orangeitems’s diary

クラウドで働くインフラエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

黒スーツ一色の入学式、同調圧力、ロックンロール

f:id:orangeitems:20190412124940j:plain

 

同調圧力と氷河期世代

子どもを通じて、今の若い世代に強い同調圧力がかかっていると知っていたのですが、もはや時代はここまで来ていたのかという写真です。

 

www.asahi.com

4月から新年度。大学の入学式では、慣れないスーツに身を包んだ新入生が顔をほころばせる。ただなぜか、スーツは「黒一色」だ。

 

私はいわゆる団塊ジュニア世代(後ろの方だけど)で、最近は就職氷河期世代とも言われています。なんだか同級生が他の世代と比べて多くて、競争がすごく激しかった。受験戦争という言葉は私たちの世代にぴったりで、まあ受験で人生が決まると言わんばかり。そしていざ就職となったら、バブル崩壊後でものすごく狭き門。ずうっと競争してたんです。

で、競争してた裏返しとして、同調圧力なんか知るか、人生ロックンロールだ、と言わんばかりに金髪で入学式に来た同級生とか、思いっきりカジュアルだとかいましたよ。何というか、同調してたら競争に勝てないんですよ。異質でないと目立たない。埋没。就職時には「新しい生き方!派遣!」みたいな広告が舞い踊って、異質好きな人たちが(就職難ということも災いして)大量にそっちに行った挙句、今や氷河期世代の救済みたいな話題となっている状況です。私はもっとひねくれてたので当時ニッチだったIT業界に就職しましたが。

今の人たちは、「なんで新卒で好き好んで派遣に??」と思うかもしれませんが、それはもう、雇い止めだの格差だの答え合わせが済んでいるから言えることです。当時は、派遣会社のCMが、今の消費者金融やソシャゲのCM並みに流れていたことを思い出します。

さて、今の世は、あの時と違って、悪目立ちしなければそこそこの進路を選べる状況です。45歳以上のおっさんをリストラして新卒入れようぜって会社がたくさん。いや給与も上げようと、新卒給与を増額する会社まで現れています。少子化で人数が減ったというのもありますが、それもこれも氷河期世代がつまづいて子供をたくさん産まなかったかららしいです。まあ、ブラック企業で超薄給で、政府が対応したけど時すでに遅しで子どもを作るタイミングを逃したり、そもそも結婚できる経済状態になかったり。

その結果、今の若い世代は、マイナスさえなければ大丈夫という思考になっているんでしょうし、親世代もそれを見越して、子どもに黒のスーツをプレゼントしているんだ、多分。

 

勝っている人は同調しない人・・・だけど

一方で、私たちの世代で勝っている人は変人ばかりです。

私たちの上の世代は、何だか判断基準が面白くて、「変人」を好みました。人と同じでどうすると。偉い人は変な人ばかり。本当に。

そして、今ビジネスの世界で流行しているのはイノベーションです。人と違うことをするからイノベーションがあるのであって、同調圧力なんて、排除。あと、多様性。ダイバーシティー。ビジネスはそんなふうになっているのに、なんだろうこの入学式の大量黒スーツは。

・・ってことは、私たち世代からすると、勝つのは簡単。人と違うことをすればいいんだよ、って彼らに言うじゃないですか、いろんな人は。

でもね、それは現場がわかっていない老害発言なんですよ。

彼ら、LINEやインスタで、抽象的につながってる。そして同調できないと見るや、ぶち切られる。いや、我々の時代にもありましたよ。「無視」といういじめ。あれはつらいですよね。ただあの時は、大人に見えやすかったのですが今は違う。表面上は仲良くしていて教師からは普通に見えてて、実は裏でLINEグループをはじかれていたりする。仲良く会話しているのに、LINEではめちゃくちゃ悪口を言ってる。そんな社会形成を高校生までに経験しているんです。

スマホ禁止、なんていっても家では使いますから、無意味。むしろスマホ持っていない人は仲間にすら入れない。

だから、入学式時点で、そんな同調圧力と戦ってきた彼らが、黒スーツ一色なのを誰もとがめることができないと思います。

 

大学、就職、ロックンロール

学校は、狭い建物に長い間、同じメンバーが入れられるからしようがないけど、社会に出たら同調圧力なんて笑い飛ばせます。もし企業に入ってそれがあるとしたら、その会社は伸びません。前に書いた通りイノベーションの時代。AIやRPAは、「当たり前」「繰り返し」を否定します。同じことの繰り返し、過去と同じことなら、機械がやってくれる時代が来ています。

私は競争世代でしたから、LINEグループなど無用。人のことなど信用しちゃいない。政府も会社も利用しているだけ。そんな思想じゃないと生き残れなかった就職氷河期世代が思うことは、ぜひ大学に入ったら、会社に入ったら、ロックンロール、シェケナベイベーってことです。どんどん違ってやろうぜ。人と同じじゃつまらない。同調しなくたって、仲間はいますよ。少ないかもしれないけれど。