orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

VMware利用者が憂鬱になる「Flash終了」、サポート終了が迫る

f:id:orangeitems:20200919112608j:plain

 

「Adobe Flash Player」のサポート期間が2020年12月末で終了する件は、Chromeを起動すると上部でアピールしてくるので誰しもご存知かと思います。

 

internet.watch.impress.co.jp

 「Adobe Flash Player」のサポート期間が2020年12月末で終了するのを控え、米Microsofが、同社のウェブブラウザー製品における対応予定についての最新情報を発表。ユーザーや企業にあらためて注意を呼び掛けている。

 Flash Playerの提供元のAdobeは2017年7月、利用者の減少や、HTML5、WebGL、WebAssembly版への切り替えを理由として、2020年12月31日にFlash Playerのサポートを終了することを発表していた。

 週明け9月23日には、その期日まで残すところ、あと100日を迎えることになる。

 

で、VMware利用者ならわかると思いますが、vSphere Web ClientがFlashベースで作られており、現行主力の5.5、6.0、6.5利用者辺りは、どうなるんだろこれ、って思われているかもしれません。もしくは、Chromeは年末で削除するのはわかった、でもIE11からならアクセスできるでしょ、と思われているかもしれません。

しかし・・、この記事にあります通り、IE11自体からも2021年夏には使えなくなる模様。光明としては、

 

 Flash Playerに依存する基幹業務アプリケーションを2021年以降に利用する場合には、Adobe社の継続サポートを利用可能。Microsoft Edgeでは、Internet Explorerモードで実行する場合にAdobe Flash Playerをプラグインとして読み込めるようにするという。

 

とあり、新EdgeのIEモードでギリギリ使えるらしい・・。

 

ということで、やたら面倒なことになりそうなので、VMwareでFlashを使わないでもよくなる方法、ということで文書を紹介しておきます。

 

blogs.vmware.com

明らかなように、vSphere Web Clientは、間もなく廃止されるAdobe Flashを使用しています。2020年12月までに、アドビはFlashのサポートを停止し、すべてのブラウザーベンダーがこのスケジュールに沿ってFlashの実行を無効にします。この廃止により、ブラウザが最新バージョンにアップグレードされたときに、お客様の環境でFlashクライアント(vSphere Web Client)が機能しない可能性がある約11か月の期間があります。

VMwareの推奨事項は、vCenter ServerをvSphere 6.7 Update 3にアップグレードし、HTML5ベースのvSphere Clientを使用してvSphere環境を管理することです。Flash Clientのサポート性に対処する方法として、ESXiホストを6.7バージョンにアップグレードする必要はありません。6.7 vCenter ServerはvSphere 6.5 ESXiホストを管理できることに注意してください。

 

ですから、とりあえずvCenter 6.7 Update 3にvCenterを移行してしまえば、HTML5ベースのvSphere Clientを利用し続けられる・・ということです。

なお、ぶらさげるESXiのバージョンについては下記の通り。

 

docs.vmware.com

vCenter Server6.7 では、ESXi バージョン 6.0 または 6.5 のホストを ESXi 6.7 ホストと同じクラスタで管理できます。vCenter Server 6.7 は ESXi 5.5 以前のバージョンのホストを管理できません。

 

Flash断ちをするためには、vCenterは6.7u3以上、ESXiは6.0以上ということになりそうです。

 

・・が、バックアップにVDP (VMware Data Protection)を使っている人は注意。VDPはvSphere 6.5までしかサポートされていないので、vCenterを6.7に上げるということはVDPが実質サポートされなくなるということを示しています。

でも、vCenterが6.5のままだと、Flash断ちできず、HTML5ベースのvSphere Clientは不完全・・。システムバックアップをVDPから脱却するという重荷を、Flash断ちのために背負わされるということになります。

ということで、Microsoftが何とか新EdgeのIEモードでFlashを使えるようにしてくれることを願うしかなくなっている現状。Flashベースの管理画面がVMware以外にどれぐらい残っているかわかりませんが、世の中の人々はFlashがそこまで基幹システムに入り込んでいるなんて、想像だにしていないでしょう。

 

VMwareがFlashを一時的にでも選んでしまったばかりに、VMware利用者は2021年になった途端、慌てふためくのが目に見えます。

6.7u3にするか、7.0にするか・・うーん。

計画的に進めましょう。