orangeitems’s diary

クラウド専任の40代インフラエンジニアが書くブログ。新規事業マネージャー。20世紀末の就職氷河期スタート時にIT業界に文系未経験で入りこみそのまま生き残った人。

PovoにPayPayにマイナポイントに・・色々申し込んだらそのスピードに驚いた

 

私は、個人的に携帯電話番号を持たないで過ごしていたのですが、ここ最近、携帯電話番号を求められるケースが多く、ちゃんと持たないと社会的に無視される感じです。

ここは一つ、気合を入れてちゃんとしようと思い、以下を実施しました。

 

・携帯電話番号の入手

・PayPayの登録(QRコード決済)

・マイナポイントのキャンペーン登録

・PayPay Cardの登録(クレジットカード)

 

これ、何を言いたいかというと、マイナポイントキャンペーン、20,000円分もらえるじゃないですか。それの受け取りとして、PayPayを使おうと思って新規登録しようとしたら、新規登録に携帯電話番号が必要。ここで詰んだわけです。

 

で、いろいろ検討した結果(数分)、KDDIのpovoが一番運用しやすいと気づきました。iPhone 11 ProMax使いですが、eSIMで申請すればSIMカードはもういらなくなtったんですね!(無知)。で、povoは基本料は無料。私の場合主回線(非個人)は別で持っているのでほんとに電話番号だけ欲しいんです。デュアルSIMで副回線としてpovoを設定しておけば、新しい電話番号のSMSだけちゃんと受け取れる。完璧!。ちなみに、povoはずっと無料で使い続けると半年で解約される可能性があり、半年に一度380円の1GB/7日間のデータトッピングを申し込めばいいらしいです。ネットによれば。なんだか忘れそうなので不安ですが、もっといい方法が今後出てくるでしょう。

povoなんですけど、すげえ自動化されていて、iPhoneでアプリをダウンロードしてですね、いろいろ答えていったら、手続きが15分くらいで終わりました。で、すぐ電話番号が手に入るというね。すごい。良く考えられたサービスです。昔は電話番号の入手なんて店頭まで行ってすごい大変な思いをするものでしたけど。本人確認などなども即終わり、スマホ「だけ」で完了するってすげえなと率直に思いました。これで電話番号取得完了。

あとデュアルSIMですが、iPhone側がもうほんと良くできてて、基本主回線だけで電話もデータ通信も発信側は統一できます。受信はデータ通信は主回線で。SMSだけ副回線(povo)で受けてくれる。最高。

 

これで晴れて、個人の電話番号持ちとなったので、PayPayの方の申し込みへ。これもめちゃ速い。スマホだけでどんどん進む。Povoの方が洗練されている感じですが、PayPayはサービスが多いからかな。こちらもスマホだけで15分くらいで全部完了。

ここまではめちゃスムーズでした。

 

マイナポイントのキャンペーン申請は、これもスマホで全部やったんですが、めちゃくちゃ煩雑でした。PayPayの紐づけでiPhoneからチャレンジしたんですが、何度も何度もマイナンバーカードを読み込むシーンがあり、画面遷移も複雑で、こちらは1時間くらいかかりました。

 

そしてついでに、PayPayのクレジットカードも欲しかったので、Paypay cardにもスマホから申し込みました。けど、これも何と20分もかからず、審査まで含めてオンラインで完了してしまいました。さすがにクレジットカードの審査は時間がかかるものだと思ってたんですが、最近はあっと言う間もいいところ。

 

ってことで、ようやく私も、povoに、QRコード決済に、マイナ保険証にと、いろいろアップデートしたわけですが、何か最近の手続き系って、人間介さない上に、スピード感が恐ろしく早く、進化したな~と実感したのでした。だって、今日の記事全部、無人で、スマホだけで午前中に手続きが済みましたからね。

ただ、プロセスが速くなっただけで、必要なプロセスの数は減ってないので、手続きに対してきちんと付いていける人じゃないと、切り捨てちゃうのかもしれないな~とも思いましたね。

あと、携帯電話番号がないと、やっぱりいろいろできなくなってるなというのも感じました。入手した途端にいろいろできるようになったのを感じます。povoいいですよ~。