orangeitems’s diary

40代ITエンジニアが毎日何か書くブログ

会社の評価制度を読み込む時間があるくらいなら、仕事をした方がいい

 

会社の評価制度なんて後付けなんだ。

この人材は、上に上げないといけない、部門の、事業の、いや、会社の将来がこの人材にかかっている、と上長が考えたら、評価制度なんて後付けである。上げることを前提に、どうやって採点すれば上がるのかという逆算を始めるのだ。

こういうときに、自己評価でいくらつけていても、完全に無視される。上書きして、ものすごく高い得点を付けられる。なんだよそれ、っていうぐらいの点数になる。

評価制度は逆の意味を持つ。無駄な昇進を無くす。アピール好きの社員の言っていることを真に受けるとどんどん評価が上がって無駄な人件費が増えてしまう。そもそも、全ての個人が自分をいい評価に付けたほうが給料が上がる方向に向かうので、全員の評価を合計して平均すると、必ず中央値(=上でも下でもない普通)よりも上の結果になる。

これは、業績が悪い時でも同じだ。会社の業績が低いのに、全員の自己評価の平均は中央よりも上ってんだから、人の欲の皮は厚いのである。

なぜ、上に引っ張られるかと言うと、「がんばったから」という主観的なパラメーターが必ず反映されるからだ。こんなに会社のためにがんばったんだから、業績は悪いけれど、もっと評価されなかればおかしい、と。

ま、これは正直言って、そんな甘い話はない。無い袖は振れない。会社の業績が上向くことでプラス評価の原資は生まれるし、結果に対して評価もできる。がんばるのは、実は当たり前。がんばってないならマイナスだけど、がんばったからといってプラスじゃないだろう。むしろ勤務時間なんだから働くのは当たり前なくらいである。

結果的に、こういう人間の欲から会社をプロテクトするために、会社の評価制度がある。評価を抑え込む時にその理由付けがあらかじめしてあるから、会社が素直に評価を落とすことができる。もし何の理由付けもないと「でたらめに気分で付けているのだろう」、と糾弾されて、毎年の評価の季節がいつも炎上することになろう。

だから、この評価制度ってものは、前提として昇進しなければいけない理由が後ろに備えているかどうか、で全く使い方が変わってくるものである。明確な結果と、それを評価する上司と、会社の了承。全体がかみ合ったときに、今までの理解を超えて良い点が付くようになっているので、こんなものの攻略に時間を使うくらいなら、仕事に注力をして、結果を出して、「あ、この人材を重用しておかないと、会社まずいな」と思わせることの方が100倍重要なんだと思っている。

そういや、自分自身がマネジメントに立つ場合は、部下を抑え込むために、会社の評価制度を予習しとかなきゃいけないので、そういう意味では、読み込む仕事ってのもあるわけだけども、ね。