orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

東京47人感染の衝撃

f:id:orangeitems:20200614162247j:plain

 

47人感染

日曜で、ぼーっとテレビを見ていてたところ衝撃のニュース。

 

www.nikkei.com

東京都の小池百合子知事は14日、新型コロナウイルスの新規感染者が都内で47人確認されたと明らかにした。前日から大幅に増加し、5月5日以来の高水準になった。都内の感染者の累計は計55447人となった。

関係者によると、都内のホストクラブで多くの感染が確認された。

 

これ、多分に、重点的に検査したから出てきた数字ですよね。

しかし、もう終わりに向かっていると思いきや、急に増えた。

 

終わっていなかった

何しろ世の中が、平常時にだんだん戻していくシナリオですべてが動いているなかでのこのニュース。こんな数字を出されると、警戒せざるを得ない。

ところが、世の中は既に回り始めていて、来週も外出しなければいけない要件がある。もう店舗も再度の自粛要請には絶対に応えることができない。政府も、もう、ほぼ終わったつもりでその後の経済復興のことばかりが話題に上がっていた。

今後、どんな数字が出てきても、もう「ウィズ コロナ」って言って正面突破するつもりなのでしょうか。おそらくそんなつもりじゃないかと思っていて覚悟は決めていたのですけれども、いざ47人なんて数字を見ると、これは外に行くリスクは日々高まっているのは間違いない。

暑くて湿気があると、とりあえずはウイルスの活動は止まるなんて言う人もいましたが、そんなことも無さそうですよねこの状況。

明日以降の感染者数推移も見る必要はあると思うのですが、ここ最近ですっかり街の様子は元通り。しかも暑さでマスクを外す人も絶対に増えている。

緊急事態宣言解除後はまだ、市中の感染者数が少ない状況で、かつ皆が慎重に動くのでリスクが少なかったと認識しています。が、昨今の状況は悪化してきています。市中に感染者がぞろぞろいる状況が生成され、かつ皆の警戒心が下がっている状態。

外に行くリスクがもぞもぞ上がってきました。

やっぱり、春の一連の努力は、感染拡大を遅らせただけで、ピークはまだ先。そんな話が現実になるかならないかは、来週の感染者数を見て判断したいと思います。

 

第二波が来る前にやること

今日が異常値で、明日からまた減少傾向になります・・だったらいいのですが念のため、今できることを特集しておきます。

 

www.jprime.jp

 マスクやトイレットペーパー、消毒用アルコール、果てはホットケーキミックスまで、品切れ、品薄が続いた緊急事態宣言期間。生活必需品の買い物は禁止されなかったものの、外出頻度を減らす必要があったり、商品購入に個数制限が設けられ、欲しいものや必要なものが買えない事態にも陥った。

 また、家族で長期間、自宅で過ごしたことで、家の中のちょっとした不便に気づいてしまうことも。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、いつ家族や自分が感染したり、感染者の濃厚接触者になったりするかもしれないという不安は、払拭されてはいないし、インフルエンザと同様に冬に再流行する可能性もある。

 今回の経験を踏まえつつ、コロナ流行第2波、および再び発令されるかもしれない緊急事態宣言の際に、慌てない備えとは。

 

www.syogyo.jp

次に、「新型コロナウイルス流行の第2波、第3波を想定し、準備していること」を尋ねると、「マスクや消毒用品の備蓄」が50.5%で最多となり、続いて「生活資金の確保」(34.4%)、「食料品の備蓄」(27.3%)、「支出の見直し」(26%)となった。また、外出自粛を想定し、「自宅のインターネット環境の整備・強化」も12.1%となっている。一方、特に準備をしていない人も24.8%にのぼった。

 

news.livedoor.com

マスクやトイレットペーパー、消毒用アルコール、果てはホットケーキミックスまで、品切れ、品薄が続いた緊急事態宣言期間。生活必需品の買い物は禁止されなかったものの、外出頻度を減らす必要があったり、商品購入に個数制限が設けられ、欲しいものや必要なものが買えない事態にも陥った。

 また、家族で長期間、自宅で過ごしたことで、家の中のちょっとした不便に気づいてしまうことも。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、いつ家族や自分が感染したり、感染者の濃厚接触者になったりするかもしれないという不安は、払拭されてはいないし、インフルエンザと同様に冬に再流行する可能性もある。

 今回の経験を踏まえつつ、コロナ流行第2波、および再び発令されるかもしれない緊急事態宣言の際に、慌てない備えとは。

 

まだ「日常に戻れるかもしれない」みたいな世の中の雰囲気のうちに、必要な物を手に入れておくのは、今できることであると思います。

必要以上は不要ですが、必要な分すら変えなかった記憶の2月~4月。頭をひねって準備を始めます。