orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

Ryzen第3世代出荷直前 情報まとめ

f:id:orangeitems:20190706212742j:plain

 

AMDがIntelをついに逆転

パソコンのCPUと言えばIntel。長い間その状況が続いてきたのですが、ここ最近異変が起こっているのをご存知でしょうか。

 

www.bcnretail.com

インテルのパーツ単体としてのCPUの販売台数シェアの下降が止まらない。全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計する「BCNランキング」週次データによると、2018年10月1日週に72.1%あったシェアは、直近の19年6月24日週に49.5%まで下がり、ついにシェア50.5%のAMDに抜かれた。

 

しかも、その逆転劇の主人公でもあるAMDのRyzenというCPUですが、実は明日2019年7月7日に新世代となる第3世代が登場するのです。つまり、逆転劇はこの新世代登場前に起こったものです。新世代発表後どのようなシェアになる注目ですが、第三世代の出来がかなりいいと聞いており、私も注目しています。

もしかしたら、サーバーサイドにもこの流れが波及する可能性もありますし・・。 

 

第3世代の価格帯

先日、登場時の概算価格が発表されています。Intelと比べるとやはりかなりお安く見えます。

 

pc.watch.impress.co.jp

 AMDは7月7日発売の第3世代Ryzenの国内価格を発表した。ハイエンドのRyzen 9 3900XからローエンドのRyzen 3 3200Gまで展開され、価格幅は上が59,800円、下が11,800円となっている。

 

12コア24スレッドで59,800円というとかなり割安感があり、サーバーでも使えそうと思ってしまいます。

 

Ryzen詳細記事

発売前なので実際に使ったレビューはありませんが、スペックを解析した記事の中で最も詳しい記事をご紹介します。

 

blog.livedoor.jp

7月7日に発売が決定したAMDの次世代CPU「第3世代Ryzen」シリーズのスペックや性能から、”次世代を担う(New Performance Leader)”と謳われる同CPUの魅力を徹底解説します。

 

上記の記事の通りかなりコストパフォーマンスが良いと同時に、マルチスレッディングへの対応でIntelよりも優秀な点すらあります。

 

発売予定状況

最後に、明日秋葉原に買いに行く場合の話です。

7月7日発売といっても、午後7時だそうです。777ということなのですかね。

 

www.itmedia.co.jp

第3世代Ryzenをはじめとする、AMDの新世代パーツの発売は、既報の通り7月7日午後7時からとなっている。週半ばにはRadeon RX 5700カードのみ同日午後10時発売との情報も流れたが、最終的には全て同じ日時となった。第3世代Ryzenに対応するX570チップセットを搭載したマザーボードも、主要メーカーの製品が同時に店頭に並ぶ予定だ。

 

ちなみにGPUであるRadion RX 5700シリーズも同時発売とあって、AMDでパソコン1台新調したくなるようなお話です・・。

最近はメモリーやSSDの価格が大幅下落していて、ハードディスクを使わない(重量的に)軽い構成を組んでみたいなあという物欲が沸いています。

Ryzen 7 3700X(8コア/16スレッド)あたりで、Memory 16GB、SSD 1TB。GPUは今使っているGeForce GTX 1070Tiを流用もしくは、Radion RX5700で新調・・。

楽しそうですが、もしくはドスパラが明日速攻でAMDモデルを出してくるかもしれません。

 

 

正直、組み立てるより、最近は一式で買った方が安かったりしますからね・・・。

秋葉原は明日はちょっとした賑わいを見せるかもしれませんね。

 

追記(2019/7/7 8:11AM)

やはり秋葉原はお祭りになるっぽい。

 

akiba-pc.watch.impress.co.jp

 

楽しそうだなあ・・。行ってみようかなあ・・。 

 

ドスパラのホームページもRyzenが前面に。

f:id:orangeitems:20190707081524j:plain