ブログ+Googleアドセンス、の組み合わせは終わった気がした。

f:id:orangeitems:20220208010051j:plain

 

アフィリエイトと、ブログのようなWebメディアの相性がぴったりだったのは、過去になってしまったように思う。おそらく、iPhoneにおいてターゲッティング広告を実質禁止にしたことがすごく関係しているように思う。過去は自分がインターネット上で起こした行動を横ぐしで監視されていて、広告の内容に反映されるようになっていた。ところが、これはユーザーのプライバシーに対する侵害ではないかという声が上がった。そのために、特にiPhoneではこのあたりの活動を制限されているので、実質、広告がユーザーの嗜好と異なるものが表示される。その結果広告に対する反応が激減し、アフィリエイトを利用する私のようなブロガーもその影響を受けたのではないか・・と予想している。

肝心のGoogle社は、どうも動画広告の方を伸ばしていてこちらはターゲティングすることはなく、かつ確実にCMのコンテンツを見せることができるので、お金はこちらに動いているように思える。

ユーザーの、アフィリエイトっぽいバナーを見た時の読み飛ばし方もどんどん洗練されているように思い、いくら広告をペタペタ貼ったところで、読みにくくはなるわ、内容はユーザー行動とかけ離れていて興味を惹かないわで、何重苦も発生しているように思う。

したがって、一度考え直した方がいいな、とブログを見直し、読者層に刺さることを前提とした広告だけしか貼らないようにしようと思った。

具体的にはGoogleアドセンスの場合、Google社がうまいことユーザーに刺さる広告を探して貼ってくれる、という前提があった。これが壊れていて、コンテンツのノイズにしかならない上に実際の収益も落ち込むのであれば、誰が得するんだ?というぐらいの話になっている。

そもそもの広告の考え方は、コンテンツと親和性の高いCMを打つべきだ。コンテンツと関係のないCMは無意味だろう。だから、自動で広告を貼ってくれるシステムはありがたかったけれど、それが機能しないことがもはや歴然としているならば、見直さなければいけないし、その段階に来てしまった。

コロナ禍が関係しているのかとも思ったが、ここまで続くと、季節性のものとも言っていられない。

しばらくは試行錯誤とはなるけれど、いろんなことをやってテストしてみたい。広告は混とんとしているが、幸いにブログも、著者も元気なので、いろんなことをして新しいブログ運営の在り方を考えてみたい。

もしGoogleが新しい方法を試すというなら、再度乗ってみたいとは思うが、現行の方式については見切ろうと思う。

何か方法はあるはずだ。

※かろうじてタイトル下だけは残す。