orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

パソコンのGoogle Chromeを、全く違う設定でもう一つ起動する方法

f:id:orangeitems:20190816181410j:plain

 

Googleアカウントの複数利用とChromeでの切り替え

Googleアカウントを2つ以上運用されている方はいらっしゃいますか?

私もそうなんですが、複数のアカウントをChrome上で切り替えると別のタブもアカウントが切り替わったりして面倒な思いをされていませんでしょうか。

この悩みを解消する方法が見つかりましたので共有します。

 

要件

Windowsパソコンでの話に限定します。

A@gmail.comと、B@gmail.comという2つのアカウントを持っていたとします。

普段のChromeはA@gmail.comとします。ブラウザの同期もA@gmail.comでおこなっているとします。こちらには手を加えません。

今回は、同じパソコンの上に、まったくまっさらのChromeを「別に」起動した上でそのChromeを、B@gmail.comで同期する新しいChromeを起動する手順をご案内します。

 

方法

1)B@gmail.com用のデータ保管フォルダーを作成します。例えば、「C:\User_B」を作成してください。

 

2)「C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe」のショートカットをデスクトップに作成してください。ショートカットの名前は適当に変えて結構です。私はorangeitems2としました。

f:id:orangeitems:20190816180557j:plain

 

3)ショートカットのプロパティーを開きます。下記のように、
 --user-data-dir=c:\user_b
という文字列をリンク先のテキストボックスの後ろに埋め込みます。

f:id:orangeitems:20190816175751p:plain

これで完成です。

このショートカットから起動すれば、まっさらなChromeが起動します。

こちらにB@gmail.comアカウントで同期するChromeを作り上げてください。

 

結果

この通り、メインChromeとは全く違うサブChromeが立ち上がるようになりました。

f:id:orangeitems:20190816180648p:plain

 

上記のようにテーマも変えてしまえば、メインとは全く違うことがわかりますから、便利です。

これでアカウント切り替えで悩まされることが無くなりました。

うれしい!

ちなみに、フォルダを分ければ3つ以上のChromeのショートカットも作成できます。会社用、自宅用など、用途別に分けて起動してみたらいかがでしょうか。