orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

Googleマップはスパムだらけ さあみんなで戦おうか

f:id:orangeitems:20190625112028j:plain

 

Google Mapsがスパムに汚されている

Googleマップをお使いの方も多いと思いますが、このままではスパムに汚され、正しい情報が保てなくなる、という記事のご紹介です。

 

ja.dev

・Google Maps最適化、MEO業者は多くが悪質でリスクが有ることを知ってほしい

・Google Mapsの悪質業者、スパマーと戦うために、利用されている方は「情報修正」「通報」の協力をしてほしい

・プラットフォームには、より迅速にガイドライン違反に対処してほしい

 

この記事自体は、Googleマップ上の店舗検索で結果を上位にしようとする業者に仕事を依頼すると危険で、最悪自分の店舗の情報が消え去ってしまうというものです。

この商売のことが「MEO(Map Engine Optimization)」と名付けられていることも驚きですが、その手法にガイドライン違反があり、これが横行しているというのを、一般の消費者は知るべきだと思います。

本当の評判によって上位に検索結果が出るのではなく、誰かがお金を払って上位に見せかけているとしたら、不利益をこうむるのは結局消費者です。Googleがスパムを排除する努力をすることはもちろんですが、利用者である我々もGoogleマップをお掃除するお手伝いができるようなので、積極的に参加していくべきだと思いました。

 

お掃除への参加にあたって

大事なことは、店舗の名前には、店舗の名前しか入れてはいけないことです。

・不可:「役に立つブログ | orangeitems's diary クラウドで働くエンジニアの日々の感想です ほぼ毎日更新」

・可能:「orangeitems's diary」

ということです。わちゃわちゃ店名にキーワードをぶちこんでいくのは、ガイドライン違反です。私も手元のスマホで店舗検索をしてみたら、結構出てきます。この手の規約違反。

 

そこで、このような店舗の名前を見つけたら、「情報の修正を提案」をGoogleマップ上で行うと良いそうです。

 

 ・Googleマップ上で、修正したい店舗を表示

・右上の「 ⋮ 」をタップし、「情報の修正を提案」を選択

・「名前またはその他の情報を変更」

・具体的に名前を修正し、送信

 

この手順でできました。冒頭の記事には写真付きで説明があります。

今後、私も見つけたら、やっていきたいと思います。

また、あまりにも悪質(そもそもそんな店がないなど)であれば、Googleの通報フォームもあるとのことです。英語フォームなのがツラいですが・・。冒頭の記事にそのやり方まで掲載されています。

 

support.google.com

 

お店によっては、被害を受けているかもしれませんので店舗を運営されている方は、方法を覚えておきましょう。

 

Googleマップの深刻な状況

この件は日本だけの問題ではなく、グローバルにGoogleが直面している問題とのことです。今週の記事です。

 

jp.techcrunch.com

Wall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル、WSJ)紙による調査が、Googleマップには偽の企業情報が数百万もあると結論したことに対して、Googleはその問題の対策を詳しく述べた返答を発表した。
WSJがアンケート調査をしたオンライン広告のエキスパートたちによると、「1日におよそ110万件の企業情報が載っており」、毎月新たに数十万件ずつ増えている。偽情報はそれを専門とする企業が作り、顧客は存在しない支社や子会社などをGoogleマップ上にたくさん載せて、検索結果などにおいて自社を競争上優位に見せかけようとする。

 

前段の通り、利用者が積極的にGoogleに報告することにより、より正しい情報が共有されるのであればぜひ協力すべきかなと思います。

冒頭記事への賛同を込めて、たくさんの方がスパム通報に参加してくれるとうれしいです。