orangeitems’s diary

クラウドで働くエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

Windows 10 May 2019 Update(5月予定)より、ストレージは32GB以上必須

f:id:orangeitems:20190426225415j:plain

 

ストレージの要件が厳しくなる次のバージョン

ゴールデンウィーク中は多分、IT業界でもアプリケーション開発系や、メディアの方は更新が止まるので、アメリカメディアを中心に見ていかないと浦島太郎になりそうです。

 

さて、Windows 10の話。半年に一度のメジャーアップデートが2019年5月に予定されています。こちらに動きがあった模様です。

 

www.zdnet.com

Microsoft has raised the minimum storage requirement for Windows 10 version 1903 to 32GB for both 32-bit and 64-bit Windows.

 

次のWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)では、32GB以上のストレージがあることが必須になる、ということです。

 

エビデンス

マイクロソフトのページから、上記情報が確定していることがわかります。

 

f:id:orangeitems:20190426223359p:plain

間違いないですね。

Windows 7から無償アップデートした古いPCの中には当てはまるものもありそうです。以前は32bitで16GB、64bitで20GBが必須でした。

たまに、eMMCストレージで32GBのものをよく見かけたのですが、これは「32GB or greater」にぎりぎり当てはまっているようです。

https://ascii.jp/elem/000/001/825/1825556/

 

これまでのパターン

eMMC 32GBのストレージにがんばってWindows Update(大型アップデート含む)を適用した方の情報です。

 

btopc.jp

Windows 10アップデートでの容量不足問題。

ここ数年でパソコンでもデータ保管容量32GB標準が珍しく無くなっており、激安ノートや超小型PCであるあるな仕様。容量が不足しWindowsアップデート出来ないというWindows PC初心者の皆様のために解説。

私の超小型PCも32GBなので実際に容量不足してみた。

 

ぎりぎり32GBでセーフだったとしても、上記シナリオの通りだと思いますので、非常に茨の道になるのではと思います。

 

小話

開発者向けリリースでは、いつものように問題が発見されているとか。

 

forest.watch.impress.co.jp

米Microsoftは4月24日(現地時間)、外付けUSBデバイスまたはSDメモリカードを接続したWindows 10環境で、「Windows 10 May 2019 Update(バージョン 1903、19H1)」へのアップグレードが行えない不具合が発生していることを明らかにした。「May 2019 Update」は現在、“Windows Insider Program”の“Release Preview”リングでテスト配信されている。

 

さすがにPreview版を入れるつもりはないですが・・、リリースされたらすぐに入れて、不具合探しするんだろうなあ・・と思います。もの好きなので。