orangeitems’s diary

クラウド専任の40代インフラエンジニアが書くブログ。新規事業マネージャー。20世紀末の就職氷河期スタート時にIT業界に文系未経験で入りこみそのまま生き残った人。

転職サイトに登録している人に言いたい

f:id:orangeitems:20220411143152j:plain

 

私は今、転職サイトの裏側にいて、職務経歴書を読みまくる側にいる。

いつ私が転職する側に行くかわからないけど、今回は対岸にいる。

たくさんの希望者がいるのがわかる。今は売り手市場とは言うが、希望通りの転職をみなができるとは限らない。ミスマッチはお互い不幸だろう。いくらいい条件で入社しても、入ったら話が違うというのは、転職者も採用者側も浮かばれない。両方とも十分に情報開示をして、納得をすることが重要だ。

さて、たくさん読みこむという荒業に巻き込まれたのだが、もう自分の脳にインプットしまくりなので酔いそうになってきた。はじめは丁寧に読んでたのだがだんだんパターンが見えてきた。登録する方も手間暇かけているんだから、もっとちゃんと書けばいいのにと思うことが多い。今の売り手市場なら登録すればスカウトされまくりだろうと思っている人もいるのかもしれないがとんでもない。求職者数だって増えているので、どうやって採用側に届くかの導線を整えるのは、大事だ。

最も言いたいこと。それは「なぜ転職したいか」を先頭に書くことである。職務経歴書は心理的にお化粧をしがちだというのは採用側も十分理解しているので、本当の求職者の現実にアクセスしたい。実際のところどうなの、と。だからこそ面接や、カジュアル面談も有効活用したいのだが、そのとっかかりとして必要になるのが転職の動機である。

立派な職務経歴がつらつら並べてあり、こんなに仕事できます!はいいのだけど、それなら現職でがんばればいいんじゃない?となってしまう。なぜ転職したいかは、いくつかのパターンに分かれるだろう。収入に満足行かない。未来がない。もっとこんな分野をやりたい。業務効率が悪い。上司や部下とのソリが合わない。あまりにも生々しくはかけないのは理解する。基本的にはネガティブな情報だから。しかし、それだからといって何も書かないのは違うんじゃないか。

採用側だって動機がある。この動機だって生々しく書けたものではないだろう。求人の内容だってお化粧をする。こんな職場だったら働きやすい!未来がある!、ってそれだったら求人に苦労することもないだろう。そんな、採用者と求職者の間のドラマが、この中途採用のフィールドには転がっている。

で、今や求職者側ではなく、採用者が声をかける世の中である。いわゆるスカウトだ。どうです、うちの会社、この仕事、興味ありませんか?と声をかけていくわけだけど、すーんとなんにも情報開示していない職務経歴書を読むにつけ、声がかけづらい。なんで登録したんだろう。ま、それでも条件の良さそうな人はリストに入れて検討するんだけど、ひと手間もったいないなと思うわけだ。声をかけたら、全然思ってた動機と違う場合はお互い無駄だよね、と。

もう一つ。希望年収と現在の年収のギャップについてである。現在の年収より高い年収を希望する場合は、何か付加価値がないと説明がつかないんじゃないかと思うことがある。もっとこんな業務に挑戦して年収を上げたいんだという意思が入っていればまだ声をかけやすい。でも、前職も希望職種も同じ業務内容なのに、給料だけ上がるってどういうロジックなんだろうと思う。「今が少なすぎるんです、ちゃんと評価してもらいたい」、というメッセージは読めるんだけど、それならそれで書いたほうがいいと思うんだ。

何しろ、意思が見えない職務経歴書は、採用側も迷う。自分はこうしたい、こうありたいって書いてほしいし、書くなら先頭だ。長いテキストの挙句最後に書いていらっしゃる方もいるが、もったいないと思う。読むなら頭からだろうから、頭に書くと一番先に見てもらえるし脱落することもない。WEBサイトでも常識だと思うのだが。

ぜひ、意思を示そう。たくさんの良きスカウトに巡り会えるに違いない。