orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

CentOS 8が2021年で終了することに関する基礎知識

f:id:orangeitems:20201209134415p:plain

 

驚きました。

今、目の前にあるCent OS 8は、2021年末でアップデートされなくなります。

 

 

報道

OSDN Magazine

mag.osdn.jp

The CentOS Projectは12月8日、Linuxディストリビューション「CentOS」の開発方針の変更を発表した。「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」互換の「CentOS Linux」からフォーカスを「CentOS Stream」に移すという。「CentOS Linux 8」は2021年に終了するとしている。

 

Gigazine

gigazine.net

Linuxディストリビューションの1つ「CentOS」を開発しているThe CentOS Projectが、軸足を「CentOS 8」から「CentOS Stream」に移すことを明らかにしました。今後、CentOS StreamはRHEL(Red Hat Enterprise Linux)の開発ブランチとして機能していくことになります。一方で、CentOS 8は2021年末をもって終了します。

 

公式ブログ

Redhat

rheb.hatenablog.com

CentOS Projectが今後のCentOSリリースをCentOS Streamリリースに変更していくことを発表しました。 CentOS ProjectがCentOS Stream1本に注力してUpstreamとの連携をより密に行うことで、Linuxのイノベーション推進及びエコシステム構築を加速させることを目的としています。これに伴い、CentOSの各メジャーリリース提供について下記のように変更されました。

・CentOS 9: リリース予定はありません。
・CentOS 8: ソフトウェアアップデート提供は2021年12月31日で終了予定です。
・CentOS 7: ソフトウェアアップデート提供は、RHEL 7と同じく2024年6月30日で終了予定です。変更ありません。
・CentOS 6、及び、それより前のメジャーリリース: ソフトウェアアップデート提供は既に終了しています。変更ありません

 

CentOS

blog.centos.org

The future of the CentOS Project is CentOS Stream, and over the next year we’ll be shifting focus from CentOS Linux, the rebuild of Red Hat Enterprise Linux (RHEL), to CentOS Stream, which tracks just ahead of a current RHEL release. CentOS Linux 8, as a rebuild of RHEL 8, will end at the end of 2021. CentOS Stream continues after that date, serving as the upstream (development) branch of Red Hat Enterprise Linux.

 

 

どうするべきか

もうインストールしてしまったCentOS 8

以下を実行することで、CentOS Stream 8にして、とりあえず運用する。

# dnf install centos-release-stream

# dnf distro-sync

 

これからOSを選択する場合

CentOS 8を選択するのはあり得ない。来年で更新されなくなるOSをどうして今から選択するのか。

むしろ、CentOS 7が2024年6月30日までアップデートされるのでどうしてもCentOSを選ぶならこちらを選ぶべき。

なお、CentOS Stream 8を選ぶかどうかは難しい判断となる。これまでのように、Redhat Enterprize Linux(RHEL)のクローンというような位置づけではない。むしろRHELのベータ版の扱いとなる。

本番環境のOSが、製品ベータ版ですよ、と言う説明が今後通じるかどうか。

他のオープンソースでは、Ubuntuを利用するという手段もある。ただコマンド類や設定ファイル一式が、RHEL/CentOSとは考え方が違うので、今までの資産が使えなくなる可能性大。

そうなると、RHELを使っていく?みたいなこととなり、今後はCentOS/CentOS streamのシェアが下がっていく予想だが、各社がコストアップに耐えられるかどうか。

一方で、Oracle Linuxを使うと言う選択肢もあり、こちらはCentOS同様利用は無料でできる。ただ今のところOracleは無料で利用できると表明しているが将来はわからない。また、パブリッククラウドの仮想OSにおいて利用できるのはOracle Cloudなど一部に限られる。

>>

と言ったところだと思います。

 

いやあ・・これは大変(いろいろ)。