orangeitems’s diary

クラウドで働くエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

階段を上るときに膝が痛い人は靴を買い替えると良いことに気が付いた

f:id:orangeitems:20190423120022j:plain

 

悩んでいた右膝の痛み

右膝が痛かったんです。

歩くときは大丈夫なんですけど、階段を上ったり下りたりすると、「いててて」と。

結構慢性化しつつあって、「まずいな~」と思ってたんですね。

 

対策

そこで、行ったことがこれです。

・仕事もプライベートも、靴を新調する

 

仕事では一日中履いている靴。

プライベートでは週末に十数キロのウォーキングをしていたということ。

何しろ、靴に問題があるんじゃないかということで変えてみたところ、数日で痛みが不思議なくらい消えました。

 

私の歩き方に偏りがあるのが原因なのかもしれませんが、かかとの靴底の減りがいびつだったんですね。古い靴を見ると、どれも痛みのある右足の靴のかかとが外側に削れていました。

すり減るということは一番、力がかかっていたわけで。

ここが減ったままということは、それを受けきれないので、膝やその周りの筋肉に負担をかけていたというオチになります。

実はオフィスで椅子に座っている間も足は地面についていて、靴を履いているので、靴底が削れていたことでも足に妙な作用がかかっていたのかもしれませんね。

 

靴をネットで買うときに分かったこと

私は毎回靴は靴屋で、と決めていたんですが始めてアマゾンで買ってみました。

で、靴を買うときの一番のポイントは、「靴の幅」です。海外製の靴にありがちなのが、サイズはあっているのに幅が合わなくて履いていると足のサイドが痛くなるのです(何足か一度履いた後、二度と使わなかったことが何回かあり・・)。

この幅ばかりは、靴の個性であり履かないと分からないのかなと思っていたのですが、攻略法がありました。

 

www.nissen.co.jp

■サイズとは?

一番長い足指の先端とかかとの後ろの一番でっぱった部分を測ります。

■ワイズとは?

ワイズとは親指根元と小指根元の、最もふくらんでいる部分を測ります。

※ストッキングや薄手のソックスを着用して計測することをおすすめします。
※サイズ・ワイズは靴のデザイン・素材により若干異なります。
※足は体調や計測する時間によって微妙にサイズが変わります。ここでの測定サイズはあくまで目安としてご利用ください。

 

この、「ワイズ」がポイントです。

E → 2E → 3E → 4E → 5E

というふうに決められていて、右に行くほど幅が広くなります。

 で、買ったのがこれ。

 

[アシックス ウォーキング] ウォーキングシューズ GEL-FUNWALKER 214 TDW214

 

ワイズが4Eです。プライムで次の日に届いて、ウォーキングに使いましたが履き心地がバッチリでした。

Amazonでもフィルターでワイズを選べるようになってます。

f:id:orangeitems:20190423120255p:plain

素晴らしい機能。

 

ということで、靴屋で試着しなくても、この知識で靴が買いやすくなりました。ワイズ、大切です。

最近、膝や脚が痛いなと思う人は、靴の新調をご検討ください。10連休でお出かけする方も多いと思いますし、今なら間に合います。