orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

週5オフィス出勤にはなりえない理由

f:id:orangeitems:20210531162149j:plain

 

オフィスで働く意味とは

オフィスに戻ったとする(戻ったとは言ってない)。

でも、私もメンバーも、離れて仕事することをしっかり身に着けたのでデスクに座って仕事するとしても、リモートツールを駆使して仕事するやり方は変えない。

もっと言えば、オフィスに戻って仕事をすることに理由が必要となる。

100%オフィス?、それって、かなり無駄だと思う。

通勤時間の問題だ。毎日往復で二時間を費やしていた。

あの時間が毎日浮いている。

週にして10時間。この10時間で別のことができることはもう誰も手放したくない。

手放すとしたら、理由が必要だ。

合理的な理由がないのに、なぜ鉄道会社やバス会社に余計なお金を支払ってまで、時間を費やすの?

ということでオフィスで働く意味を再度考えてみる。

 

オフィスに行かなければいけない理由を検討してみた

顔を合わせて働かないと、社員間の一体感が生まれない

・顔を合わせて働いても、生まれない人とは一生生まれそうになかった。

・毎日会わなくてもいいでしょ。家族じゃないんだから。

・一体感があろうがなかろうが辞めるヤツは辞める。

 

他社の人と自社の会議室で商談しない

・商談があるときだけオフィスに行けばよくない?

・Web会議がほとんどなら、家からの方がかえって環境がいい

 

イベントに行くのがおっくうになる

・最近はオンラインばかり

・オフラインがあるときだけ出社する

 

別部署とのコミュニケーションが減る

・出会うためだけに週5は無理がある

・週2で曜日を決めて出社するなど、在席のバランスを考えるのが良さそう

 

雑談が減る

・雑談なんて基本的には減った方がいいでしょ仕事して

・減り過ぎが問題ということであればやっぱり週2ぐらいが良いかと

 

経済まわらん

・いやまわるよね

・都会に意味なくすし詰めで集められたんだ私たちは

 

経営者が寂しい、社員に会いたい

・利益出ればいいでしょ

・社長室でも作って、取り巻きだけ出社必須にすればいいよ

・週2ぐらいで出社させれば十分でしょ毎日話すわけじゃないだろうし

 

リアル会議のほうが白熱する

・白熱しないリアル会議をたくさん経験したので信じない

・白熱するリアル会議は、白熱するWeb会議にもなるから大丈夫

 

オフィスに行った方が仕事してる風じゃん

・仕事してる風のためにオフィス行きたくない

 

オフィスに集めると上司が監視してるからメンバーの仕事の効率が上がる

・最悪な考え方

・監視する暇がある上司は仕事して

 

やっぱり週5はないわ

ということで、どう考えても週5はない。

世の中が正常化したとしてもだ。

たまーに週5オフィスなんて忙しい期間もあってもいいけど、年中週5とかってどんな状態?。

ちゃんとマネージャーが仕事を配れるなら、メンバーは絶対さぼらない。だって数時間後「できてませーん」なら怒られる。それはリアルでもWebでも一緒だ。

結局、今、緊急事態宣言やまん防でテレワークが完結できてるなら、これはアドバンテージだ。週5に戻すなんていうのは、もはや何の論理も感じない。

この1年半、リモートで仕事を完結させるためにいろんなPDCAを繰り返し、かなり洗練されてきた。

これに、オフィスという新しいツールが加わるぐらいの思考がふさわしいだろう。

ツールなだけに、正しい論理がなければ、いたずらに使うのはまずい。

せっかく積み上げたものを、また無にしてしまうのだろうか、それはない。

明日じゃないが、もうすぐ、世の中は正常化する。

それを見越して、立ち回りを考え出さないとなと考える毎日である。