orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

仮想通貨・ブロックチェーン企業合同企業説明会と株式会社withB

 

f:id:orangeitems:20180303002741j:plain

仮想通貨・ブロックチェーン企業合同企業説明会

仮想通貨ウォッチをしていたら、何やら面白い記事を発見。

internet.watch.impress.co.jp

仮想通貨・ブロックチェーンという特定分野に特化した日本で初めての「仮想通貨・ブロックチェーン企業 合同企業説明会 in 東京」の第1回が、株式会社withBと株式会社グラコネの主催、一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)の後援で、2月24日に東京都千代田区で開催された。

 

・・・株式会社WithB(笑)

会社の名前で笑ってはいけないと思うんですが、ブルゾンちえみもビックリではないでしょうか。

ホームページもしっかりありました。

withB | 仮想通貨・ブロックチェーン業界専門の求人情報サービス

 

主催のwithBは、2018年1月24日に設立された仮想通貨・ブロックチェーン業界向けの求人情報サービスやイベントを行う企業である。設立した藤本真衣氏は、すでに株式会社グラコネという企業を立ち上げていて、「つながるをつくる」というコンセプトの下、ビジネスマッチング事業を手掛けてきた。

 

コインチェック事件が1月26日だから、二日前に設立とはまたすごいタイミング。むしろ、藤本真衣氏がどんな人なのか気になりました。

できたてほやほやの会社でWantedlyで自社のコアパートナーを募集しているようです。

www.wantedly.com

スポンサーリンク

 

藤本真衣代表取締役のインタビュー記事

どんな方なのかなー、若いなー、女性ですごい行動力だなー、と思って調べたら、インタビュー記事がありました。

bb-relife.jp

株式会社グラコネ代表取締役 / 藤本真衣
株式会社グラコネCEO

Zaif PR

いいね!JAPAN Realizer

大学在学中にアルバイトから始めた仕事に夢中になり大学中退。 19歳よりフリーランスとして活動を始めグループ会社で営業成績No.1の結果を残す。

その後、芸能活動を再開。CM出演、舞台出演を経験。2011年芸能活動を休止。

会員50万人の子もの向けWEBコンテンツ“キッズ時計”の立ち上げや、24万人の”いいね!”を持つ”いいね!JAPAN”のコンテンツプロデュースで活躍。2014年1月に株式会社グラコネを設立。

イベントプロデュースやマッチングビジネスを中心に活躍。 暗号通貨Bitcoinを初心者向けに”わかりやすく伝える”ポジションとして、Miss Bitcoin Japanと呼ばれている

すごいパワーワードが並んでますねえ。 特に・・・Zaif PR?。あのZaifですよねえ。いろいろと探ってみると、どうやら今はZaifを離職されたようですが、2015年3月から広報担当だったようです。

インタビューの内容を読みましたが、なんとなくビジネスっぽくなくて、私の頭の中では整理できませんでした。どう仕事になっていくのか・・。ただ仮想通貨の話が最後に出てきて、そこからZaifとのつながりがあり、今につながっているのでしょうね。

 

 

こちらは2014年ごろのムービー。お若い。

www.youtube.com

 

で、この株式会社グラコネですが・・。

- 株式会社グラコネ[Gracone]

・広告代理業
・広告の企画及び制作業
・PR業
・セールスプロモーション業
・各種映像・動画(TV・ドラマ・映画・CM等)の
企画及び制作業
・タレントの育成及びマネージメント業
・各種イベントの企画及び運営
・通信販売業

ベンチャー独特ですが、どうやってマネタイズしているのかよくわかりません。今注力しているのはWithBの方なんだろうなあと思ったり。

 

藤本さんは本まで出していらっしゃいます。

 人生を変える「繋がりの法則」-人脈から一歩その先へ

うーむ、すごい行動力だ。

 

調べれば調べるほどですね・・、すごい派手な人脈が。

www.facebook.com

とか・・。

 

どうもZaifの広報を手がかりに、仮想通貨かいわいで人脈を作り、もともとの営業スキルを活かし、この仮想通貨業界の企業合同説明会を仕切れるほどのパワーを若くして持たれたようですね。

 

特に、20〜30代前半のエンジニアは、この社会の仕組みに対して閉塞感を持たれている人も多いと思います。昔はもっとひどかったですが今もそんなに良くはなってないです。50〜70代の権力が強すぎる社会です。40代になってやっとまともな仕事ができるようになったぐらいですから。30代までは兵隊だったなあ。

この世代が、社会を良い意味でひっくり返してやろうと、仮想通貨関連で集まってくるのはすごく共感できます。20年前のインターネットのスタートアップのときもそんな雰囲気でしたよ。

もちろん、リスクはつきものだし昔のIT業界だって、知らない人からは「そんな流行りの仕事で大丈夫?」という感じもありました。もはや社会においてはIT無しでは経営が語れないぐらいになりましたので、リスクがあろうとなかろうと、取り組むべきものはあると思います。仮想通貨やブロックチェーンが20年後、社会の重要な技術となるためには、これを支える若い人が一生懸命考えて、立派な業界にしていく必要があろうと思います。あまりにゴタゴタしていると、50代以上の権力者が潰しにきますよ。以前のITバブルの時もそうだったから。

 

internet.watch.impress.co.jp

こういう、大人っぽいことをちゃんと進めて、社会に受け入れられるようになると、世の中がもっと良くなると思います。若さゆえのイケイケ、では許されないですからね、ビジネスは。

 

面白いニュースでした。いまだに株式会社WithBがおかしくて思い出し笑いしそうですが・・。