orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

UQ MOBILEに家族いっせいに変えたら、毎月の電話代ががっつり削減できた件

f:id:orangeitems:20180103193810j:plain

家計の見直し

時間がいろいろあったので家計を見直してみた中、最も効果があったのが携帯電話の見直しでした。 

これまでは、家族3人で、iPhone 7をAUで使っていました。

家族3人=約7,000円/月 x 3 = 約21,500円/月

また、残債も3人合計で120,000円くらい残っていました。

AUひかりもAUでんきも使っていて、けっこうズブズブにAUユーザーでした。

見直しの理由

ただ、毎月2万も家計から出ていくのは2018年は許されない状況でした。

事情はボカシますが、毎月のキャッシュフローをプラスにしないと。

ビジョンの策定

ということで、以下のビジョンを策定しました。

1)3つのiPhone 7のSIMロックを解除する。
2)残債を一括で支払う。
3)私のAU回線は解約する。私のiPhoneに会社で使っていた携帯電話のDOCOMO SIMを差し替えて、会社と兼用で使う。
4)家族二人はMNPする。UQ MOBILEのSIM契約をして、このSIMを二台のiPhoneに差し替える。
5)UQモバイルの回線契約は、プランS(1,980円)とする。
6)二台目は家族割を提供するため、1,480円になる。
7)一台目は期間限定の学割を適用し3月末まで無料になる。
8)AUでんきは、違う電気会社へ。WALLETカードは全額アマゾンのポイントに変更する

結果

この結果、回線利用料は以下のようになりました。

私:¥0 ・・・ 会社の回線を使うため
家族1:¥1,980・・・ただし課金は2018年4月から
家族2:¥1,480

※なお、それぞれ1年限定で1000円マイナスなので、2019年からはそれぞれ、¥2,980、¥2,480となります。

なお、UQ MOBILEのキャンペーンで、契約手数料¥3,000は無料です。

WEBから手続きすればさらに一台¥10,000ほどキャッシュバックもありそうですが、MNPなのですぐ使いたかったため店頭で済ませました。

アクティベーション等々もその場で店員さんにやってもらってすぐ開通したので価値はあったのかと思います。

もちろん、AUの解約・MNP手数料等々、

¥9,500円 x 3 + ¥3,150 x 2 = 約35,000円

も織り込み済みです。残債一括支払いと合わせて、12月中の支出に含めます。

達成

これで、キャッシュフロー的には概算で、

¥21,500 -> ¥3,500となりました。だいたい月の支出が18,000円削れました。

今月15万くらいの一時支出があるものの、2018年の9月くらいには損益分岐点となり、これ以降どんどんお金が浮いていくことになります。

来年のキャッシュフローを見直したいという目的は、達成したことになります。

電波はどうか?

AU 4GLTEで生活できているエリアでいる限りは、UQ MOBILEは全く同じ電波です。SIMを差し替えても、iPhoneの左上にはAUと出ます。

なので、AUからの乗り換えについては全く持って不都合がありません。

それぞれデータ通信の制限は小さめ(基本1GB)ですが、ほとんどの利用が家でWIFIで使うので、無影響です。

備考

ピタットプランに変えるという手段もあったのですが、変えた途端に月額サポートがなくなるとか、1GB超えたら自動的に2GB目が課金されるとか、いい加減にしろと。機種変で下取りに出しつつiPhone8に変え、アップグレードプログラムexでなんちゃらかんちゃらとかも、結局残債ふえるやんけ、で却下。

あと、DOCOMO系の格安SIMは、確実にサービスレベルが下がります。安かろう悪かろうでは意味がない。

ワイモバイルもいい感じですが、私の家がAUの電波が強いのがわかっていたのでUQにしました。ソフトバンクからの乗り換えならもちろんワイモバイルでいいと思います。

 

UQモバイルいいですよ(2018/1/20更新)

AUからUQ mobileに変えて1ヶ月経ったんですが、結局全然困っていません!iPhone7のまま快適に運用できています。電車でも、外でも!。

 

私は年末年始だったので店舗で手続きしたのですが、2時間待たされました。
オンラインの方がキャンペーンなどもあってもっとお得かと思います。

ぜひどうぞ。

 

 

スポンサーリンク