orangeitems’s diary

クラウドではたらくエンジニアの日々の感想です。

Business on AWSってさ

インフラ構成図を見ると、AWSのサービスで埋め尽くされているシステムってたまに見る。

その会社にとって、そのサービスそのものがビジネスの源泉だったりして、意気揚々とAWS使いこなしてカックイーの世界なんだが、「もし、ある日、AWSがなくなったらどうするんだろう」と思うわけです。

オンプレだったら、物理的になくなるわけじゃないので、なんとかなると思うけど、AWS自体はソフトウェアの塊なわけで、しかも代わりがない。

急に経営者から、Azureにすぐ移してって言われたら、逃げるっしょ。

外国の一民間企業に、人生握られるってのは、どういう気持ちだろう。

国家ならね、自給率とか電気とかガスとか放送とか、インフラはせめて自分で把握できるようにしようとしているし、複数の選択肢があることで極端な寡占状態は避けようとしてる。

AWSに依存するってのは、本当に危ない。

インフラ基盤を使う人は、常に、置き換え可能かを自答してほしい。