orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

Windows 11のブラックスクリーンとはこんな画面

f:id:orangeitems:20211110234302p:plain

 

Windows 11から、伝統のブルースクリーンがブラックスクリーンになったとは聞いていましたが、お目にかかることが無ければいいなと思っていました。が、今日早くも遭遇してしまいました。上記がその画面です。

スペックのいいパソコンだったので、このエラー情報の収集の画面も20秒くらいで消えましたから、さっとiPhoneを取り出しカメラを押すまで緊張が走りました。

昔は、「0xAAAAAAAA」みたいなエラーコードだったのですが、これを止めて、UNEXPECTED_STORE_EXCEPTIONという、人間でもわかりやすいエラーコードになったようです。

 

マイクロソフトの解説ページがあったのでリンク。

 

docs.microsoft.com

UNEXPECTED _ STORE _ EXCEPTION バグ チェックの値は 0x00000154。 これは、カーネル メモリ ストア コンポーネントが予期しない例外をキャッチしたと示します。

 

よくページを見ると、イベントビューアを見ると何か乗ってるかもよと。

確かに乗ってました。

 

f:id:orangeitems:20211110232925p:plain

 

「デバイス \Device\Harddisk1\DR1 に不良ブロックがあります。」というエラーのあとに再起動してますから、まあ十中八九これでしょうねぇ・・。

で、この \Device\Harddisk1\DR1 ってどこなんだと。私のパソコンはいっぱいストレージがくっついてて、Gドライブまであるのだが。

 

Microsoftのコミュニティーに記事がありました。

\Device\Harddisk1\DR1 に不良ブロックがあります。 DR[x] の数字について

 

まあ、「管理ツール→コンピュータの管理」にある「記憶域→ディスクの管理」で、ディスク1と書いてあるディスクのことなんだろうな・・と。

 

f:id:orangeitems:20211110233710p:plain

 

で、私のパソコンだとGドライブで、なんでGドライブの不良ブロックのせいでOSごと落ちるんだろと思っていたら、気が付きました。

Gドライブに大きいスワップファイルを作っていて、これがまさに原因でした。そりゃ、スワップファイルの出力領域に壊れたディスクを使っていたら、場合によって落ちるわなそりゃ、UNEXPECTED_STORE_EXCEPTIONだね、と。

 

f:id:orangeitems:20211110233834p:plain

 

これでトラブルシュート完了です。時間があるときにGドライブのスワップファイルは別のドライブに移しておきます。

メモリーのトラブルみたいなことがUNEXPECTED_STORE_EXCEPTIONの解説文に書いてあったのですが、そりゃ、スワップファイルに指定したらメモリ扱いされるよね、と。

 

まあこういうトラブルシュートは仕事で身に着いているので自然にできますが、とにかくブルースクリーンじゃなくてブラックスクリーンになっているので、今後コミュニケーションの時には気を付けないといけません。

インターネットに、ブラックスクリーンのスクリーンショットが見当たらないので参考のために載せておきます。