orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

アメリカのグローバル企業が考えるGDPR対応をヨーロッパが受け入れるはずがない

f:id:orangeitems:20180530161535j:plain

 

GDPRとは、経済戦争なんです

結局これは戦争なんだと思います。

GDPR施行でアップル、アマゾン、LinkedInにも苦情申し立て--フランスで - ZDNet Japan

GoogleとFacebook、GDPR施行初日にさっそく提訴される - ITmedia NEWS

 

つまり・・

・Apple
・Amazon
・LinkedIn(マイクロソフトの子会社)
・Google
・Facebook

がGDPRにて苦情を受けたとのことです。

 

さて、世界の株式時価総額ランキングでも見てみますか。

f:id:orangeitems:20180530154855p:plain

世界時価総額ランキング2018 ― World Stock Market Capitalization Ranking 2018

 

まあ、何ということでしょう。見事に一致。

 

GDPRに透けるヨーロッパの本音

結局のところヨーロッパの人々は、アメリカのグローバルIT企業に搾取されたくないということを見える化したということです。

世界中にインターネットを敷き詰めて、アメリカ企業の考えるルールをグローバルスタンダードとして定着させ、そしてプラットフォーマーとして世界から富を吸い上げる。

残念ながらこれが今のインターネットです。そして上記5つの会社がやっていることはまさにその推進です。

だから、小手先でGDPRに対応したようなルールを、アメリカの法曹界が大金を使って構築したようですが全く無駄だと思います。だって、目的は搾取されないことで、手段がGDPRなんですもの。

GDPRに対応したようにしても、搾取されるのならヨーロッパには意味がないのです。

だからこんなに、GDPRってあいまいなのに、賠償金の金額が売り上げの4%とかいう途方もない数字になっているのです。利益じゃなくて売上ですからね。Amazonがいくら利益を投資に全て回していても無駄ってわけです。

 

こういうやり方がダメ

ZDNet Japanというサイトがあって、ここは朝日インタラクティブという会社が運営しています。ZDNet自体はアメリカのサイトということもあり、日本のサイトながらGDPR対応っぽいことをやりだしています。

サイトを開くと、

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。
これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。

 

 こういうメッセージが出ます。で、詳細ページには、特に広告がらみでたくさんサードパーティー(他社)のクッキーを使っていてまた、ZDnet Japanのためのクッキーも使っている。クッキーを使わない設定をブラウザで設定もできるけど、そうするとカスタマイズしたページは提供できなくなるのでできれば使ってね、というようなことが書いてあります。

一番モダンなやり方だと思うのですが、今来ている苦情は、以下の内容です。

GDPRは個人情報の収集を禁じてはいないが、個人情報を収集し、それを処理する場合は、個人の同意が必須であり、また、サービス提供に必要不可欠な情報以外(例えばターゲティング広告のための情報)の収集については、同意しなくてもサービスを利用できるようにするよう定めている。

http:// http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/27/news011.html

 

 同意はしていないし、またサービスに必要のないクッキー(ターゲッティング広告など)については拒否できるようにするべきだろうと言っています。

もしこれをヨーロッパが言葉通り施行するなら、今のモダンなやり方は全部アウトです。このアウトかもしれない方法が、まるで当たり前かのように多数のサイトで実装されているのがちゃんちゃらおかしいと思っています。

 

ヨーロッパの理想は?

ヨーロッパでビジネスするなら、ヨーロッパにデータセンターを構え、データを置き、人を置き、そして持ち出すな。そう言っているわけです。そして勝手に集めるな。集めなくてもサービスしろ。と言っています。

アメリカン・グローバル・スタンダートの否定です。

目的を先に考えれば、今のアメリカが行っている無駄な抵抗を、遅れて日本が実装しようとしてもムダだと思います。昨日も書きましたが今のところジオブロッキングしつつ、ヨーロッパのデータセンターでユニークに行動するのが最適解かなと思います。

きっとヨーロッパの人々は、ヨーロッパに駐在員を置きオフィスを構える企業はそんなに問題視しないと思います。問題は見えないのにお金をぶんどっていくデジタル企業です。苦情先と時価総額ランキングが一致していて笑えました。

繰り返しますがこれは経済戦争なので、技術的に考えるよりヨーロッパの人々のことを考えたほうが得策だと思います。

 

 

欧州GDPR全解明 (日経BPムック) ムック – 2018/5/9