orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

漫画村は閉鎖されていない、インターネットプロバイダーは緊急措置を

f:id:orangeitems:20180416221504j:plain

※注 この記事は、2018/4/16時点の状況をまとめたものです。5/1現在閉鎖されていると思われます。

 

漫画村は閉鎖されていない

「漫画村は閉鎖された」とお思いの人が大部分かと思うが、実は閉鎖はされていない。mangamura.orgというFQDNは、2つのIPアドレスが返るようになっている。

 

Non-authoritative answer:
Name: mangamura.org
Address: 104.20.129.63
Name: mangamura.org
Address: 104.20.128.63

 

2つのレコードを持たせる方法をDNSロードバランシングと言って、DNSサーバーはいずれかを返すことによって負荷分散を行うことができる。

確かに、104.20.129.63を返された時は、502 Bad Gatewayとなるのはご存知の通りで皆この挙動を見て安心していると思う。しかし、今現在(2018/4/16 22:00)、hostsファイルに追記し、104.20.128.63にmangamura.orgを固定するとコンテンツが安定して見れてしまった(利用はしておらず表紙の確認だけ)

漫画村のコンテンツ自体は更新されていないのだがサイトは止まっていない。

ちっとも閉鎖されていない。

ねとらぼの活躍で広告は外されているようだが

manga-town.netのほうに皆気が取られている隙に、何となく漫画村の方が状況が変わっているというのは・・かなり根が深い。

 

今、メディア的には漫画村は閉鎖されたことになっていると思うのだが、とんでもない。なお、anitubeの方は同じような作りであるが両方のIPアドレス共にエラーで帰ってくるので閉鎖されていると思われる。miomioは相変わらず運用されている。

 

関係者へ

関係者は、漫画村は閉鎖されていないと見ていただきたい。緊急性は高いままなのである。個人的にはせめて3サイトだけでも緊急措置(サイトブロッキング)が必要と思う。

 

※上記は2018/4/16 22:00現在の情報であり、状況は今後変化する可能性があることを付け加えておく。

 

追記

2018/4/17午後、状況が変わりました。

漫画村のドメイン名(mangamura.org)のDNSレコードが消失、アクセス不可に - orangeitems’s diary