orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

非常事態、かつ未知の状況においては、人間はより感情的になるということ

 

f:id:orangeitems:20200314114949j:plain

 

アメリカで非常事態宣言

アメリカで非常事態宣言が出ましたね。

 

www.newsweekjapan.jp

トランプ米大統領は13日、新型コロナウイルスへの対応で国家非常事態を宣言した。同宣言により、約500億ドルの連邦政府の支援金提供が可能となる。

トランプ大統領は記者会見で「状況は悪化する可能性がある。今後8週間が重大な局面となる」とし、「連邦政府の全権を解き放つために、非常事態を宣言する」と表明した。さらに同宣言によって「新型コロナ対応に向け最大500億ドルの拠出に道を開く」と述べた。

 

これを受けて、アメリカの株式は「史上最大の上げ幅」を達成しました。前日には「史上最大の下げ幅」を達成した後にです。

 

www.nikkei.com

13日の米株式市場は3日ぶりに反発し、ダウ工業株30種平均は前日比1985ドル00セント(9.4%)高の2万3185ドル62セントで取引を終えた。上げ幅は過去最大。トランプ米大統領が新型コロナウイルスに関して国家非常事態を宣言し、政策を総動員する姿勢を示したことで米景気に対する投資家の不安心理が後退した。1日の騰落幅は初めて5日連続で1000ドル超となった。

 

ちなみに、日本でも非常事態宣言を出すことがいつでもできる、という状況まで来ました。

 

www3.nhk.or.jp

新型コロナウイルス対策の特別措置法は、参議院本会議で採決が行われ、賛成多数で可決・成立しました。さらなる感染拡大に備え、総理大臣が「緊急事態宣言」を行い、都道府県知事が外出の自粛や学校の休校などの要請や指示を行うことが可能になります。

新型コロナウイルスのさらなる感染拡大に備え、総理大臣が「緊急事態宣言」を行い、都道府県知事が外出の自粛や学校の休校などの要請や指示を行うことを可能にする特別措置法案は、12日、衆議院を通過し、13日、参議院内閣委員会で質疑と採決が行われた結果、賛成多数で可決されました。

 

考察

非常事態と言ってもいろいろな状況があるものの、今回は百人に聞いて百人とも非常だと思える説得力のある状況でしょう。

非常とは、常では非ずということですが、これにも増して前例がないという意味も加味していると思います。AIの作りを考えてもわかりますが基本的に過去の情報を類推して人間は行動を決めます。しかし、過去の情報が全くないので評価のしようがありません。今回わかったのですが、人間の脳は、そのような未知な状況に陥った場合、より感情的な反応をします。テレビのワイドショーを見ていると、出演者が感情を露わにしていませんか?。より不安に触れたり急に安心したりとエモーショナルになってしまうのは発見でした。

アメリカの株式(ダウ)の一週間の値動きを並べてみます。

 

2020/3/10 23,851.02 -2,013.76
2020/3/11 25,018.16 +1,167.14
2020/3/12 23,553.22 -1,464.94
2020/3/13 21,200.62 -2,352.60
2020/3/14 23,185.62 +1,985.00

 

上がったり下がったりを繰り返していますが、月曜日と金曜日の終値は600ほどしか差がないのがわかります。振れ幅は大きいのですが、感情による判断が大きいので、不安になったり安心したり、目まぐるしく人間が揺れ動いていることがわかります。

ですから、今行うべきことは、感情に流されないことです。不安だからこうする、安心したからこうする、ということを極力やめる。中長期的な目線を持って冷静に行動する。わからないばあいはわからないと認め、わかるまで何もしないことが重要ではないかと思います。

ちなみに、参考までに一か月のデータも置いておきます。2月末にそこはかとない不安が増殖し、3月に入って不安と安心が大きく左右に揺れ、今週、それが増幅していることがわかります。

 

平常

2020/2/19 29,232.19 -165.89
2020/2/20 29,348.03 115.84
2020/2/21 29,219.98 -128.05
2020/2/22 28,992.41 -227.57

押し寄せる不安

2020/2/25 27,960.80 -1,031.61
2020/2/26 27,081.36 -879.44
2020/2/27 26,957.59 -123.77
2020/2/28 25,766.64 -1,190.95
2020/2/29 25,409.36 -357.28

不安と安心が入り混じる

2020/3/3 26,703.32 +1,293.96
2020/3/4 25,917.41 -785.91
2020/3/5 27,090.86 +1,173.45
2020/3/6 26,121.28 -969.58
2020/3/7 25,864.78 -256.50

増幅する不安と安心

2020/3/10 23,851.02 -2,013.76
2020/3/11 25,018.16 +1,167.14
2020/3/12 23,553.22 -1,464.94
2020/3/13 21,200.62 -2,352.60
2020/3/14 23,185.62 +1,985.00

 

 

まとめ 

繰り返しますが、未知のことについて、人間は正しく答えを出すことに戸惑いをおぼえるので、より感情的になってしまいます。それが株式市場において体現されたと解釈しています。

しかし、新型コロナウィルスの事象も一年後、五年後から見れば既知のこととなっています。新しいワクチンや特効薬も(これまでの事例から考えれば)存在しているでしょう。そうしたとき、感情的な判断や行動はエラーが多いと反省するはずです。しかし感情が増幅しているときはそれが行動に反映されがちです。

今は、そんな現象がより起きる場面だと認識できれば、個々人がもっと行動を抑制することができます。そして、できるだけ普段の平常時の行動を心がければ、「いらんこと」をしなくなります。その積み重ねが、いざ平常時に世界が戻った時に、個人の強みになっていると思います。まずは、感情的な報道や社会の現象に振り回されることなく、身の回りをじっくり観察し、慎重に振る舞っていきましょう。それが非常事態、かつ未知の状況の攻略法だと思います。