orangeitems’s diary

クラウド専任の40代インフラエンジニアが書くブログ。新規事業マネージャー。20世紀末の就職氷河期スタート時にIT業界に文系未経験で入りこみそのまま生き残った人。1日2記事投稿しています(0:00、12:00)。

脱マイクロマネジメントは、ストレスとの戦いだ

最近挑戦してることがあって、今までマイクロマネジメント気味だった管理手法をあきらめて、部下にまるっと仕事を任せることにした。 マネジメントスキルの中でも、「何か口出ししたいけどあえて黙って見守る」ってのは高度な位置にあると思う。使い所間違え…

専門領域を勉強することに飽きた後の考え方

社会人も長く長くやってると、ああ、もうこの分野については概ね把握したかな、という感覚を感じることがある。二十代のころは何を勉強しても仕事にすぐに役に立つ感じだった。だからこそ俊敏に勉強したし、吸収もした。しかし、年齢を重ねていくと、そんな…

アップデートすべきは、ごんぎつねと教師の常識のほうじゃないかという話

「ごんぎつね」ってご存じですか? bunshun.jp 兵十が葬儀の準備をするシーンに「大きななべのなかで、なにかがぐずぐずにえていました」という一文があるのですが、教師が「鍋で何を煮ているのか」と生徒たちに尋ねたんです。すると各グループで話し合った…

大学を卒業する意味を今さら知る

昨日の教養の記事で気づかされたが、教養を身に着ける必要性に対して、大学を卒業することの意味が透けて見えた。 大学を卒業するためには、確実に専門科目を取得し卒業をする必要がある。どんな専門科目かは幅広いが、とにかく最後は専門性に行きつく。 ど…

教養を得るにはどうすればいいか

何度か、問いかけられたことがある。教養が欲しい、と。 私は教養を得ようと思ったことがこれまでないので、そもそも教養とは何ぞや、というところから始まってしまった。 www.yokohama-cu.ac.jp とにかく、いずれにしても、何らかの形での問題解決能力を教…

日本人が頑張らない理由

経産省のレポートで、一部ざわついているようです。 経産省が危機感を抱いてるのがわかる。なんだこの絶望的なレポートは。悔しい。負けてたまるか。・企業は人に投資せず、個人も学ばない・日本の人材の競争力は下がっている。・東証一部上場企業の合計時価…

人はなぜ教えるのか

人が、何か知識を第三者に教えているのを見ながら、なんでそんな貴重な情報を、無償で誰かに伝えるのかな、って思うことがある。その知識、人に伝えちゃったら知識だけ奪われちゃうんじゃないのって。 でもよく聞いてると、ほぼほぼ核心の部分は触れない。私…

教わってるばかりの人に腹が立つか?

自分が苦労して勉強して身に着けた知識を、簡単に教えてくれと言ってくる人に腹が立つかどうか。いや、立たないな。むしろ教えてほしいって言ってくるだけ優秀。最近は誰も言ってこないよ。Googleで検索したほうが正確だって思ってるのかな。まあそれで分か…

若手教育の対応方針はもう決まっている

昔はさ、未経験者を見ると、手取り足取り教えてあげて、一人前の技術者にしてあげようと思ったさ。 ところがこの方法、手を取って、足を取らなければいけないので、教える側のコストが半端ない。そのくせ、教えることそのものは自分が既に知っていることなの…

技術的調査ができない人にマジレスしても無駄という事実

なんだか真面目だな、という感想です。 私は、この手のアドバイスを他人に何度もしたことがあるのですが、身につけることができた人は・・いないと言っていいのかも。 qiita.com ここのところちょっと時間に余裕があり、暇を見つけてはQiitaの質問に答えると…

インフラエンジニアを目指す人におすすめしたい学習方法

インフラエンジニアを独力で目指すならってことでお勧めの勉強法を書いていきます。何度聞かれてもこう答えると思います。 基本情報処理試験 いきなりハードルが高いのかもしれないけど、一番基礎が詰まっていると思われる資格。ただこの資格を取ったからと…

一人前の技術者になりたいあなたへ

私も、大学の専攻とは全く関係ないのにIT業界に入ったので、若い人達で技術力向上に悩んでいる人の気持ちはよくわかる。 私はその人たちの25年後にいて、そして私は25年間ITのことをずっとやってきた。だから全然負ける気はしないし、仮に彼らが成長しても私…

今のことが忙しくて新しいことができない、と思ったら危険な兆候だ

新しいことをやりたい、と思ったらインプットが大切だ。 ブログを書いていると思うのが、書くことばかりを繰り返しているとネタが無くなってカスカスになるということ。 で、インプットをするのは何でもいい。ツイッターのタイムラインを読んだり、ゲームを…

「常にスキルを最新に」から始まる大間違い

「スキルを最新にしないと陳腐化する」って記事、よくあるじゃないですか。 japan.zdnet.com Jones氏は、技術の進化が速く、1つのプラットフォームやソリューションにすべてを賭けるのは難しいため、スキルの習得に関しては「スキルを常に更新し続ける(ever…

自分自身が何を知っているか、を知ることは案外難しい

あなたは何を知っていますか、と言われすぐに答えることができるだろうか。 できる、というならば、説明が終わるのにどれくらいかかるだろうか。5分?、10分?。いや1時間?。 私が初めてその問題の存在を認識したのは、転職の際。面接の中で職務経歴書や履…

