orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

Web会議の音質を決めるのは高品質マイクに非ず

f:id:orangeitems:20210311164430j:plain

 

Web会議に引きこもって最早半年で、全てがWeb会議で回っている私ですが、参加して役に立ちたいなら画質や音質に気を付けると言うのは同意です。

でも、これだけ長い間関わってきてわかるのは、マイクの差でそこまで大きなインパクトはないということです。とはいえ、ノートパソコンに付属しているマイクは頂けない。少しパソコンから離れただけで音を拾わなくなる例は良く観ているので、総じてあまりいい機械が付いてないんだろうと思います。

私が使っているのはこれ。

klsjp Gsou T16s 1080P HDウェブカメラ

 

まあでも、ごく普通のフルHDのWEBカメラであればだいたいマイク内蔵です。その程度でも私の音声はとてもきれいだといつも言われます。

一番の違いが出る原因は「ネットワーク」です。必ず有線が良いと思います。オフィスで無線LAN経由で使っている人の音声も良くない。自宅から無線LANでWEB会議している人の音声も良くない。ついでに言えば映像も良くないです。

無線LANは、最近Wifi6という規格が出て、対応しているiPhoneからの通信品質はとても良くなった印象ですが、パソコンにおいてはまだWifi6に対応している機械はほとんどありません。

そうでないと、家じゅうのWifiを使っている機械の電波と輻輳を起こし、たまに音声や画像が揺らぎます。これが私は、Web会議上の最大のボトルネックになっていると思います。

私は家にブロードバンドを引いて、その上で有線でパソコンまでつなぎこんでいますので、Web会議になると無双状態になります。一番聞こえやすい人画像が良い人は、やっぱり会議でも目立つことができます。

声が途切れ途切れだと、参加者も大いに困りますからね。

Web会議に使うパソコンはぜひ有線LANでをお勧めします。マイクはWebカメラ付属のもので全然問題ありません(会議ならね、音楽レッスンとかだとやっぱりマイクは別途必要に思う)。

 

ちなみに、家にLANケーブルをはわせるのなら、こういうのを買うと便利です。

monofive 配線固定用 粘着式ホルダー50個 (各種フラットケーブル対応) MF-HFLC2-50W

 

で、LANケーブルはできるだけ薄い細いやつにする。

サンワサプライ CAT6フラットLANケーブル (15m) 1Gbps/250MHz RJ45 ツメ折れ防止 ホワイト LA-FL6-15W

 

そんでもって、家の中はWifi 6で、かつメッシュで機械を家に3台ばらまくという徹底さです。

 

www.orangeitems.com

 

もともと、インフラエンジニアで、家にパソコンが何台もあって、そして安定通信が欲しかったのでLANケーブルを壁にはわせて十数年、という生活をしていたのですが、このコロナ禍になって、まさかこんなに家のインフラが役に立つとは思いませんでした。

私も、はじめはマイクを疑って、USBマイクでWeb会議やってたんですが、いろんな人と会議してみて、こりゃマイクは二の次でまずは回線、しかも有線だな、という結論に達したという経緯です。

多分テレワークで生産性が悪いと言う人は、ノートPCで小さな画面で一日中作業したり、無線LANだったり、いろいろあるんだろうなと思います。ちゃんと強化した環境だと、こんなに快適な環境ないな、と思います。