orangeitems’s diary

クラウドで働くエンジニアの日々の感想です(ほぼ毎日更新)。

慰安婦問題→徴用工問題→レーダー照射問題、雑すぎる日韓外交まとめ&感想

f:id:orangeitems:20190103012545j:plain

 

韓国艦レーダー照射の件

現在進行中の案件ですが・・、日韓で今やりあってますよね。レーダー照射の件です。

状況をまとめてみました。

 

経緯

2018/12/21 : 日本・防衛相

www.tokyo-np.co.jp

岩屋毅防衛相は二十一日夜、記者会見し、韓国海軍の駆逐艦が二十日午後三時ごろ、石川県能登半島沖で海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したと発表した。「不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」と述べ、外交ルートを通じて韓国に抗議したことを明らかにした。日韓関係がさらに悪化する可能性がある。

 

2018/12/23:韓国・海軍、国防省

www.tokyo-np.co.jp

韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について、韓国海軍側は、遭難した北朝鮮漁船の捜索のためにレーダーを操作していたところ、哨戒機がレーダー照射範囲に「偶然」入ったと説明している。海軍関係者の話として韓国メディアが報じた。

 漂流中の北朝鮮の漁船が救助信号を発信し、韓国海軍などが出動していたという。韓国国防省は「哨戒機を追跡する目的でレーダーを運用させた事実はない」としている。

 韓国統一省は二十二日、日本海上で二十日に救助した北朝鮮の船に乗っていた三人と一人の遺体を、南北軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)を通じて北朝鮮側に引き渡したと発表した。

 

2018/12/24:韓国・国防省

www.tokyo-np.co.jp

韓国国防省の副報道官は二十四日の定例記者会見で「追跡レーダーは稼働させていない」と火器管制レーダーの使用を否定。「日本側が脅威を感じる措置もなかった」と、日本の主張と異なる見解を示した。

 会見に同席した韓国軍合同参謀本部関係者は、P1哨戒機が当時、遭難した北朝鮮の船を捜索していた駆逐艦の上空に近づいたため、追跡レーダーに付属する光学カメラで哨戒機を監視。カメラが作動するとレーダーのアンテナが動くが、「電波放射はなかった」と述べた。駆逐艦は当時、探索のため別のレーダーを稼働させていたという。

 日本側が無線で問い合わせたが応答しなかったことについては、「通信感度が微弱で雑音がひどかった」とし、聞こえた単語から近くの韓国海洋警察艦を呼び出したと認識したという。

 

2018/12/25:日本・防衛省

www.tokyo-np.co.jp

 防衛省は二十五日午前、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題を巡り「周波数帯域や電波強度を解析した結果、火器管制レーダー特有の電波を、一定時間継続して複数回照射された」との見解を発表した。

 韓国国防省の副報道官が二十四日に、火器管制レーダーの使用を否定したことへの反論。

 

2018/12/28:日本・防衛省

www.tokyo-np.co.jp

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとして、防衛省は28日、哨戒機が駆逐艦を撮影した動画をホームページで公開した。一定時間、複数回照射されたとみられる場面や、駆逐艦に繰り返し意図を尋ねても応答がない内容を含む。防衛省には、照射を否定する韓国側の主張を退け、自衛隊の対応の正当性を周知する狙いがある。哨戒機の警戒監視中の動画を公開するのは極めて異例。

 

www.huffingtonpost.jp

韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦が12月20日、海上自衛隊のP-1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとする件について防衛省は28日、P-1哨戒機から撮影した映像をYouTubeで公開した。

 

2018/1/2:韓国・国防省

www.tokyo-np.co.jp

韓国国防省は2日、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題で、日本側が一方的な主張を繰り返しているとして照射を否定し、遺憾の意を示すと同時に、救助活動中の駆逐艦に対して海自機が「威嚇的な低空飛行をした」として謝罪を求める声明を発表した。

 声明は「日本はこれ以上、事実をゆがめる行為を中断すべきだ」とする一方で、引き続き防衛当局間の実務協議で話し合うべきだとの見解も示した。

 また「1日のテレビ朝日のインタビューに高位当局者まで出てきて一方的主張を続けたことに強い遺憾の意を示す」とも指摘した。

 

2018/1/2:日本・佐藤外務副大臣・山田宏防衛政務官

www.iza.ne.jp

佐藤正久外務副大臣は2日、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で韓国国防省が「威嚇的な低空飛行」をしたとして謝罪を求める声明を発表したことに対し、自身のツイッターで「危険行為ではない」と反論した。理由として、哨戒機が韓国駆逐艦から水平に約500メートル離隔し、高度も150メートルを維持していたため航空法などに合致していたと強調した。

 

www.iza.ne.jp

佐藤正久外務副大臣は2日、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で韓国国防省が「威嚇的な低空飛行」をしたとして謝罪を求める声明を発表したことに対し、自身のツイッターで「危険行為ではない」と反論した。理由として、哨戒機が韓国駆逐艦から水平に約500メートル離隔し、高度も150メートルを維持していたため航空法などに合致していたと強調した。

 

ここまでが現在の進捗です。

 

感想

これは個人的な感想です。

韓国が日本に対して、雑な外交をしているというのは近年論じられていました。

 

www.nikkei.com

 

ironna.jp

 

www.newsweekjapan.jp

 

慰安婦の件にしろ、徴用工の件にしろ、今回の件にしろ今まで日韓関係の間で何となく構築されてきた信頼関係のようなものがあっさり覆されていきます。

隣人としてそりゃないだろ、ということで、今回のレーダー照射の件の対応方法によって、韓国側にメッセージを送っているのだと思います。

国と国とのもめ事なのに、一方的にYouTubeで発表したり、ツイッターやホームページで反論したり、というのは外交的な方法としては、大変「雑」だと思います。

例えば、知人と言い争いになった時に、YouTubeで証拠の動画を公開したり、ツイッターで非難するようなものです。

本件のニュース記事の中にもありますが、韓国は、「防衛当局間の実務協議で話し合うべきだ」と言っていて、まともな外交ルート上で話ができないから、建前論しか言えないんだよと読もうと思えば読めます。

今回のレーダー照射のことより、突然動画やツイッターで世界に向けて非難するとかありえないでしょ=遺憾、と言っているように思えるのです。

「ま、確かに」とも思えるのですが、日本からすると、慰安婦の件や徴用工の件で、先に日本を雑に扱ってきたのは韓国側でしょ、と言わんばかりです。

最新の産経新聞の記事で、「佐藤正久外務副大臣がツイッターで反論」という辺りを見ても、なんとも「雑」の演出が徹底しているなあと思います。

この件、どうなるかわかりませんが、レーダー照射自体が問題ではなく、日韓関係自体が修復に向かうのかそれとも絶縁に向かうのかのつばぜり合いが熾烈になっていると読めます。

今度は韓国側の反論の番なのですが、次はどのような手段を持って雑に対応してくるのか、それとも方略を変えるのか関心を持って見守ります。

いずれにしても、どこかで平和な方向に進んでほしいと切に願います。