Windows 11で、スリープ解除時にMicrosoft Edgeが自動起動されてしまう問題の解決方法

 

Windows 11を使っています。

Windows 10のサポートは2025年10月14日まででまだ時間はありますが、だんだん企業も載せ替えの準備を始める頃でしょうね。

 

で、Windows 11を使っていると最近困っていたのが、スリープ解除してサインインすると、勝手にMicrosoft Edgeが起動されてしまう問題です。

普段は、Google Chromeを使っているので、うっとうしいったらありゃしない。

 

解決方法は以下でした。

 

support.microsoft.com

Windows にサインインしたときに Microsoft Edge を起動したくない場合は、Windows の設定でこの設定を変更できます。

1. [スタート]  > [設定]  の順に移動します。

2. [アカウント] > [サインイン オプション] の順に選択します。

3. [サインアウト時に再起動可能なアプリを自動的に保存し、サインイン時に再起動する] をオフにします。 

 

設定において、スクリーンショットを添付しておきます。

 

この後、下の箇所をオフにすれば完了です。言葉が、マイクロソフトの案内と若干違うので戸惑いました。

 

この「更新後に自動的にセットアップを完了するには、サインイン情報を使用します」とは、Windows Updateなどの更新がかかった後に、起動後で裏でこのアカウントでサインインし、起動後のアップデートに必要なサインインを自動で行う、という仕組みらしいです。

推測するに、Edgeが自動で裏でアップデートするときに、Edgeが起動されるんですかね。でもスリープ解除なので、ちょっと解せません。

 

追記1

上記でも数時間後、スリープ解除後に自動で起動されてしまったので、別の説も追加しておきます。

 

1. Edgeを開く

2. 右上の…から「設定」を選択する

 

3. 左側のペインで[既定のブラウザー]を選択する。その後「Internet Explorer に Microsoft Edgeでサイトを開かせる」を「なし」に選択

 

4. 「はい、間違いありません」を選択

 

以上の説があるので試してみます。

ダメならまた更新します。

 

追記2

やっぱり駄目でした。夕食後にOSをスリープ解除したら、やっぱりBingが立ち上がる。

もしかしたら、Bing Wallpalerをインストールしているから・・という説を立て、こちらを削除しました。

さてどうなるか。