orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

Amazonブラックフライデー2019でやるべきこと

f:id:orangeitems:20191121102859j:plain

 

はじめに

ブラックフライデー自体はアメリカでの催しですが、日本でも実施されるECサイトが増えてきました。ここ日本でも、Amazonが初めてブラックフライデーセールを実施するとのことで、ユーザーは何をするべきかまとめました。

 

Amazonブラックフライデー セール(2019) 概要

 

実施期日

2019年11月22日(金)9:00 ~ 11月24日(日)23:59

 

ポイント1 エントリーするだけで5000ポイントが抽選で当たる

抽選で5,000ポイントが5,000名に、100ポイントが125,000名に当たるキャンペーンです。これはAmazonアカウントを持っていて、エントリーするだけで完了なのでぜひすぐにやってください。 

エントリーのリンクはこちらです。

もちろん私もエントリー済みです。期限はブラックフライデー終了までです。

 

ポイント2 買い物すると最大5000ポイント獲得できる

ポイントアップキャンペーンにエントリーして、合計で10,000円以上のお買い物をすると、Amazonポイントを最大で5,000ポイント獲得できます。

こちら、少し複雑ですが以下をおぼえておきましょう。

・プライム会員なら+3%
・ショッピングアプリで買い物したら+1%
・Amazon Masterカード会員なら+3.5%

合計したら+7.5%のポイントが付与され、最大5,000ポイントもらえるよ、ということです。

こちらもエントリーが必要なので、買う買わないにかかわらずやっておきましょう。

エントリーのリンクはこちらです(ポイント1と同じ画面)。

 

ポイント3 クロいものセール

色が黒い商品や商品名に黒やクロ、ブラック(Black)が入っている商品が、特別価格になるそうです。

また、人気のKindleコンテンツやPrime Videoのレンタル対象作品が96円になるそうです。

日本ならではの企画ですね。

セール会場のバナーを貼っておきます。

タイムセール候補の商品を見ていますが、ほんと黒い商品ばっかり・・。

私のねらい目は、4Kテレビとか、Fire HDとか・・やっぱりハードウェアに目が行きます。ただ黒毛和牛とかフード系も話題になっていますので、何しろ黒い何かを皆さまで狙いにいきましょう。

 

その他ニュース記事

話題となっていますのでまとめておきます。

日本初開催ということもあり、力が入っています。お見逃しなく。

 

www.nikkei.com

消費増税後、初の大型セール「ブラックフライデー(黒字の金曜日)」が22日、小売りや電子商取引(EC)サイトの多くで始まる。今年はアマゾンジャパン(東京・目黒)が初めて参戦し、イオンリテールが半額商品を1.5倍に増やすなど攻勢をかける。この機会に買い物をしたい消費者は5割超との調査もある。数年前、日本に上陸した新しいセールを消費の起爆剤にしたい考えだ。

 

nlab.itmedia.co.jp

Amazon.co.jpで11月22日から「Amazon ブラックフライデー」が開催されるのを前に、電子書籍サービス「Kindleストア」で1万冊以上が96円均一となるセールが開催されています。セール期間は11月24日23時59分までです。

 

もうKindle本は安くなってるのか・・。

こちらにバナーを貼っておきます。 

 

類似の記事はたくさんありましたが類似すぎるのでこの辺までとしておきます。

とにかく、特別なセールなのでお見逃しなく!。