orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

Chrome Remote Desktopで、Headless HostのWindows Serverでも1920x1080で使う方法

f:id:orangeitems:20200117190301j:plain

 

はじめに

「Chrome Remote Desktopで、Headless HostのWindows Serverでも1920x1080で使う方法」と書いてピンと来る人は少ないと思うのだが、多分世界で初めての記事なので書いておく。Qiitaでも良さそうな話だけども。

 

 

目的

Google Remote Desktopは超便利です。だってリモートデスクトップのようにポート(3389/TCP)を外部にオープンにしなくても使える。VPNもいらない。Googleアカウントさえあれば、Chromeブラウザからリモートのホストにログインできる。

で、クラウド上のWindows ServerでGoogle Remote Desktop使った人ならわかると思いますが、クラウド上のOSは物理モニターとつながっていません。だから、つなげると解像度が強制的に1024 x 768になってしまう。

 

これを、強制的に1920 x 1080にしてしまうという技です。解像度が高くないと使い物にならないので、絶対これをやりたかったのです。そしてついにやり方にたどり着きました。

なお、やる人は、完全に実施者の責任で実施してください。レジストリを変更する作業です。

私は成功しています。

 

 

方法

(1)該当のWindows Serverにログインしてください。リモートデスクトップでOKです。

 

(2)regeditを起動してください。

 

(3)以下のレジストリ値のサブキーを全て削除してください。

①HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥GraphicsDrivers¥Configurationキー下のサブキーをすべて削除します。

 

②HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥GraphicsDrivers¥Connectivityキー下のサブキーをすべて削除します。

 

③HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥GraphicsDrivers¥ScaleFactorsキー下のサブキーをすべて削除します。

 

参考:https://news.mynavi.jp/article/windows-465/

 

(4)OSを再起動してください。

 

(5)regeditを起動してください。

 

(6)以下の値を変更してください

 

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥GraphicsDrivers¥Configuration¥(何かのサブキー)¥00¥PrimSurfSize.cx

→10進数で1920

 

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥GraphicsDrivers¥Configuration¥(何かのサブキー)¥00¥PrimSurfSize.cy

→10進数で1080

 

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥GraphicsDrivers¥Configuration¥(何かのサブキー)¥00¥00¥ActiveSize.cx

→10進数で1920

 

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥GraphicsDrivers¥Configuration¥(何かのサブキー)¥00¥00¥ActiveSize.cy

→10進数で1080

 

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥GraphicsDrivers¥Configuration¥(何かのサブキー)¥00¥00¥PrimSurfSize.cx

→10進数で1920

 

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥GraphicsDrivers¥Configuration¥(何かのサブキー)¥00¥00¥PrimSurfSize.cy

→10進数で1080

 

※起動時に(何かのサブキー)が作られているはずです。

 

 

 (7)OSを再起動してください。

 

補足

これで、クラウド上のOS(Headless Host=ディスプレイがないホスト)でも、外出先からGoogle Remote Desktopで解像度1920 x 1080でつなげて、リモート管理できるようになりました。

スマホからでもつなげるので素敵です。VPNもいらない。

インターネットから攻撃を受けることもない。Windowsファイアウォールで受信は全て閉めても構わない。送信だけできればOK。

超画期的なので、置いておきます。