orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。


秋葉原行ってきたけどグラボの無さは異常

f:id:orangeitems:20210429234033j:plain

 

結構長い間、CPUとメモリー、そしてPCケースが余っていて、もったいないなあと思っていたのでゴールデンウィークのうちに、と決心し秋葉原に行ってきました。

緊急事態宣言中で東京都内ってどうなの?、とお思いでしょうが、ほとんどの店はやってました。こりゃあ宣言の意味もないです。この一年間いろいろがんばってきたけれど結果も出ないから、マスクはするけどもう日常を取り戻さないと生きてる意味ないよ、みたいな雰囲気が蔓延してる感じです。

ただ、ラーメン屋に行って思ったのですが、相当飲食店も進化していて、オーダーから精算まで人が全く介在しませんでした。これってDXですね。デジタル処理のなかに食事がある。食事だけはデジタルじゃないけどほかは全部デジタル。こういう体験ができるのは外出ならでは、です。あと、店内、結構人は入ってたのですが、しーーんとしてました。お客さんもできるだけのことをしながら、でもラーメンは食べたいんだ。店も存続してほしいんだ。そんな思いも見えました。

もう、多分、政治の手を離れ、みんなで問題を共有し対処している、そんなフェーズなのかもしれません。

さて、問題のパーツ選びですが、買ったのは、

・マザーボード
・電源
・M.2 SSD(ストレージ)
・GPU(グラボ)
・CPUクーラー、グリス
・ワイヤレスキーボード+マウス(一体型)
・Xboxワイヤレスコントローラー

ということで、何をしたいかって、ゲーム用パソコンを作りたかったのです。Nintendo Switchは最近スペック不足を感じることが多く、だからと言ってPS5は売ってない。それならば・・ということで、パソコンでゲームをしようと言う話です。

親切な店員さんのおかげで、いい感じでパーツをそろえることができました。秋葉原にはまだコンシェルジュ的な店員さんがいらっしゃるので、ECでは味わえない、秋葉原に行って良かったな、というサービスがあります。

で、単に買ってきた、と言う話なら普通ですが、グラフィックボードは非常事態でした。GeForce RTX 3090が30万で売っていて、それで、ミドルレンジ吹っ飛ばして、その下を探すと1050Tiなど、2万くらいのローエンドしかないという始末。

ゲームで例えるなら、エクスカリバーや名刀村正はあるけど、その下はどうのつるぎやこんぼうしかない、という品揃えです。

で、お店まわって、GeForce RTX 1060 Superが少しだけ置いてあったので買ったんですけど、あれは時間の問題出すぐなくなりそうだな・・と思いました。

これ、PS5が手に入らないのと同じくらい、グラボも手に入らないってことですね。ニュースなどで聴いていたのですが、実際グラボコーナーを見て、ガラスケースが空っぽになっていて、驚きました。

もしかしたら、半導体不足の波が、今度はグラボだけではなくCPUやメモリーにも・・なんてことになったら困りますが、物理的にショップから消えるというのは初めての体験だったのでメモがてら。値段が高くなるというのはありましたけど、無い・・とは。

ゴールデンウィークはパソコンを組むか・・という方はお気をつけてください。

 

ちなみに、組み上げたパソコンは超快適に動いてます。特にXboxワイヤレスコントローラーがWindows 10に心地よい。

 

Xbox ワイヤレス コントローラー (ロボット ホワイト)

 

Bluetooth経由ですぐに認識したし、そのままゲームで使えてます。

マイクラダンジョンで二人同時プレイやりたかったのですが、ちゃんと2台のコントローラーで遊べてます。ヌルヌルと。Switch版がカクカクして苦痛だったので、今回4Kの60型のテレビでやってみたいと思い、新しいパソコンを組み上げたのでした。

もうPS5買えない人はパソコンでゲームしちゃったほうがいいかもしれない。

さて、もうゴールデンウィークは外に出ないので、ゲームばっかりやろう、という準備が整った、不要不急じゃない秋葉原なのでした。