orangeitems’s diary

クラウドで働くエンジニアの日々の感想です。

ニコニコ動画を久しぶりに見に行ったら、少し良くなっていたのでプレミアム会員に戻るか検討中

f:id:orangeitems:20181223234515j:plain

 

ニコニコ動画

過去、ニコニコ動画には辛口コメントを入れてきたわけですが、久しぶりに見に行ったら少し良くなっていたのでまとめておきます。

 

よくなっていた点

無料会員には、照れずに動画広告を入れるようになっていたこと

最近行っていない人は行ってみるとわかると思います。YouTubeと同じように動画を見る前に動画広告を無理やり差し込むようになりました。しかも5秒、もしくは10秒飛ばせないのも似ています。私はこれでいいと思います。動画の読み込みが遅いとか画質が低いとかわけのわからないプレミアム会員との差別化はやめて、無料なら無料で広告を見せればいいと思います。

広告を観たくなければプレミアム会員になればいいわけで、私はYoutubeをYoutube premiumで契約して広告を消していますので、同じ理屈でわかりやすい差別化だと思います。

 

広告が面白い

Youtubeの企業広告は何のウィットも無くて嫌いだったのですが、ニコニコ動画の動画広告は面白みがありますね。広告を出す側もプロ意識を感じるというか、面白いので広告の「ウザさ」を逆手に取って面白いなあと思いました。

 

動画の質が良くなっていたこと

プレミアム会員になっていないのですが、最近の動画の品質は向上しています。Youtubeは「静止画にテキストがスクロールするだけの無駄な動画」が多いので、ああニコニコ動画見てみようかなあと久しぶりに思ったのでした。

 

ログインしなくても見られる

別にログインすりゃあいいだけなのですが、してもしなくても見られるというのは一つストレスがなくなりました。

 

Youtubeに変な動画が移ったせいでニコニコ動画が浄化された

最近よくYouTubeを見るのですが、ノイズのような動画が多い・・。で、このノイズのような動画は一昔前まではニコニコ動画にもあったのですが、YouTubeのほうの人気がドカンと上がったためか、比較して魅せる動画が増えたように思います。

具体的に言えばゲーム実況など、YouTuberが好みそうなコンテンツがニコニコ動画から減っているように見えます。一時期は実況系に占領されていた感があり、久しぶりに見たら浄化された感がありいい意味で驚きました。

 

おすすめの動画、の出来がいい

これも昔は無かった気が。ニコニコ動画のトップにおすすめの動画が表示されていて、結構好みと一致しています。Youtubeのお勧めは最近とても不満なので、これもポイント高いです。

 

滞在させることが大事

動画サイトなんて、没入感が高くてなんぼ、です。ニコニコ動画の勢いがあったときは、「サイト滞在時間が長いサイト」として有名でしたからね。

 

japan.cnet.com

同じくVRI調査による2008年9月のサイト別アクセス状況をみると、推定接触者1位はYouTubeで1586万人。これにYahoo!動画(516万人)、ニコニコ動画(496万人)が続く。平均滞在時間のトップはニコニコ動画(2時間38分)で、2位YouTube(1時間22分)を大きく引き離している。接触者数がYouTubeの3分の1以下のニコニコ動画が、1人あたりの滞在時間では逆にYoutubeに2倍近くの差をつけた。

 

ですから、ユーザーに対して長い間好みの動画にアクセスさせ、離脱までの時刻を引き延ばすかが復活のカギでしょう。離脱したくない!というぐらい、楽しいコンテンツに触れさせればそのうち、プレミアム会員になって基盤を応援したり、少しでも居心地をよくしようとすると思います。

 

ということで、年末年始はニコニコ動画を見返してみて、プレミアム会員への復活を検討してみる予定です。私がこのような考えにいたったのも、運営がこの一年、地道な改善を重ねてきた結果だと思います。