orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

Oculus Quest 2を買うかどうかの検討資料

f:id:orangeitems:20210523170407j:plain

 

二年ぐらい前にVR保有してていろいろやったけど、手放してしまった後は思考から外してしまった。Oculus Rift Sだったけど、もうそろそろ販売終了するという話もきいた。噂だけど。

 

japanese.engadget.com

FacebookのPC向けVRヘッドセット「Oculus Rift S」が、在庫限りで販売終了となるようです。

これはFacebookの担当者が、AR/VR系のテックメディアUploadVRに対してメールで語った情報です。Rift Sは世界中のいくつかのチャネルで販売されていますが、今後はチャネルが在庫切れになっても補充は行わないとしています。Oculus Rift Sが2021年に販売終了するという話は、2020年9月にOculus Quest 2が発表された際にも触れられていました。Facebookは今後PC VR機をリリースせず、Oculus Quest 2のようなスタンドアロンVR機に注力する予定です。

 

Rift Sはパソコンにつないで使うものだったけど、何が困ったってやっぱりケーブルの取り回し。パソコンにHDMIUSB3.0の二本の接続が必要だったのだけど、ゴーグル着けた上でケーブルがついているとどうしても没入感が悪い。そこだけはやっぱり気持ちが良くなくてどうにもハマれなかった思い出があるが、やはりケーブルのないOculus Quest 2に一本化されるようになった模様だ。

最近のOculus Quest 2はどういう仕様になっているんだろう、と久しぶりに情報収集することにした。

 

www.gizmodo.jp

すごいアップデートをしれっとやってくれやがる!

120Hzリフレッシュレートへの対応、Infinite Office(インフィニット・オフィス)機能のアップデート、PCのVRコンテンツを完全ワイヤレスでプレイできるとか、仕事もゲームも捗る神アプデがやってきました。

 

Oculust Quest 2とはいえPCと接続する場合は、有線でつなげる必要がある、というOculust Linkという機能は知っていたけどそれならRift Sと全く同じ。上記のアップデートのおかげで、安定したWiFi機器が近くにあれば無線でPCとリンクできる「Air Link」という機能はかなり、超便利なのではないか。

アップデート後のレビュー記事については下記を紹介しておきたい。

 

jp.ign.com

今もっとも注目を集めるVRヘッドセットOculus Quest 2がシステムソフトウェアの更新(Ver.28)によってPCと無線接続できる機能「AirLink」がリリースされた。これにより、今まで煩わしかった有線接続を用いることなく手軽かつ快適にPC VRが楽しめるようになった。

これまでも非公式な手段として「Virtual Desktop」を使えばPCと無線接続できたが、公式の手段で無線接続できるようになるのは多くのユーザーにとって嬉しいことこのうえない。この記事ではOculus Quest 2をPCと無線接続するための簡単なガイドと筆者のおすすめPC VRゲームをセットで紹介しよう。

 

単にVRだけ手元に会ってもソフトウェアが無ければただの目隠しなので、上記の記事を読んで想像を膨らませておきたい。

ちなみに音はゴーグルにスピーカーが仕込まれているのだが、外に音を出すとちょっと恥ずかしいので、BlueToothのイヤホンとリンクするのが良さそう。

あと興味があるのが、テレワークとVRの組み合わせ。これもレビューを探した。

 

www.itmedia.co.jp

プロジェクト管理ツール「Backlog」を提供するヌーラボ(福岡市)は3月25日、全社員(約100人)にVRバイス「Oculus Quest 2」を支給すると発表した。VR空間での雑談や会議を可能にし、在宅勤務を行う中でも社員同士のコミュニケーションを円滑にするためという。

 

これは面白い事例だな。まあ仕事のコミュニケーションで使う気はあまりしないけど。どう仕事に活かせるかなと思っていたらこんなふうになるそうだ。

 

www.itmedia.co.jp

スタンドアロンVRヘッドセットのQuest 2を装着すれば、どこででも仮想のディスプレイを複数展開し、デスクトップ同様のWeb体験ができるという。また、リアル世界と統合(パススルー)されるので、Infinite Officeのディスプレイに着信通知が表示されたら実際のデスクに置いたスマートフォンを取り上げることもできる(Infinite Office内で通話できるかどうかは不明)。

 

私が欲しいのは多分、ゲーム体験じゃなくて、このInfinite Officeの方かもしれないな。冒頭の神アプデは、一部のキーボードでこれが実装されたということか。そう、仕事環境について、VRを使ったら拡張できるかもという欲求はある。

ただ、「Infinite Office実装完了!」というニュースはまだないので、どうやら、もうちょっと買うのは先でも良さそうだなという結論が今回。

多分ゲームやVR体験するだけなら、もう買っておいてもいいかもしれないけど、やっぱりガジェットというのは日々使い続けられるかにかかってると思う。そういう意味だと、ちょっとまだ弱いかな、と。

 

また、そもそも機械の品質についてもレビューを転載しておく。

 

av.watch.impress.co.jp

発売のタイミングで、このOculus Quest 2に短時間だが触れる機会があったので、初代Oculus Questとのサイズ・デザイン比較や、VR動画の見え方の違いなどを体験したミニレビューをお届けする。

 

ミニレビューとはあるが十分で、私が以前保有していたRiftやRift Sと比べるとかなりレベルアップしていることはよくわかる。

多分ハードウェアとしては十分で、あとはソフトウェア。ゲーム等々はあるが、まだテレワークのデスクトップ拡張としてはこれからという状況だ。

以前の私のVRの記憶と比べるとかなり進化しているし、値段も昔より全然こなれているので買ってもいいが、まぁお金に余裕があれば手を出していいかなと思う程度。もし仕事で使うことにもっとポジティブな状況が整えば、ちょっとやってみたいなとは思っている。

 

Oculus Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—64GB

 

昔と比べると、随分備品もすっきりしたな。前はUSBケーブル3本+HDMI1本で、しかも机の両端にセンサーを置かなきゃいけなかったり大変だったんだから。下記は昔のモデルのレビュー。

 

www.itmedia.co.jp

 

うん、かなり進化した。もう少しだ。