orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。



NEC「顔認証ソリューション for オフィス」がとても良いので欲しくなった

f:id:orangeitems:20190725165527j:plain

 

顔認証が日本を変える

NECが顔認証の分野で伸びていることは既報の通りですが、実際のソリューションをみてさらに興味を持ちました。

 

cloud.watch.impress.co.jp

 日本電気株式会社(NEC)は23日、顔認証AIエンジン「NeoFace」を利用した「顔認証ソリューション for オフィス」を強化すると発表した。同日より販売を開始する。

 「顔認証ソリューション for オフィス」は、NeoFaceを利用したさまざまな製品・サービスを利用し、オフィス向けに特化したソリューションとして提供するもの。その中で、複数の用途、および地点にまたがる顔認証システム間で顔情報の共通利用を可能にする「NeoFace 顔情報マネジメントサービス」を提供しているが、今回は新たにポータル管理画面を追加した。これにより、共有している顔情報や登録内容の一覧、顔認証システムごとの共有状況を管理画面上で確認できるようになったため、運用管理者の負担を軽減するという。

 

かなり導入費用もリーズナブルなので、これはいい!と思い、NECのページまで製品案内のページを拝見しにいきました。

 

jpn.nec.com

「顔認証ソリューション for オフィス」とは

「顔認証ソリューション for オフィス」は、オフィスにおける認証手段を顔認証で統一することで、オフィス内のセキュリティを担保しつつ、働き方の効率化や利便性の向上を図るソリューションです。

 

動画を用意しているし、個々の説明やソリューションもわかりやすい。

そのメリットをまとめます。

 

大きいメリット

最近のオフィスには入退室のためのIDカードが導入されていますよね。このIDカードは個人のカバンなどに入れて個人管理しなければいけないのですが、紛失の恐れがあります。紛失したらまず管理部門に届け出をして、そのカードを無効にし新しく発行し・・ということで、まず物理的に管理が大変です。またオフィスが全国にあったりするとまた、それぞれの事業所でIDカード管理が必要になります。

ゲートを抜けて自席に座り、パソコンを開くと今度は企業Active DirectoryのIDやパスワードを入力しなければいけません。企業によると思いますが定期的なパスワードの変更が必須です。個人も覚えて管理するのはまた大変です。忘れるリスクもあり管理側も大変。また、アカウントやパスワードが漏れ、かつ企業外からリモートアクセスできるようになっているとその重要度も跳ね上がります。

このようにオフィス内の認証にはさまざまな面倒くささがあり生産性を落とす一つの原因となっていますが、この顔認証が多くのことを解決してくれます。

顔自体はユニークなIDとして取り扱われます。必ず持ち歩くIDとして顔認証を利用することで個人に紛失しないIDを付与することができるようになります。これによりIDカードが不要になります。紛失もありませんし盗難もありません。管理面でもコスト面でもIDカードより大変優秀です。

しかも、顔認証を読み取る装置は普通のカメラです。IDカードの磁気読み取り装置も不要ですし、指紋認証や静脈認証のように特殊な機械も不要です。これで導入費用が大変安くなります。スマートフォンでの顔登録すらサポートしています。

顔認証はパスワードすら不要です。顔は個人を証明してくれますから、顔を提示するだけでよいのです。

顔認証自体の情報(キー)は電子的な情報です。したがってこれを保管する顔認証データベースはその認証を利用するロケーションに存在する必要がありません。したがってクラウド上にデータベースを利用し、異なるロケーションからアクセスすれば全国、いや、世界で同じ認証情報を利用できます。

クラウドの顔認証管理サーバーではAPIを用意しています。このAPIを利用していろんな認証、例えばビル・機密エリアへの入退室、会社PCへのログイン、そして企業内の自動販売機や食堂の決済等にも使えます。シングルサインオンです。企業内で活動する人の顔情報をデータベースに一度登録すればID化され、いろんなシステムで認証を統一化できるのです。その読み取りにはパソコンであればソフトウェアをインストールするだけで実現できますし、物理的なゲートには安価な端末をセットすればよいのです。

 

安い

上記NECのランディングページからいろいろとソリューションを見ているんですが、リストプライス(定価)でも随分安いんですよね。これだけ安ければ今の認証システムのリプレースで対応できるでしょう。

導入事例もかなりあります。

そのうち、かなりのオフィスにNECの顔認証が入っていくのではないかな・・・と感じています。

ちょっと怖いことを言いますが、何とかペイなども、顔認証の情報とリンクさせればスマホすらいらないんですよね。キャッシュレスの最終形というか・・。

そこまで一足飛びに進化しなくとも、とりあえずオフィスには顔認証がどんどん導入されていき強固なセキュリティーを実装してほしいです。オフィスが安心して働ける場所であり続けるために。