orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

編集者の終わりの始まり?Kindleインディーズマンガ

f:id:orangeitems:20180705193100p:plain

 

Kindleインディーズマンガが開始

Amazonがやることは徹底してますね。

 

www.itmedia.co.jp

Amazon.co.jpは7月5日、アマチュアの漫画家が「Kindleストア」で作品を無料公開できるサービス「Kindleインディーズマンガ」の提供を始めた。総額2000万円の「インディーズ無料マンガ基金」も創設し、人気作家には基金から分配金を支払う。

 

漫画家になるのに編集者がいらなくなる

もうサービスは今日から始まっています。

 

Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング

アカウント作成は簡単
お使いの Amazon アカウントでサインイン

権利は保持、独占権の付与は不要
独占権の付与は不要なので、すでにAmazonのサービス以外のサービスで公開中の作品でも公開可能

自由に出版
オリジナル作品なら、どのマンガジャンルでも、1ページからでも

分配金を受け取るチャンス
総額2,000万円のインディーズ無料マンガ基金

作品の人気度に応じて、毎月の分配金を受け取るチャンスを得よう。2018 年 12 月 31 日までに支払われる予定の分配金は、総額 2,000 万円。まずは最初の約 1 か月 (7 月 5 日 ~ 7 月 31 日) で上位 20 名の出版者に、それぞれ 10 万円が支払われる予定です。

 

これって、Amazonのインフラを無料で使って有名になって、そこからスライドしてKindleで自費出版するところまで道が引かれているわけですよね。

編集者いらないじゃないですか。

編集者が気に入らないと週刊誌に載らない、それまで持ち込み持ち込みのタダ働きっていう例の文化をスキップできるということでしょうか。

 

もう始まっている

以下のリンクで、もう0円でたくさん並んでますね。

Kindleインディーズマンガ(電子書籍)

どれ選んでも0円という。

初期のニコニコ動画もそうだったんですが、こういう基盤からプロが育っていくんですよね・・。

このルートにどんどん才能のある人が吸い込まれていったら、出版社の編集者たちはどうなるんでしょうね。

Amazon的にも、仕入れは0円だし、ユーザーはKindleで本を読む習慣ができるし、かなあり考えられたサービスだと思います。またAmazonも有名になった後Kindleで人気漫画を独占販売できますしね。そして、漫画家も出版社を通すより収入を得られると・・。

とりあえず使ってみます。

他の出版社も合同で電子書籍インフラ持たないとダメだって思い続けているのですが。どんどんAmazonが先に行くなあ。

 

 

電子書籍を無名でも100万部売る方法