orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

女性専用車両の是非が大議論になっている件を考えてみる

f:id:orangeitems:20180218095648j:plain

 

はてな界隈にて、女性専用車両の是非を発端に議論が盛り上がっているようです。

 

きっかけ:

www.huffingtonpost.jp

スポンサーリンク

 

議論:

男の被害者ごっこにはもううんざりだ

女性専用車両について考えてみた: 極東ブログ

痴漢 / 痴漢冤罪対策についての整理・まとめ

 

 

考察 

「痴漢 / 痴漢冤罪対策についての整理・まとめ」に議論の先取りがされていて笑いました。はてなブックマークで議論することって基本的に無理だと思います。こういう複雑な問題に対しては少なくとも800字くらいないと原因分析から恒久対策までは行き着きません。世間の反応、ぐらいまでまとめるには最適なんですが。まあその反応すら、はてなに集まる人々の層って偏ってますからね。この辺りははてなに、利用者の統計を取ってもらって公開してほしいです。特定の層だけで議論しても意味がない話です。

 

また、この満員電車問題を触媒にして、男性自体にバッシングするというのも的外れな話だと思います。議論が拡散すると会議の価値は下がってしまいます。仮説を立てて実験して結果を確認するという科学的な展開こそ、問題に対しては有効だと思います。そういう意味で、女性専用車両を導入したらどうなったか、警察もしくは各鉄道会社が公表すべきだと思います。

面白い話があり、関東と関西で女性専用車両の運用のされ方が全く違うんですよね。

「女性専用車両」、関東と関西でまったく違う | 通勤電車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

で、違うんだなー、で終わるんでなく、最終的な結果の取りまとめが重要です。違う運用のされ方で結果は異なるのかどうか。もっと具体的に言えば、関東のように午前のラッシュだけの運用と関西の終日運用で統計的に差があるのかどうか。女性専用車両も導入からかなり時間が経ってきていますので、データから次の仮説を定義してほしいです。女性専用車両はどうしても差別の話に発展しがちなのですが、そもそものスタートは痴漢被害を減らすことだったはずです。痴漢は減ったのかどうか。また、終日とすべきか早朝限定とすべきか。平日だけなのか土日祝も実施するべきか。実はもうデータは揃っているはずです。導入しただけで効果を測らないので、社会的に説得力が増していかないのだと思います。

監視カメラの議論について。これは導入している会社はまだありませんよね。そもそも満員電車にカメラ入れたって、首から上しか映らないですよ・・。角度によっては頭頂しかみえないでしょう。本当の満員電車を知らない人がしている議論としか思えません。

法的な議論については、これはし尽くされている感がありますが、まずは大目的が痴漢被害の撲滅なわけです。もし女性専用車両が痴漢被害の現象に対して明確に効果的なら合法化すればいいだけの話だと思います。明確に万人に役に立つのに合法化できないことなど何一つないです。憲法に違反しているというのなら憲法を変えるべきでしょう。法は人間のためにあるべきで、法のために人間があるわけではありません。

痴漢被害を受けやすい人の傾向とか、加害者になりやすい年齢とか、これも見える化してどうするんでしょうか。そういう人になるなという意味なのか。人格まで論じても意味があるとは思えません。

 

まとめ

まとめますと、

・女性専用車両の議論は、男性・女性の社会的な格差にまで拡散しがちなので、議論のルールとして、これを持ち出さないことを前提とすること。
・感情的にならない。立場の違いに乗じて攻撃をしない。
・関東・関西で運用ルールが違う状況で、時間的にはデータが溜まってきたはず。国や鉄道会社には、この統計をオープンにし、役に立つ・立たないの客観的な議論を行えるようにしてほしい。

ということになると思います。

こういうデータや論文がないか、探してみたいと思います。