいけないかって、30万円です。30万円をクレジットカードで使おうと思ったら大変ですよね。普段使いならば30万円を超える出費にはならないはず。最悪二枚持っていれば60万まで還元が受けられる(3万ポイント)ということです。

ただ何が問題かって、高額商品です。50万くらいのものをクレジットカードで買おうとしたら30万円を超えるわけですからね。15,000ポイントまでしか返ってこない。何とかペイなどは一回の決済額を小額にしていますから、無理ですよね。ICカード系のキャッシュ(SUIKAやICOCAなど)も入金額の上限がある。

抜け道は下記です。

 

www.topcard.co.jp

<加算タイミング>
1日~月末日までの利用分を翌月末日までに還元いたします。
※本事業による月間のポイント加算上限は50,000ポイントになります。

 

なぜかはよくわからないのですが東急カードだけ、上限が違うんです。50,000ポイントということは毎月100万円までは還元が受けられるということになります。

だから東急カード一枚持っておけばおそらく何も困らないと思う(一か月で100万円以上のものをクレジットカードでは買わないでしょうし・・)。

 

結論

この制度が終わる2020年6月までは、クレジットカードで買いまくれということ。現金払いなんてもってのほか。

※ちなみに自分が持っているクレジットカードのホームページを見て、還元制度に対応しているか確認しておきましょう。

※全ての決済にポイントがつくわけではありません。対象店舗が決まっています。

 

高額商品の購入や、まとめ買いを考えているなら東急カードを契約した方がいいということ。

そんなところです。もうそろそろ10月が近づいてきましたので、ぜひ知っておきましょう。