orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

はれのひ株式会社夜逃げ騒動

f:id:orangeitems:20180108140318j:plain

状況

成人式のための振り袖販売・レンタル・着付けを行う「はれのひ株式会社」と急に、成人の日の当日連絡が取れなくなったという状況で混乱が広がっている。

成人式にしか売り上げがないという妙な企業で、どのように成長したのか全く不明なので調査した。

こちらに続報を記載しています。

どんな会社?

会社名

はれのひ株式会社

http://harenohi-ir.co

※おそらく近日中に閉まると思います。連絡が取れないのですから。

※(2018/1/8 18:55追記) 今日夕方ごろ閉鎖されたようです。

f:id:orangeitems:20180108142229p:plain

本部所在地

〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲートビル7F

代表者

代表取締役 篠崎 洋一郎

設立

2011年3月 ※創業 2008年

資本金

1000万円

従業員数

49名

売上高

3億8000万円(2015年9月期実績)

2億8000万円(2014年9月期実績)

1億1000万円(2013年9月期実績)

8500万円(2012年9月期実績)

事業内容

振袖レンタル&フォト『はれのひ』の運営

事業所

横浜みなとみらい店/横浜市中区桜木町1-1-7 Colette・Mareみなとみらい5F

福岡天神店/福岡県福岡市中央区大名1-14-45 Qiz TENJIN 3F

八王子店/東京都八王子市子安町4-7-1 サザンスカイタワー2F

つくば店/茨城県つくば市吾妻1-6-1 つくばクレオスクエアキュート2F

沿革

2011年3月 シーン・コンサルティング株式会社を設立。 全国の振袖レンタル・販売店、フォトスタジオのコンサルティングを手掛ける。

2012年7月 初の直営店である横浜店をオープン

2014年8月 横須賀店オープン

2015年5月 福岡天神店オープ

2015年11月 八王子店オープン

2016年2月 社名を、はれのひ株式会社に変更。

2016年4月 横浜店がColette・Mareみなとみらいに移転。店名も横浜みなとみらい店に変更。

2016年6月 つくば店オープン 2016年11月 柏店オープン

理念・ミッション・社長挨拶

理念

『女性の美に貢献する。』

ミッション

女性がいきいき活躍をする会社をつくる。

社長挨拶

公式サイト(http://harenohi-ir.co/company/index.html)より転載。

女性の美に貢献する高品質なサービスで、 世の中に新しい価値を。

はれのひ株式会社が提供するのは、女性の美に貢献できる事業・サービス。女性のライフスタイルにおける様々なシーンにおいて、新しい価値を提供する事業を展開していきます。

現在手掛けている事業は、振袖レンタル&フォトの専門店『はれのひ』。当社が2008年の創業時から行なってきた全国の振袖レンタル・販売店、フォトスタジオのコンサルティング事業で蓄積したノウハウをもとに始めました。『はれのひ』で提供しているのは、高品質・高価値なサービス。お客様にとって一生に一度の記念日である成人式を、最高の衣装と最高の晴れ着で思い出にしていただく、フォトサービスです。

2012年7月末に初の直営店を横浜にオープンして以来、多くのお客様から撮影のご依頼をいただき、業績は好調に推移しています。全社員が女性スタッフということもあり、女性目線になった“女性ならではのサービス”が当社の特長。多くのお客様のリピーターをつくり、クチコミとなって広がっています。2014年に横須賀店、2015年に福岡店、八王子店、2016年につくば店、柏店をオープンさせることができました。今後も続々と出店をしていく計画です。会社としては、数年後の上場も視野に入れて事業拡大を進めていきます。

 

ここ数年で、世の中の人々の価値観は変わり、以前に比べて益々「新しい価値」に飢えている時代になったと感じています。当社の企業理念にある『女性の美に貢献する』を実践するには、これまでになかった高付加価値を与えられるサービスが急務。当社の女性社員と意見を出し合い、皆で新規事業を創出していきます。女性が活躍する会社、それがはれのひです。

代表取締役 篠崎 洋一郎

分析

篠崎氏については、インターネット上では露出が少なくほとんど状況がわかりません。が、インターネットより顔写真まで特定されています(当ブログでは転載しません。)。

また、はれのひ株式会社についても、未上場でありバランスシートがわかりません。ただ、どうにも成人の日だけのサービスを手がけていたようで、あまりにもニッチすぎてどうして3億も売り上げられたのかわかりません。

年に1回しか売り上がらないので、他の月は原価を垂れ流すだけです。しかも結婚式に比べて単価が安いです。

2016年には上場をサポートできる財務担当者の人材募集を行なっていますから、何とも無理やり規模を大きくしようとして資金繰りに行き詰まった、もしくは給与未払いにつきスタッフが出勤しなくなった、などが考えられると思います。

 

続報を待ちます。

こちらに続報を記載しています。