orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

コミックDAYSはいいかもしれない

f:id:orangeitems:20180214213719j:plain

 

これはいいサービスが出ますよ。

www.itmedia.co.jp

講談社は、漫画誌「ヤングマガジン」「モーニング」「イブニング」「Kiss」「BE・LOVE」が読み放題の新Webサイトとアプリ「コミックDAYS」をリリースする。2月15日にWEB版をプレ公開し、3月1日にアプリ版を公開予定だ。月額720円で利用できる(初月無料)。

 6誌を定期購読できるほか、ポイントを使い、作品を1話単位で購入することも可能。1話購入後、その話を含むコミックを1冊分欲しくなった場合は、コミック1冊分との差額を支払うだけで購入できる。書店員による「人力オススメ機能」も備えた。

https://comic-days.com

 

スポンサーリンク

 

これはさすがに私も買ってみます。

 

モーニングもイブニングも昔買ってたので、久しぶりに復帰しようと思います。これやってくれるんなら、小学館とも提携して、値段倍にしてビックコミックスピリッツとかサンデーとかも入れてくれないですかねえ。

 

だいたい出版社で漫画囲い込むんじゃなくて、横断的に使えたらいいのに。スカパーとかケーブルテレビだって、いろんなチャンネル見れるじゃないですか。

いい加減、出版社単位で、基盤作るのやめてほしいんですよね。で、出版社がやめたら電子書籍見られなくなるじゃないですか。

 

とは言えです。

 

読み放題だし、一話単位で買えるし、新しい世代の漫画の読み方になると思います。

 

f:id:orangeitems:20180214213545p:plain

 

はい!

 

あ、そうそう。

講談社が「圧倒的マンガアプリ」「悪魔的Webサイト」として開発してきたサービス。
アプリ開発はグッドパッチが、Webサイト開発ははてなが担当している。

 

おお、いい仕事しますね!!

はてなファンとしてもさらに好感度アップ!!

 

あと、これ運営している人、相当わかってますよ。

 

comic-days.com

その状況は以前からずっと変わっていませんが、
最近は暗いニュースばかりが取りざたされています。

これは私たち出版社の人間が
「やれることをやれていなかったから」

だと思っています。

出版社という立場で、もっとやれることがある。
やれることをやればもっとマンガは盛り上がる。
それくらいのポテンシャルをマンガは余裕で持っている。

なので「コミックDAYS」は
「やれること」をやっていきます。

 

ウルトラスーパーそう思います。このブログでもたくさんそういうことを言ってきました。

「海賊版サイトは潰すのではなく競争して勝つべき」を読んで考える - orangeitems’s diary

力を溜めてたんですね。そうですか。

 

なので、漫画を、漫画家を応援したい人、このサービス買おうぜ!

 

https://comic-days.com