orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

情報処理技術者試験の続報(2020秋期について、2020/6/23現在)

f:id:orangeitems:20200623091913j:plain

 

2020年春期は完全にお流れになってしまった情報処理技術者試験、もうそれどころじゃないというので、受験しようとしていた皆様もすっかり頭の中から消え去っているかもしれません。

さて、IPAは以下の方針を先月末に発表しています。

 

www.jitec.ipa.go.jp

 令和2年度春期試験の実施の取りやめ(中止)に伴う代替試験、及び秋期試験の実施につきましては、現在、その可否を含め検討を進めておりますが、今後のおおよその参考となるよう、現時点における検討状況を以下のとおりお知らせします。

 ただし、新型コロナウイルス感染症の今後の状況等により、内容が変わる場合がありますのでご留意ください。決まり次第、ホームページで公表いたします。

中止になった以下の春期の試験区分については、10月18日(日)に実施する方向で検討しています。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染予防確保等の状況から、10月18日(日)に実施する試験区分は、以下の試験区分のうちの一部となる可能性があります。その場合、SG、FE、APを実施し、PM、DB、ES、AU、SCについては、本年11月以降の実施を目指します。

  情報セキュリティマネジメント試験(SG)
  基本情報技術者試験(FE)
  応用情報技術者試験(AP)
  プロジェクトマネージャ試験(PM)
  データベーススペシャリスト試験(DB)
  エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)
  システム監査技術者試験(AU)
  情報処理安全確保支援士試験(SC)

例年、10月に実施する以下の秋期の試験区分については、本年11月以降に実施する方向で検討しています。

  ITストラテジスト試験(ST)
  システムアーキテクト試験(SA)
  ネットワークスペシャリスト試験(NW)
  ITサービスマネージャ試験(SM)

(注)例年、年2回実施している試験区分(SG、FE、AP、SC)については、以上のとおり、令和2年度における実施は、年1回となります。

・令和2年度春期試験において一部免除(基本情報技術者試験の午前試験免除、高度試験、情報処理安全確保支援士試験の午前Ⅰ試験免除)を受験申込み時に申請していた方につきましては、令和2年度春期試験実施の取りやめ(中止)によって不利とならないよう、一部免除申請が可能となる期間を延長いたします。詳細につきましては、決まり次第、ホームページでご案内いたします。

 

これまでの秋期試験の通りであれば、下記が10月18日(日)に行われたはずでした。

・情報セキュリティマネジメント試験(SG)
・基本情報技術者試験(FE)
・応用情報技術者試験(AP)
・ITストラテジスト試験(ST)
・システムアーキテクト試験(SA)
・ネットワークスペシャリスト試験(NW)
・ITサービスマネージャ試験(SM)

 

今回の発表においては、下記の日程が最有力となります。

●10月18日

・情報セキュリティマネジメント試験(SG) 春秋
・基本情報技術者試験(FE) 春秋
・応用情報技術者試験(AP) 春秋

●10月18日もしくは11月以降(①)

・プロジェクトマネージャ試験(PM) 春
・データベーススペシャリスト試験(DB) 春
・エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES) 春
・システム監査技術者試験(AU) 春
・情報処理安全確保支援士試験(SC)春秋

●11月以降(②)

・ITストラテジスト試験(ST) 秋
・システムアーキテクト試験(SA) 秋
・ネットワークスペシャリスト試験(NW) 秋
・ITサービスマネージャ試験(SM) 秋

 

つまり、春の代替試験(①)が10月18日なのか11月以降なのかはまだ未定です。また、春の代替試験(①)と秋の試験(②)が同日になる可能性は残ります。

また、11月以降と言っている試験群については同日であると考えた方がいいと思います。午前の試験は基本的には全ての共通ですから、日を分けるのは現実的でないからです。

 

今のところ①と②は両方ねらうのではなくどちらかに絞るのが良いと思います。まだ時間はあるので、とりあえず午前対策をしておき、今後の推移を見守りましょう。

(追記)初稿に「情報処理安全確保支援士試験(SC)」が抜けていたので追記しました。まぁ10月と11月に2回受けられることはないですよねぇ・・。

 

あっという間に秋になりますから、そろそろ、勉強を再開する時期、ですね。

同業者の方、がんばりましょう。