orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

作品の作り手に今求められていること

f:id:orangeitems:20210123170717j:plain

 

芸術作品、とまで行かなくても、マンガでも映画でもドラマでもお笑いでもいいのですが、「コロナ禍じゃないとき」の過去の作品は、もう現実とは乖離していますよね。例えばドラマのシーンを見てたって、本当ならみんなマスクをしているはずです。ソーシャルディスタンスも意識しているし、大声を張り上げる人も減りました。現実のコミュニケーションと、作中の人々がズレすぎています。

去年ぐらいだとまだコロナ禍前の記憶が新しかったので別に違和感は無かったのですが、もうダメです。そう考えると過去の作品は全部ファンタジーです。ああ昔はこんなに密だったんだなって頭のどこかで思ってしまいます。フェスの映像とかすごいですね。今、〇〇警察といって、コロナ禍対策できていない人に警告する人がいるらしいですが、本当に〇〇警察なのは新型コロナウイルスそのものだと思っています。だって、気が緩んでいる人から順番に、感染させていきますよね。ここしばらく小康状態なのは緊急事態宣言によって人々の気の緩みが収まったからです。ほんと厄介なウイルスだと思います。

結局、作品を見る我々は環境の影響を色濃く受けるのですよね。例えば戦時中に、平和の映画を見ても没入感はわかないでしょう。欧米のゲームでFPS(本人視点で銃をぶっぱなすゲーム)が主流なのは、兵役に出た経験のある大人が多くてゲーム自体がリアリティーを持つからです。日本国産のゲームにはそこまでああいったゲームがないのは、やはりゲームをする人々に経験が無いからだと思います。

そういえば、サッカーゲームって、ほとんどがテレビのサッカー中継のような画面じゃないですか?。ファミコンのサッカーからの伝統ですが、実際のサッカーってああじゃないですよね。本人視点でボールが飛んでくるはずです。あれも、国民の大部分が自分でサッカーやるより、テレビでサッカーを見ている人が大部分だから、です。

だから、コロナ禍で、家に居てゲームや映画、アニメなどをずっと見てればいいや、とは言いますが、ほとんどの過去作品が、現在の状況を反映していないんです。だから、リアリティーがないので、つまらないんですね。

まだ最近のテレビ番組を見ればいいじゃないか、と言いますが、ここ最近の番組の出演者、マスクを着け始めました。残念ながら、マスクを着けると表情もわからないし音は籠るしで、面白みが激減です。現場の方々は頑張っていると思いますが、一筋縄では楽しくて今っぽい作品はできません。

多少、無理目の演出、コロナ禍前のようなパフォーマンスを見せる人もいるのですが、あれは事前にPCR検査を受けて来たのだか何だかわかりませんが、やっぱり今の現実のやり方ではないので、見てて心配になっちゃうこともあります。結局はこちらが集中できない。

このように、だんだんと我々は、コロナ前の状態をだんだん忘れつつあり、そしてコロナ禍の状況に慣れています。そしてコロナ禍の秩序を乱す人は、ウイルスそのものが罰を下しにくるという仕組みです。ちょっとでも忘れたら、この通りです。そしてその時間が長くなってきて、過去の作品がいっぺんに陳腐化してしまいました。没入感がいろんなジャンルで一気にしぼんでしまった。

かなりのファンタジー世界、異世界ものなら、まだ認知が許すと思います。何せ異世界なので、現実と設定が全く異なっていても受け入れられる。しかし、現実の世界を舞台にしている場合だと、それはおそらく作者の意図が受け手に伝わらない恐れがあります。作者はコロナ前の設定を前提に作りこみますから、受け手が違和感を持つタイミングが日に日に多くなっているのです。

今後、たくさんの作品の作り手に求められるのは、

①収束が今後あると信じて、コロナ前の世界観のものを作り、発表の機会を待つ。
②このコロナ禍にフィットした、新しい概念の作品を作る。
③ファンタジーに徹し、現実とは違うことを強調する作品を作る。

この3つだろうと思います。①の姿勢で様子見をしていた作り手はたくさんいると思いますが、これだけ長期化すると絶望に向かってしまうかもしれません。

②はいくつかの人々がチャレンジしているし、テレビ局の人や出演者は今まさに戦っているのがわかります。いくつかうまくいった番組もあり、引き続き楽しみにしていきたいと思います。

③も一つの手段になりますし、今は最も求められるのかもしれないな、とも思っています。鬼滅の刃の大ヒットもこれを踏まえたものと思います。

何しろ、過去の作品が陳腐化した以上、コンテンツ不足なのは言うまでもありません。今作り手は、様子見ではなくぜひ②や③に挑んで欲しい。それは、もしコロナ禍が収束した後でも一つの武器になるはずですから。