orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

ティントリ社、ナスダックから上場廃止決定通知を受け取る

 f:id:orangeitems:20180710112657p:plain

https://finance.yahoo.com/quote/TNTR?p=TNTR

 

ティントリ社、上場廃止一歩手前

仮想ストレージの分野で日本でも評判の高かったティントリ社について、米ナスダックから上場廃止通知をティントリ社が受け取ったと、Buisiness Wireが伝えています。

 

www.businesswire.com

日本語訳:

Tintri, Inc. (NASDAQ:TNTR)は、本日、会社がナスダックより上場廃止決定通知を受け取ったことを報告しました。ナスダック上場規則5250(c)(1)、4月末の四半期報告書(Form 10-Q) 30,2018の提出、の要件を満たすことができなかったため、同社の有価証券を上場廃止を決定するということです。当社が上場廃止決定の控訴を要求しない限り、2018年7月12日より当社の普通株式の取引は中断され、ナスダックは証券取引委員会にForm 25-NSEを提出し、ナスダックに上場し登録している同社の有価証券を廃止します。当社は現在、上場廃止決定の控訴を提起するかどうかを決定していません。

 

このまま、控訴されない場合、明後日2018/7/12(木)には上場廃止です。もともと四半期報告書すら出せない状況であり、かなりの窮地ではないかと思います。

 

現在の状況

ティントリが経営危機という記事を数日前に書きました。アメリカでは上記のような状況ですが、今一つ日本では話題となっていないように思います。

The Registerはもっと詳細に、世界の状況を記載しています。

 

www.theregister.co.uk

日本語訳:

スローモーションティントリ列車のクラッシュが続く:ヨーロッパ各地の事業所は閉鎖に

Reg(このメディアの記者)はボイスメールのボイドに叫ぶ:誰か家にいる?

ティントリは、社内関係者の主張に基づいてEMEA全体をシャットダウンし、顧客は認識可能なサポート機能を持たず、一部のスタッフは6月または解雇手当無しで解雇されたと語った。

徐々に脱線しているフラッシュストレージ会社は、1週間前に、200人のスタッフが斧をかけて40〜50人の頭を残していることを明らかにし、Regに、キャッシュフローが6月末までに乾ききったと語った。

スイスに拠点を置くTintriの上級システムエンジニアOlivier Metzgerが、EMEA全体の全組織が6月29日に閉鎖したと主張した。

 

 

※(上記ツイート日本語訳)昨日、ティントリのすべてのヨーロッパ支社はクローズした。私の最後の素晴らしい従業員とユニークなプロダクトとの営業日だ。ファンタスティックなチームよ、ありがとう。わたしの兄弟が全て良く、戦い続けることを望む!

 

社内関係者は、米国事業のスタッフは6月に支払いがあり、40人の部門長は残されたことを明らかにした。さらに、スイス、アイルランド、南アフリカの労働者も6月に賃金が支払われたが、英国、ドイツ、オランダの労働者は支払われていないと述べました。ティントリ・ジャパンも同様に閉鎖されているという。

6月29日金曜日、ビジネスが閉鎖されていると言われていた元従業員の一人は、「彼ら(ティントリの経営者)は給与や祝祭日や解雇手当を支払うことを拒否した」と主張した。

El Regはさらに、閉鎖以来、20人以上の英国人スタッフが弁護士を任命して、彼らの集団代表を代理して裁判所に訴訟を起こすことを知っています。

ティントリはサポート上の苦情を無視していると話していました。顧客サポートはアイルランドに拠点を置いていましたが、その営業は1週間前に閉鎖されていました。「顧客はサポートがないまま置き去りにされてしまった。クライアントは簡単に言えばないがしろにされている。」

Ex-Tintriのスタッフは、スミス&ウィリアムソンが英国のビジネスを清算するよう任命されたと一貫して主張してきましたが、スミス&ウィリアムソンはこれが事実ではないと繰り返し言いました。ロンドンの官報には、任命を確認する裁判所命令は出されていない。

ティントリの英国、アイルランド、米国のサポート番号への電話は、ボイスメールに直結しています。録音されたメッセージはティントリが構造的な変化を遂げていることを示し、同社はサポートを提供し、発呼者に詳細を残すよう頼んだ。

つまり、現時点では顧客はサポートを受けておらず、インストールされたティントリの機器は寿命末期に分類されている可能性があり、潜在的な移行の課題となっています。

サプライヤーとディストリビューター、および他のチャネルメンバーは、請求書に目を向けます。ティントリの契約製造パートナーであるFlextronicsは6月16日、ティントリがFlextronicsに支払っていなかったため、両者の合意に違反していたと同社に語った。その結果、Flextronicsはティントリ用の部品の製造を止めました。血みどろの詳細はSEC 8Kファイリングです。

第2の独立した元ティントリ従業員は、これを個人的なメッセージで確認しました。

その一方で、以前は人気のあるフラッシュ会社が熱烈な功績を味わっていた場所に対して、多くの人々がグラスドー(職業あっせんの会社)に不平を伝え、いくつかは賃金の喪失をもあった。

ティントリの取締役会は、会社のIPや破産を売るなどの選択肢を探している。出版時点では、関連する提出物は見つからなかった。

 

かなり具体的かつ詳細に伝えていますが、日本では、ユーザーはきちんと認識しているのでしょうか。ティントリの日本語記事は、機能のすばらしさの記事ばかりで、国内動向がどうなるか不安になってしまいます。

(おそらく、販売代理店を通じて内々にユーザーに伝えられ、現在保守を受けられないこと、およびその代替策を話し合っているのだと思いますが)

 

まとめ

ここ最近記事にしたように、ストレージはシステムの要、経営そのものなので、選択は慎重にすべきです。生々しい記事に震えが来てしまいました。

 

続き

上場廃止を待たずして破産申請を行った模様。

ティントリ社、破産申請を提出。焦点はDataDirect Networksの救済可否へ - orangeitems’s diary

 

 

IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術