orangeitems’s diary

クラウドで働くエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

「Google Chrome」衝撃の誕生秘話、がスゴイ

f:id:orangeitems:20190313010559j:plain

 

Chromeの誕生秘話(ジョーク)

Webブラウザの王様、Chromeの誕生秘話を見つけました。

ちなみに間違いなくジョークです。

 

gigazine.net

今年(2008年)9月にGoogle社からベータ版が公開されたウェブブラウザ「Google Chrome」。そのGoogle Chromeの誕生に関する衝撃イラストがあるようです。このイラストを見れば、Googleが圧倒的な力を持っている事が分かります。

このイラストを見たとき「そんなばかな!」という衝撃が走ること間違い無しです。

 

イラスト(引用)

記事中のネタ元のブログではもう絵がなくなっているので、Gigazineさんから引用いたします。

 

f:id:orangeitems:20190313005659p:plain

(一コマ目)Windowsを見て、こいつをどうしようかと考えるGoogle。
(二コマ目)Windowsを握りつぶして…
(三コマ目)出てきたのがGoogle Chrome。

引用元:GIGAZINE

 

ひぇ・・。

 

10年経って考える

2008年にChromeが世に出てきた時に、Windowsを打ち負かすだろうとたくさんの人々が思ったのですが、10年経ってみるとWindowsは相変わらずOSの本流です。そして、そこで一番使われているブラウザがGoogle Chromeであり、Microsoft Edgeもこの前、Chromiumベースになるという発表がありましたね。

 

forest.watch.impress.co.jp

 米Microsoftは12月6日(現地時間)、「Microsoft Edge」を「Chromium」ベースへ移行する計画を発表した。市場で圧倒的なシェアを握る「Chromium」と互換性を持たせて、異なるエンジンが乱立する“断片化”を防ぎ、よりよいWebを実現するためであるという。

 

結局握りつぶしたのは、Windowsではなくその上のIEだったわけで、Chrome OSはどうにもマイナー扱いです。Googleの強いところはそういうところで、相手を打ち負かさずに、どんな相手でも付き合おうとするので、勝つと言うよりは負けない戦いがうまいなあという感想です。ChromeはiOSにもAndroidにもMacOSでも、はたまたLinuxでも動きます。Google IDで連携出来てああ便利。強い。

 

しかしまあ上の絵、ジョークなのはわかっているのですがよくできてますよね・・。