orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

Oculus Rift S購入70日後感想まとめ(FAQ)

f:id:orangeitems:20190813005741j:plain

 

Oculus Rift Sを買おうか検討している方へ

Oculus Rift Sが欲しい人のために情報をまとめます。初回利用から70日経っていろいろ思うところがあります。

 

FAQ

Q. 買った方がいい?

A. 買った方がいいです。前世代のOculus Rift CV1と比べるとかなり改良されていて価格の割に相当品質がいいです。どう品質がいいかはこの後ご説明します。

VRは話題になりにくいもののどんどん中身が進化していますので、退屈を感じられているのであればぜひ。 

 

Q. どこで買えるの?

A. Oculustの公式サイトから購入できます、こちらから購入すべきでしょう。Amazonからも買えるものの在庫に限りがあり入手に4~6週間ほどかかるようです。なお、私のRift Sは香港からフェデックス経由で届いたのですが、今香港が政情不安なので配送ルートに問題が生じないか少し心配ではあります(今のところ公式サイトには3営業日以内に届くとありますので大丈夫そうですが)。

 

Q. 画質はいい?

A. 全体的に明るくはっきり見えます。有期ELではなく液晶を使っているのですが、ムービーなどでは暗所の表現より明るさの方が必要だと思います。前世代と比べて解像度が上がっており、網目模様(スクリーンドアという)をはっきりと感じなくなっています。コストパフォーマンスが高い機器であり、VRを始めて体験してガッカリしたくない方にお勧めです。低価格なもので「VRなんてこんなもんか」と思ってやらなくなるのはもったいないと思います。

 

Q. 音はどう?

A. Rift Sの最大の弱点は音と言われています。こめかみあたりにスピーカーがあるのですが音質があまり良くなく、かつ前世代CV1のようにヘッドフォンではなくミニスピーカーになっています。音がダダ洩れです。

左側にイヤホンジャックがありますからそこにイヤホンをはめて聞くのが一番無難かなと思います。その場合はイヤホン次第ですがいい音がします。

 

Q. 付け心地はいかが?

A. 私もいろいろとVRゴーグルを試したことがあるのですが、Rift Sの付け心地はかなりいい部類に入ると思います。後頭部にダイヤルがあって、これを緩めることですっぽりかぶれます。そのあとダイヤルを絞めるとゴーグルが締まるようになっています。このギミックが素敵だなと思います。今まで試したものはマジックテープやベルトのようになっているものが多かったので・・。

一つ留意点と言えば、HDMIケーブル+USBケーブル(一体化した一本のケーブル)を有線でぱそこんにつながないといけないところです。5メートルあるので広く使えるのですが、線につながれることは特徴の一つです。

 

Q. Questとどっちがお勧め?

A. Rift SはPC VRです。VRを動かせるパソコンが必要です。Questは単体で動くのでできることが変わらないならばQuestがお勧め・・ですが、PC VRの方が私は100倍楽しいと思います。なぜならPCのパワーをそのまま使えるからです。コンテンツもたくさんあります。今後、ワイヤレスのPC VRが出てきたら狙っているのですがそれまでは、Rift Sを愛用するつもりです。VRのニュースをいろいろと集めていらっしゃる方はわかると思いますが、QuestでできることはRift Sでほぼできます。逆にQuestではできないことがたくさんあるので、利用用途がQuestに特化されていない限りRift Sをお勧めします。特にストレージを食うようなことをする場合はPCしか選べないと思います。Questだとスタンドアローンなので64GBや128GBしか保管できませんからね。また、充電もRift Sだと不要です。何時間でも遊べます。

また、必要なパソコンのスペックについてはこの後書きます。

 

Q. メガネは使えるの?

A. はじめは窮屈で使えないかなと思ったメガネですが、ゴーグルをはめるときにコツをつかんだらとてもフィットするようになりました。ゴーグル前面の下部にボタンがついていてゴーグルの前部分を数センチ前にずらすことができます。ここにメガネが来るので装着していてもVRができるようになりました。接触する部分もないので長時間つけても痛くなりません。

70日経った今では、メガネは使える!、と言い切って問題ないかなと思います(よほど変な形のメガネでなければ)。

 

Q. 必要なパソコンのスペックは?

A. もし私が今からそろえるなら・・。

ドスパラ で買う(今私が利用しているがすこぶる安定している。当日出荷するからすぐ手に入れられる。パーツでそろえて組み立てるより安い)。

・GeForce RTX2070以上を選ぶ。VRならほぼ困ることはない。ただ、私は最近機械学習に凝っているので買うならGeForce RTX2080にすると思う。

・CPUはCore i7以上。今ならRyzen 3700X以上もありか。メモリーは16GBがお勧め。

・ストレージは大事。VRで使うのならSSDは必須。

 

・・・・・もっと言えば、下記がいいです。今から買うなら私は下記を買います。値段と性能のバランスが最も良い。

 

 

f:id:orangeitems:20190813004439j:plain

GALLERIA ZG

 

Q. VRを買ったら何するの?

A. Oculusというソフトウェアの中で、ゲームやアプリを買ったりするのが普通のVRです。ただ、SteamにあるVRのソフトウェアもOculus対応しているものが多く遊べます。また、それ以外にもPC VRの楽しみ方はインターネットで検索すればいくらでも出てきます。

 

まとめ

VRと、高性能のパソコンって、無限の可能性だと思うのですよね。

というのも、私もここ一年VRとパソコンとお付き合いしていますが、生活の一部となっています。どんどんこの世界は良くなっていますが、今はコンテンツもたくさんあるし機械そのものも良くなっているし買い時だと思います。

高性能のパソコンだけ単独で考えても、ブログ、AIの勉強、ゲーム、Google Musicで音楽を聴く、すべてのインプットやアウトプットの場所となっています。VRもその一部です。大昔の高性能パソコンは50万以上したものですが、最近は20万そこそこで買えます。

ぜひ消費税が上がる前に手に入れることをお勧めします。