仕事で自分を追い込むスタイル

限度はあると思うけど、仕事で追い込まれるのが一番、勉強になる。 もう一番ダメなのは本を開いて何かおぼえようとすることで、短期記憶ベースの頭が働くせいで、おぼえてもスルっと忘れちゃう。多分、極論言えば生命が脅かされるようなときほど長期記憶にア…

人の指導は手順書でやろう、「人の教育 as Code」かもしれない

最近思ったんだけど、指導する部下がいるとして、この部下に口頭で指導するとするじゃないですか。そうすると、この部下がすごくよくできる子でぐんぐん育ったとしてね。やったー、有能だーと思ったら転職していくじゃないですかきっと。知らんけど。 そう考…

プレイングマネージャー論

IT業界は、20代で会社に入った後に1年、3年、そして10年の壁があるように思う。 1年経過までにまず業界の文化に慣れられるかどうか。合わないと思って業界から去る人はかなりいる。これはこれで得策のように思う。合わないという感覚を持ちながら過ご…

試行錯誤を楽しめないのではなく、試行錯誤をする時間が与えられていないだけだ

ちょっと思ったこと。 anond.hatelabo.jp 増えてない? いま、多くの人がやってることって、ググれば大抵のことはヒットする ゲームの攻略法、カードゲームのデッキの組み方、儲かる転売商材、もう何でも でもさー、本当は考えてそこに到達するのが楽しいん…

「こういう仕事があるとして、どうやって採用するのか」という話

引用:今月の額面広告に掲載されている問題はこれだ!(日能研より) 今日、外出の帰宅途中に電車に乗っていて、目を引いた広告が冒頭の写真です。これは本当の中学入試で小学6年生に質問された問題らしい。 飛鳥時代から奈良時代にかけて中国の進んだ政治…

人材教育の基本は、徹底指導じゃない、放置なんだわ、今気づいた

人を育てるって難しいですよね。 自分が育てられるという経験が無く、むしろ放置されていたけれども良い環境にたまたまいたため、自力で育つことができた、というのが私の前提です。 だから人を育てる、固い言い方をすれば、後進を作るってすげえ難しい。だ…

ブラインドタッチを身に着けている人の割合は?

初めてキーボードに出会ったのは小学二年生のときです。なぜか親がパソコンを買ってきました。なんで買って来たのかは、未だによくわかりません。シャープのMZ-700というもはや骨董品の領域ですが、とにかくこれが目の前にポン、と。 でパソコンが与えられま…

社員に教育コストを投下しない会社に未来はない

個人の勉強は誰がコストを負担するべきか 年末年始のお休み期間は、自分自身のありようについていろいろと考える人は多いようです。普段忙しい時には棚上げしていたことを考える時間が急に与えられるわけですから。いろんな決断をされた方もいらっしゃるでし…

IT業界の「数学やったほうがいい圧」はどこからきているのか

今、IT業界で技術者を名乗るなら、数学できるべき説が流行しているらしいですね。 なんで、IT業界人の「数学できたほうがいい」がこんなに盛り上がるかというと、できない人のほうが多いからだと思うよ。ちなみに私もできませーん。 — orangeitems (@orangei…

勉強をする人の心理 勉強をしない人の心理

私は「よく勉強してるね」と言われることは多いのですが、実際は勉強なんてしてないと思ってます。一番効率がいいのは、メディアニュースの「タイトル」を流し読みすることです。だいたいタイトルを見れば情報のうちの6割は捕捉できます。もちろん後の4割…

イチローさんの気持ちがよくわかる

メジャーリーグで上り詰めた野球選手が、日本の、しかも女子の高校生と野球をすることに何の意味があるのかと思う人はいると思いますが、私はイチローさんの気持ちがよくわかるのです。 www.yomiuri.co.jp 大リーグ・マリナーズなどで活躍したイチローさんが…

社員の教育訓練計画書なんてやめちまえと思うもっともな理由

最近、転職や教育、待遇などの話をよくするようになったことと、自分自身にも転機が訪れたりと、なかなか身の回りが騒がしいのですが、今日もそんな話です。 年収を上げるなら転職すればいい、とは気軽に言いますが、それなら毎年会社がやっている「キャリア…

日本のIT業界が詰んでいる理由

IT業界も長いですが、実感したことがあったので語ります。 なんかわかってきたんだけど、社員の教育には一切お金をかけないために社員が能力不足。一方でお金を採用活動に使い中途採用で他社の能力を買おうとする。こんなことばかりやってるから、採用もうま…

リスキリングの幻想 そのスキル、本当に役に立つ?

特にRPAが流行したときですが、〇〇万時間削減!みたいな見出しが躍りましたよね。おおそりゃすごいとのことで、RPAベンダーのプロモーションもあり日本から何千万時間が削減されたはずですが、その時間たちは今どこで過ごしているのでしょうか。 もし文字通…

四十代が思う新人育成のポイント

もう社会人を二十年以上やっているので、たくさんの部下指導を行ったのだが、だんだん結論めいたものが見えて来たのでまとめておきたい。 怒らないこと 自分のことを録画して見ることは誰もやらないので、実は自分自身のことを客観視できていない人は多い、…