orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

Googleの短縮URLサービスgoo.glがサービスを終了します

f:id:orangeitems:20180331111737j:plain

 

Googleの短縮URLサービスgoo.glが終了

http://goo.gl/〜」というURLを見たことはありますか?。この短縮URLサービスを提供してきたGoogleが、2018/3/30にこのサービスを閉じることを発表しました。

 

goo.gl

f:id:orangeitems:20180331104718p:plain

 

確かに、何か注意書きがあります。日本語に訳します。

2018年3月30日以降、goo.gl URL短縮サービスのサポートを停止します。

2018年4月13日以降、既存のユーザー(一度でもgoo.glを作成したことがある人)だけがgoo.glコンソールで短縮リンクを作成できます。

2019年3月30日までGoogleアナリティクスデータを表示して、短縮リンク情報をcsv形式で最大1年間ダウンロードできます。

それ以降はgoo.glを中止します。

以前に作成されたリンクは引き続き意図した宛先にリダイレクトされます。

詳細はこのブログの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

 

「ブログの記事」による追加情報

WEB開発者へ

GoogleがサービスしているFirebase Dynamic Linksサービスを使って欲しいそうです。単純に短縮URLを提供したいサービスではなく、Googleによれば以下の機能を提供するとのこと。

Firebase Dynamic Links は便利なリンクシステムです。1 つだけのリンクで、インストール済みの iOS や Android アプリを開き、ディープリンクを使用し、ユーザーが探しているコンテンツを直接にアプリ内で表示することができます。アプリがインストールされていない場合にも、同じリンクで App Store や Google Play のアプリのページからアプリ内のコンテンツまで案内することができます。

Google Developers Japan: Dynamic Links をさらに簡単に

スマホでリンクを開くとアプリを開かせることができる・・ってことですね。

こちらの使い方が以下の記事で解説されています。

 

qiita.com

 

engineer.roomclip.jp

 

一般のユーザーへ

どうみてもFirebaseは敷居が高いので、短縮URLだけ使いたければ、bit.lyow.ly使って・・ということで清々しいくらい。

 

まとめ

WEBサービスってこういうサービス中止や仕様変更があるから、たまにギョッとします。外部APIサービスとかを駆使してWEBアプリ作ると、仕様がころころ変わって大変、と開発者から聞いたことがあります。

今回はネットに存在する無数の既存URLは無効にはならないので混乱はないかと思います。