orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

体を鍛える

今週のお題「2018年の抱負」

2018年の抱負

IT系の仕事をやっていると、体がなまる。

システム、とは結局は仕組みのことである。仕組み自体は目に見えるものではないので、頭の中の世界をコンピュータに具現化していく行動は、ほぼ体を動かさない。指を思いに合わせて動かしているだけ。1000年前の人が見ると、それはほぼ何もしていないのと同等だろう。

近い行動と言えば本を読むことか。ただ本を読むのはインプットでありアウトプットではない。仕事に使う時間すべてで本を読んでいたらそれは疲れるだろう。なまじアウトプットしているもんだから、体がほとんど活動していなくても気がつかない。

若いうちはよかったが、こんなことを二十年くらいやってきたので、あからさまに体力が落ちた。いわゆるアイドリング状態で二十年。成長するぜ!、と仕事はきっちりやってきたが、体はしっかり退化している。

成長した精神に退化する体。体の退化をほっとくと、精神が保持できなくなる。コップに水が入っているが、コップが痛むと水が漏れ出すようなものか。体はアイドリングであるので何もしないなら大丈夫、と思ったら大間違い。アイドリング、さえも、しんどくなってくる。

例えば、会社の大納会で1時間立って雑談する、これだけでも体がきついと行ってくる。ああ情けない。と言う状況だと精神も動揺する。

結論

というわけで、体を鍛えなければいけない。

毎日、腹筋、腕立て伏せ。そしてできるだけ階段を使うのと歩く量を増やす。

成長した精神が、自分の体のふがいなさに失望しているので、2018年、盛り返さねば。